ICT×未来

電波開国――ワイヤレス大国 ニッポンの転機[第1回]

「電波開国」で変わる移動通信市場 ~ 新たに300MHz幅を追加割当

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2011.03.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

世界最先端のワイヤレス大国、日本――。さらなる発展を狙い、総務省は移動通信への300MHz幅の追加割当と「電波開国」の方針を打ち出した。日本のワイヤレス市場にとって重要な転換点となるこの電波開放策について、周波数帯別に徹底解説していく。

2015年までに300MHz幅以上、2020年に1500MHz幅以上の周波数を移動通信などの成長分野に新たに割り当てる――。

総務省の「ICTタスクフォース・ワイヤレスブロードバンド実現のための周波数検討ワーキンググループ」が昨年11月30日に公表した「WGとりまとめ――ワイヤレスブロードバンド実現に向けた周波数再編アクションプラン」(以下、「再編アクションプラン」)で、こうした意欲的な周波数開放策が打ち出された。

需要拡大が見込まれるワイヤレスブロードバンドや医療、センサーネットワークなどの分野に必要な周波数を確保し、新たな産業の育成を図ることが、その狙い。「再編アクションプラン」では、各分野へ割り当てる周波数帯域やその帯域幅、時期が明確化されている。総務省ではこれを09年に策定された「電波新産業創出戦略の具体化版」(渡辺克也電波政策課長)と位置付ける。

米国では、昨年春にFCC(連邦通信委員会)が議会に提出した「国家ブロードバンド計画」で2015年までに300MHz幅、2020年に500MHz幅をワイヤレスブロードバンドで利用できるようにするという目標を打ち出しているが、「再編アクションプラン」は、その対抗策としての意味も持っている。

移動通信向け周波数は3倍に

この新たな周波数開放策の中心となっているのが、データトラフィックの急増が見込まれている移動通信分野だ。図表に示したように移動通信向けだけで、2015年までに300MHz幅以上の新たな周波数を割り当てる計画となっている。その後も第4世代移動通信システム(4G:IMT-Advanced)向けに1100MHz幅の割当が計画されており、2020年には移動通信向け帯域は現在の約500MHz幅の3倍超に広がる見込みだ。

こうした新たな帯域の割当は移動通信事業者のサービスや事業展開の可能性を大きく広げることになる。

もう1つ移動通信分野で、見逃せないのが、総務省が当初計画していた日本独自の700/900MHz帯の割当プランが見直され、700MHz帯と900MHz帯それぞれに海外のバンドプランと整合した帯域が設定されることになったことだ。

今回割当が打ち出された他の帯域もすべて海外のバンドプランとの整合性が意識されている。日本の携帯電話は、昨年割り当てられた1.5GHz帯を除き、すべて海外と整合する形となるのだ。

 

図表 新たに確保される移動通信向け周波数帯
図表 新たに確保される移動通信向け周波数帯


2Gに独自規格のPDCを導入したことで、長く世界市場から隔絶されてきた日本の携帯電話市場が、バンドプランの共通化、そして3G/LTEの世界市場への本格普及により、ついに海外とシームレス化する。これは、端末市場をはじめモバイルビジネスの世界全般に大きな影響を及ぼすことになる。

今回の周波数再編は、「電波開国」ともいえる状況を生み出すのである。

新周波数の開放は、移動通信市場をどう変えるのか――本連載では、「再編アクションプラン」の市場へのインパクトと帯域獲得に向けた事業者の動きを次回から周波数帯ごとに探っていく。

 

(連載目次はこちら

スペシャルトピックスPR

ciena1906
netscout1908
synology1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます