ホワイトペーパーダウンロード

インフォテリア株式会社

BYOD の成功を支えるMCM(モバイルコンテンツ管理)とは何か?

BYODの検討において、今、デバイスではなくコンテンツの管理に集中するMCM(モバイルコンテンツ管理)こそが有効であることが注目されています。本資料はこの MCM の有効性と実際の活用事例をご説明し、BYOD 成功のポイントをご紹介します。

 BYODのデバイスには従来のデバイス管理等による管理手法が適用しにくいため、利用者が管理者の許可なくデバイスを業務で利用するという状況、いわゆる「シャドーIT」を生み出しています。こうした現状に対して、デバイスではなくコンテンツの管理に集中するMCM(モバイルコンテンツ管理)という領域が有効であることが注目されています。

インフォテリアの「Handbook」は、500社以上の企業に採用される、モバイルコンテンツ管理(MCM)サービスの決定版です。手元のコンテンツを手軽に、そして自在に、然るべき閲覧者に対して配信・管理することが出来るサービスです。

本資料では、実際にBYOD のスマートデバイス上でHandbook を活用している企業の事例を基に、その成功のポイントと機能についてご紹介致します。

すでにスマートデバイスを導入されている方、検討中の方、皆様にご参考にしていただけると思います。この機会に、是非ご覧ください。

スペシャルトピックスPR

nokia1708
skyley1708
ibm1708
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます