ニュース

AIアシスタントがWi-Fi運用をサポート――ネットワンとMist Systemsが新技術を発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.03.22

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

2014年に設立されたクラウドWi-Fiのスタートアップである米Mist Systemsと、同社製品を国内で取り扱うネットワンパートナーズが2018年3月22日、記者発表会を開催した。Mist Systemsは、ディープラーニング技術を活用してWi-Fiの運用を簡略化する「Virtual Network Assistant(VNA)」を開発。国内で3月中に提供を始める。


Mist Systemsは、ユーザー企業の拠点内に設置された無線LANアクセスポイント(無線AP)をクラウド上の管理システムから管理・制御できる、いわゆる「クラウドWi-Fi」を提供している。

2014年設立ながら急速にユーザーを増やしており、共同設立者で社長兼CEOのスジャイ・ハジェラ氏によれば「2017年に250社の顧客を獲得し、そのうち23社がFortune 500の企業」だという。日本国内では、2017年5月からネットワンパートナーズがディストリビューターとして取り扱いを開始している。


2017年のMist Systemsの実績。大手企業中心に250社の顧客を獲得した


同社のクラウドWi-Fiを特徴づけているのは、次の2点だ。「ディープラーニング技術を備えた管理システム」と、高精度な位置情報を取得できる「仮想ビーコン」機能である。

デバイス情報をクラウド上のAIが解析
Mist SystemsのクラウドWi-Fiでは、接続しているデバイスの情報をクラウド上の管理システム「Mist Cloud」に収集。これを同社のAIエンジン「Marvis AI」が分析することで、「従来は(人間の手によって)何日もかかっていたトラブルの原因特定等が数分でできる」とハジェラ氏は話す。



Mist Systems共同創業者 社長兼CEOのスジャイ ハジェラ氏(左)と
ネットワンパートナーズ 取締役常務執行役員の田中拓也氏


Wi-Fiを利用していると、デバイスを持って移動する際に通信品質の劣化や通信断が起こりがちだ。電波は目に見えないため、利用者本人はもちろんIT/ネットワーク管理者もその原因を特定することは難しい。だが、位置情報とともに通信品質などのデータをデバイスごとに収集し、かつAIが高速に分析できれば、問題が発生したときの原因特定や対処がしやすくなる。

そこで、Mist SystemsのクラウドWi-Fiでは、BLE(Blurtooth Low Energy)電波によってユーザーの位置を測位できるビーコン技術を使って数メートル単位の精度で位置情報を取得。これを基にMarvis AIが、Wi-Fiエリア内を細かく分けたグリッドごとに電波強度や通信品質の変化を分析・学習しているという。こうすることで、Wi-Fi利用者の“サービスレベル”の変化をリアルタイムに把握し、問題が発生した時の原因特定も迅速に行えるようにしている。これまではIT/ネットワーク管理者が手間と時間をかけて行っていた作業の大部分をAIが肩代わりするイメージだ。



Wi-Fi利用者の「サービスレベル」をベースに管理する


具体的には、管理システムの画面上で「接続時間」や「スループット」などのしきい値を設定すると、そこから逸脱したデバイスを把握し、問題が発生したユーザーをすぐに特定する。例えば、Wi-Fiエリア内に入ったスマートフォンをすばやく接続させたい場合に、接続時間を「2秒」に設定すると、それが実現できているデバイスの割合を表示するとともに、達成できていないデバイスについては原因をシステム側が特定して通知する。

この仕組みを実現しているのが、特許申請中の独自技術「Dynamic packet capture」だ。「設定したベースラインから外れるとパケットキャプチャを始め、トラブルシューティングに必要なデータを収集する」(ハジェラ氏)。これにより、通信速度が落ちたり、通信が遮断されたりといった問題が発生した場合に、その原因を特定するための調査が容易に行えるようになる。

そして今回Mist Systemsは、こうしたWi-Fiの稼働状況や問題の原因特定を自然言語で質問して回答を得ることができる“仮想アシスタント”機能を追加した。自然言語処理機能を搭載した「Virtual Network Assistant(VNA)」だ。



Virtual Network Assistantの概要


例えば、「社員Aのデバイスに問題があるのはなぜか」「午前7時から9時の間に何か異常があったか」「性能が最も悪い場所を3つ表示して」といった質問に、VNAが回答する。IT/ネットワーク管理者の業務負荷削減に役立つとともに、社員からの問い合わせへの対応にも使える。

残念ながら、現時点で対応している言語は英語のみだが、「要望が多ければ日本語にも対応する」(ハジェラ氏)という。


“中小メイン”だったクラウドWi-Fiを大手企業に展開
このMist SystemsのクラウドWi-Fiを取り扱うネットワンパートナーズは今後、大手企業への販売に力を入れる考えだ。


急成長が見込まれるエンタープライズ市場向けにMist SystemsのクラウドWi-Fiを展開する


同社はこれまでシスコシステムズのクラウドWi-Fiサービス「Cisco Meraki」を取り扱い、主に中堅中小企業向けの商材として販売パートナー(リセラー)に展開してきた。対して、Mist Systemsはより大規模なエンタープライズ市場向けの商材として提供すると取締役常務執行役員の田中拓也氏は話す。

田中氏によればクラウドWi-Fiの市場規模は急成長しており、その成長率は「オンプレミス型の倍以上」という。「ラグビーW杯や2020年のオリンピックを控えて、まだまだ需要がある」と見込む。現在はオンプレミス型でWi-Fiシステムを構築している大手企業に対して、Mist Systemsの特徴である運用管理の容易性などを訴求しながらクラウドWi-Fiへの移行を提案する。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

macnica2105
al2105
asahikasei

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G NEXT
[Part1]ローカル5Gの現在地と行方 [Part2]ドコモの海外5G戦略 [Part3]韓国でローカル5Gが解禁 [Part4]台湾製造業とローカル5G [Part5]大学発ローカル5G最新研究 [Part6]徳島でローカル5G革命 [Part7]ローカル5Gを中小工場へ [Column]免許不要の5G「NR-U」実用化の可能性

インタビューゼットスケーラー 代表取締役 金田博之氏「インフラ変革のHowを提供 IoT/OTの世界にもバリュー」【ソリューション特集】企業向け5Gルーター最新ガイド 【IoT×SDGs】養豚をIoT/AIでアップデート 【技術&トレンド】富士通がキャリアインフラで狙うゲームチェンジ ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

京セラ5G/L5GをデュアルSIMで使い倒す!
映像伝送、DX、電波調査がこれ1台

ローカル5Gにも対応した京セラの5Gモバイルルーターが好評だ。

ローデ・シュワルツ・ジャパンローカル5Gのテスト品質は業界トップ
サポート人員を3倍、コストも低減

ローデ・シュワルツがローカル5Gの導入を手厚く支援する。

DNPローカル5Gを支える国産SIMカード
多様なプレイヤーをコンサル力で支援

大日本印刷(DNP)がローカル5Gに最適化させたSIMを提供!

構造計画研究所ローカル5Gの円滑な導入に貢献する
2つの電波シミュレーションツール

ローカル5Gの免許申請に必要な「カバーエリア図」作成を大幅効率化!

APRESIA Systemsローカル5Gに最適化した性能
導入コストは億単位から数千万へ

ローカル5Gの導入コストを数千万円台に引き下げるAPRESIA Systems

ミクシィ低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110で

ミクシィのサービス「TIPSTAR」は、低遅延のIP映像伝送技術を駆使!

キーサイト・テクノロジー5G/ローカル5G/O-RAN/C-V2Xの
最前線を解説する技術イベント

7月7日(水)・8日(木)にオンライン開催!

ジュニパーネットワークス大企業が「無線LAN」をリプレース
正解はクラウド型かオンプレ型か?

今、大規模な無線LANもクラウド管理型が最適な時代に!

VMwareAIを活用した未知のサイバー攻撃対策で、NDRが求められる理由とは。

元Lastline、現VMwareセキュリティエバンジェリスト橋本氏が徹底解説

アライドテレシス高速NWはローカル5Gでなくても!
キャリア5G×Wi-Fi 6という現実解

ローカル5Gより価格を大幅に抑えられるアライドテレシスの提案とは?

NVIDIA GTC21世界最大級のAIカンファレンス
NVIDIA GTC21で明かされた新技術

基調講演と5つのテレコム関連のお勧めセッションを紹介する。

ハイテクインター4Kも無線でリアルタイム伝送
5Gで現場の映像活用を加速せよ!

5G/ローカル5G映像伝送システムがハイテクインターからいち早く!

Nuclias CloudWi-Fi 6 APからL2スイッチまで
リモートから簡単操作で運用管理

ネットワーク機器のリモート管理機能、使いやすさ重視で選ぶなら?

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。