導入・選定ガイド

基礎から学ぶ「MDM(モバイルデバイス管理)ツール」の選び方

文◎坪田弘樹(編集部) 2011.10.24

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

企業がスマートフォン/タブレットを活用するうえで、必須の管理ツールとなるのがMDM(Mobile Device Management)だ。今年に入って急速に充実してきたMDMの基本機能や仕組み、選択におけるポイントなどをレポートする。

MDMの仕組みを知る

次に、MDMの仕組みについて見ていこう。システム構成や、MDMサーバーと端末間の通信方式、対応するOSや機種などは、MDMを選ぶ際の重要なポイントにもなる。

MDMの基本構成は、管理者がMDMサーバーから指示・命令を送り、これを受けた端末がMDMサーバーとの間で通信してコマンドを実行するというものだ。管理者が出すコマンドは次のような方式で端末に届く。

(A)OSベンダーが提供するプッシュ型通信の仕組みiOSはApple Push Notification Service、AndroidはCloud to Device Messeaging(C2DM)を利用

(B)通信キャリアのSMSを使う

(C)端末内のエージェントソフトとMDMサーバー間で定期的に通信する(ポーリング)

(A)の例として、アイキューブドシステムズの「CLOMO MDM」の構成を図表1に示した。


図表1 「CLOMO MDM」によるデバイス操作の概念図
図表1 「CLOMO MDM」によるデバイス操作の概念図


また、(B)の方式は、通信キャリアが自社の端末に対して提供するサービス(NTTドコモの「スマートフォン遠隔制御サービス」、KDDIの「リモートデータ削除 for IS series」など)のほか、同キャリアにMDMをOEM提供しているインヴェンティットの「MobiConnect」や、富士通ビー・エス・シー(BSC)の「FENCE-Mobile RemoteManager」(図表2)なども採用している。


図表2 富士通BSC「FENCE-Mobile RemoteManager」のシステム構成
図表2 富士通BSC「FENCE-Mobile RemoteManager」のシステム構成


(A)(B)の方式はどちらも、管理者がコマンドを指示した時点ですぐに適用できる即時性が利点だ。これに対して、(C)は、(A)(B)の手段が使えないときの補助的な位置付けとなる。

モバイル端末は多様な状況で利用されるため、複数の通信方式に対応してコマンド実行の確実性を上げているMDMもある。AXSEEDの「SPPM for Android」だ。なお、NIerのスターネットも、このSPPMを使ったMDMサービス「STAR-MDM」を提供している。

図表3のように、指定した間隔で定期確認をするポーリング方式と、即時性が必要なコマンドはすぐに実行できるC2DMによるプッシュ方式、そして、C2DMが使えない場合の緊急措置として、電話着信をトリガーに即時にコマンドを実行するための電話着信ポーリングの3方式を用意。例えば、深夜などに端末紛失が発覚し、管理者がMDMの管理画面にアクセスできないような場合でも、電話をかければ即座にリモートロックなどが行える。


図表3 「SPPM for Android」「STAR-MDM」が備える3つの通信方式
図表3 「SPPM for Android」「STAR-MDM」が備える3つの通信方式



Android向けの鍵は対応機種
iOS端末については、アップルが提供している管理用APIを使ってコマンドを実行する。そのため、各ベンダーのMDMに大きな機能差はない。

一方、Androidの場合はまだOS標準の管理機能やAPIが十分でない。そのため、MDMサーバーと連携するクライアントソフト(エージェント)を端末にインストールして、これがコマンドを実行する。Androidも徐々に管理機能が充実していくはずだが、当面はこの方式が主流になるだろう。

MDMの機能やエージェントの開発はベンダーが独自に行うため、iOS向けに比べて、Android用MDMでは当然機能差が生じる。そこで留意すべきなのが対応機種だ。Android端末は、OSバージョンの異なる多様な端末が流布しているうえ、OSが同一でも、メーカーが独自機能の作り込みやカスタマイズを行っている。そのため、機種ごとにMDMの対応状況が変わってしまう。MDMの全機能が使える端末もあれば、一部の機能が未対応の端末、あるいはまったく対応していない端末があったりといった状況だ。

Android端末を利用するユーザーにとっては、今後も次々と登場する新機種に対して、どれだけ早く対応できるかもMDM選びでは重要なポイントになる。

Android OSそのものを改修

一方、Android OSそのものを改修し、セキュリティ機能を強化するソリューションも登場した。米Three Laws of Mobility(3LM) が開発したセキュアプラットフォームを採用した、KDDIのセキュリティ管理サービス「KDDI 3LM Security」だ。

Android Application Frameworkに機能を追加するもので、前述のようにエージェントソフトを搭載する方式では実現できなかったメモリ・SDカードの暗号化や端末管理など、強固なセキュリティ機能をOSレベルで実現する。8月下旬からトライアルサービスを開始し、11月から本格提供を始める。

当初は、「SIRIUSαIS06」「G'z One IS11CA」「EIS01PT」をサポートし、秋以降には全機種が3LMのフレームワークに対応する予定だ。KDDIでは、今後発売するAndroid端末に、3LMのフレームワークを搭載する方針という。

管理できるのはKDDIの端末のみという弱点はあるものの、機種によって機能差がなく、メーカーが違っても統一されたレベルでのセキュリティ管理が実現できるのがKDDI 3LM Securityの大きな特徴だ。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

fortinet2110
intel2110
intel2107

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】次世代Wi-Fi特別講義
<11be>「Wi-Fi 7(仮称)」は意欲的 <11ay>100Gbpsの60GHz帯無線
<11az>誤差1m以内で位置推定 <11bf>侵入者も転倒も無線で検知
<11ba>新発想で超低消費電力 <Wi-Fi 6E>“最後のフロンティア”で飛躍
<Wi-Fi QoS Management>リアルタイム通信を優先制御

インタビュー東京工業大学 阪口啓教授 「ミリ波5Gの課題に効果歴然 超スマート社会は「事業」段階」【ソリューション特集】ゼロトラストの正しいつくり方/コロナが迫った「電話のDX」 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ中堅中小にちょうどいいゼロトラスト

中堅中小企業にも現実的なゼロトラスト移行ソリューションをチェック・ポイントが提供する。

プロディライト電話環境のDXを実現する!
岩崎通信機のオンプレPBXとも連携

出社せずに会社宛ての電話を受けられるクラウドPBX「INNOVERA」

CyCraft AIRなぜ、AI主導型EDRなら短期解決?
インシデント対応の4つのポイント

ごく普通の企業でも、AI主導型EDRがあれば、高速に自動化可能だ。

エイチ・シー・ネットワークス月1200円から目指すゼロトラスト
ソフトSIM+SWGで全通信を制御

導入の複雑さやコスト面から足踏みしている企業の悩みを解決

IIJグローバルソリューションズDXの鍵はXDRと戦略立案にあり!

デジタル・ガバナンスの整備~アドバイザリーまでを、IIJグローバルソリューションズが支援!

シスコシステムズ通信事業者のデータセンター運用を「直感的」に!

解決策までリアルタイム提示するCisco Nexus Dashboard

ネッツワイヤレスIoT回線の最適解「ネッツワイヤレス」 多要素認証でテレワークも

「現場改革」のための法人向けモバイル回線サービス!

Keysight World 2021ドコモが語るオープンRAN普及戦略
キーサイトが10/12からイベント

6Gに向けた最新技術トレンドがテーマ!(事前登録制、参加費無料)

Splunk Services JapanSplunkで真のゼロトラスト SIEMとSOARをストーリー仕立てで

ゼロトラストの実現に必要な統合管理/分析プラットフォームを提供!

Fortinetゼロトラストで変わる常識
VPNの課題を解決するZTNAとは?

ゼロトラスト原則に基づいたリモートアクセス「ZTNA」を徹底解説!

インテル多彩なXPU製品・ソリューションで
5Gの仮想化を支えるインテル

CPUに加え、FPGA、GPU、eASICなどで5G RANの仮想化に対応!

シスコシステムズネットワーク自動化の4つの原則とは?

オートメーションを通して「人に優しい」通信インフラを実現するシスコの構想

「ところざわサクラタウン」に100Gの広帯域LANを低コストに構築KADOKAWAは大規模複合施設の
100G化をどう実現したのか

「ところざわサクラタウン」に100Gの広帯域LANを低コストに構築

TP-LinkWi-Fi 6や10Gを低価格で導入
無料SDNでネットワークの管理も

中堅中小企業のDXに必要なコストパフォーマンスを実現!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用自動化、その鍵を握るオーケストレーションとは?

思うように成果が出ない…。ならば、プロセス全体に踏み込むべきだ

エヌビディアMWC 2021で語られた
「AI-on-5G」がもたらす価値

5GにAIを組み合わせ、高度なAIエッジ処理をシンプルに実現!

アレイ・ネットワークスIoTネットワークまで標的が拡大
ランサムDDoS攻撃の対策方法

アレイ・ネットワークスのASFシリーズで自力防衛を!

VIAVIソリューションズ5GをRANからコアまで徹底検査
オールインワンのローカル5G測定器も

E2Eのテストソリューションを提供するVIAVIソリューションズ

ウインドリバーなぜ、5G vRANにウインドリバーを採用したのか?

ベライゾンとボーダフォンが選んだ「Wind River Studio」

アイティフォーAI型EDRが侵入“後”の対応を
高速・低コストに

数週間かかる「フォレンジック」が最短3時間!

東陽テクニカあらゆる400ギガネットワーク環境をテスト

BGPの負荷試験等幅広いプロトコルテストに対応!

ネットスカウトシステムズネットスカウトシステムズが指南!
DDoS攻撃の効果的な防御方法とは

世界的に急増するDDoS攻撃。被害を最小限に食い止める方法を解説する

インテル「5G・6Gでキャリアとともにイノベーションを起こす」インテル堀田氏

ワイヤレスジャパン2021での基調講演を徹底レポート!

NVIDIA AI DAYSエヌビディア・ドコモ・富士通が
見据える「5G RANの将来」

AI時代に起こる5G RANの進化についてキーパーソンたちが語った。

NVIDIA AI DAYSソフトバンク、ドコモの5G・MECを支える技術とは

「AI-on-5G」の実現に向けて取り組むソフトバンクとNTTドコモ。

京セラ5G/L5GをデュアルSIMで使い倒す!
映像伝送、DX、電波調査がこれ1台

ローカル5Gにも対応した京セラの5Gモバイルルーターが好評だ。

ローデ・シュワルツ・ジャパンローカル5Gのテスト品質は業界トップ
サポート人員を3倍、コストも低減

ローデ・シュワルツがローカル5Gの導入を手厚く支援する。

DNPローカル5Gを支える国産SIMカード
多様なプレイヤーをコンサル力で支援

大日本印刷(DNP)がローカル5Gに最適化させたSIMを提供!

構造計画研究所ローカル5Gの円滑な導入に貢献する
2つの電波シミュレーションツール

ローカル5Gの免許申請に必要な「カバーエリア図」作成を大幅効率化!

APRESIA Systemsローカル5Gに最適化した性能
導入コストは億単位から数千万へ

ローカル5Gの導入コストを数千万円台に引き下げるAPRESIA Systems

ミクシィ低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110で

ミクシィのサービス「TIPSTAR」は、低遅延のIP映像伝送技術を駆使!

キーサイト・テクノロジー5G/ローカル5G/O-RAN/C-V2Xの
最前線を解説する技術イベント

7月7日(水)・8日(木)にオンライン開催!

ホワイトペーパー
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。