ホワイトペーパーダウンロード

日本ユニシス株式会社

スマートモバイルBYOD実現の現実解 ~MDMやシンクライアントに頼らない新たなBYOD実現方法とは?

スマートモバイルのBYOD活用と言うと、MDMやシンクライアントなどの手段が思い浮かびます。しかし、これらの手段では実利用上の限界があることが見え始めています。”実利用上の限界”とは一体どういうことか? 他にもっと最適な解決策はあるのだろうか? そんな疑問に答える、BYOD実現の現実解をご紹介します。

スマートモバイル端末をBYODで活用する場合に、会社支給端末での運用とは異なり特に意識して検討しなければならないポイントが3つあります。

ポイント1:セキュリティ対策が万全であること(リモートワイプは万全ではない)
ポイント2:個人の私的利用に制限をかけないこと
ポイント3:端末運用が簡便・シンプルであること(会社は私物端末の管理・運用をしない)

これら3つのポイントを実現しようとした場合、私物端末については「MDMで端末を管理する」という手段はそぐわないということが見えてきています。

また、BYODで利用される端末は、タブレット端末よりもスマートフォンが主流になるはずです。すなわち、BYODで利用する場合は、タブレット端末よりもスマートフォンでの利用を意識したユーザビリティが重要ということになります。

このように、BYODの実現には「セキュリティの確保」「端末運用管理の簡便性」「利便性・ユーザビリティの確保」という相反する要望を叶える手段が求められます。

では、これらの要望を叶えるBYOD実現の現実解とは一体どんな手段でしょうか?

スペシャルトピックスPR

arbor1705
checkpoint1706
takarajoho1706
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます