キーパーソンが語る

近義起CTOに聞くAXGP戦略「都市部での大容量モバイル実現がAXGPの責務」

構成◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2012.05.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Wireless City Planning(WCP)
執行役員CTO 兼 技術統括部長
近義起氏

WCPのAXGPは、TD-LTEの数のメリットを享受しつつ、PHSで培われたマイクロセル技術による大容量化を実現する「いいとこ取り」のシステム。同社CTOの近義起氏は、広域をカバーできる3G/LTEと組み合わせることで真価を発揮すると話す。


――Wireless City Planning(WCP)が構築したAXGP(Advanced eXtended Grobal Platform)網を利用するソフトバンクの高速データ通信サービスが2月24日にいよいよスタートしました。手応えはいかがですか。


 我々としては、とにかくお客様に御迷惑をおかけすることなくスタートが切れ、大変良かったと思っています。お客様も順調に増えているようです。

――近さんはウィルコムでXGP、いわゆる「次世代PHS」の開発を手掛けてこられました。現在はこのXGPを継承した通信事業者WCPのCTOとして、中国などで事業化が進められているTD-LTEとの「100%互換」システムであるAXGPの立ち上げを担っているわけですが、AXGPとXGPはどんな関係にあるのですか。

 我々は10年前から、モバイルブロードバンドの時代になるとネットワークの容量が圧倒的に足りなくなることを予想していました。そしてPHSで作り上げたマイクロセルネットワークがブロードバンドを運ぶ最適なネットワークになると考えて、これをうまく活用できるシステムとしてXGPの開発を進めてきたのです。

ところが、市場環境の変化により、エコシステムが大きくないと通信システムが維持できなくなることが明確になってきました。

そこでXGPで設計したデザインコンセプトやアルゴリズムなどを保ちながら、グローバルなエコシステムに合わせていこうということで、TD-LTEとの互換を強めるように規格を改造していった。これがAXGPなのです。

――TD-LTEとの「100%互換」がうたわれています。中国などで導入される端末を手を加えずに日本に持ってきても使えると考えていいのですか。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

近義起(ちか・よしおき)氏

茨城大学理学部物理学科卒業後、1985年に第二電電(現KDDI)入社。DDIポケット技術企画部長(現ウィルコム)、ウィルコム執行役員プロダクト統括本部長兼技術本部長などを経て2007年同社取締役執行役員副社長に就任。XGP事業を継承したWireless City Planningの設立に伴い、2010年12月同社執行役員CTO兼技術統括部長に就任

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます