ホワイトペーパーダウンロード

日本ユニシス株式会社

スマートモバイルBYOD実現の現実解 ~MDMやシンクライアントに頼らない新たなBYOD実現方法とは?

スマートモバイルのBYOD活用と言うと、MDMやシンクライアントなどの手段が思い浮かびます。しかし、これらの手段では実利用上の限界があることが見え始めています。”実利用上の限界”とは一体どういうことか? 他にもっと最適な解決策はあるのだろうか? そんな疑問に答える、BYOD実現の現実解をご紹介します。

スマートモバイル端末をBYODで活用する場合に、会社支給端末での運用とは異なり特に意識して検討しなければならないポイントが3つあります。

ポイント1:セキュリティ対策が万全であること(リモートワイプは万全ではない)
ポイント2:個人の私的利用に制限をかけないこと
ポイント3:端末運用が簡便・シンプルであること(会社は私物端末の管理・運用をしない)

これら3つのポイントを実現しようとした場合、私物端末については「MDMで端末を管理する」という手段はそぐわないということが見えてきています。

また、BYODで利用される端末は、タブレット端末よりもスマートフォンが主流になるはずです。すなわち、BYODで利用する場合は、タブレット端末よりもスマートフォンでの利用を意識したユーザビリティが重要ということになります。

このように、BYODの実現には「セキュリティの確保」「端末運用管理の簡便性」「利便性・ユーザビリティの確保」という相反する要望を叶える手段が求められます。

では、これらの要望を叶えるBYOD実現の現実解とは一体どんな手段でしょうか?

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
ゼンハイザー201612
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます