ホワイトペーパーダウンロード

日本電通株式会社

ワークスタイルが変わると受付も変わる~モバイル時代の企業の受付は何が違うか~

無人受付システム『オレッセ』は、取次業務を極力、排除し現場の生産性向上をさせ、エントランスのイメージをアップし、さり気ないデジタルサイネージ機能も実現します。特に昨今は企業のモバイル活用が進みワークスタイルも変化しており、受付システムにもその影響が及んでいます。

固定席を用意しないフリーアドレスオフィスの普及やモバイルワーカーの増加などが進んだ結果、部門代表で受けて取り次ぐという従来のやり方自体が難しくなっています。無人受付システム『オレッセ』を導入された多くの企業がこのような課題を解決しています。

受付業務は日常的なことだけに、人を介さずに直接に担当者へつなぐことは業務効率・生産性向上の面からも大きな効果を期待できます。加えて『オレッセ』は、デジタルサイネージ機能も提供し、来訪されたお客様に対するエントランスでの企業イメージの向上を実現します。『オレッセシリーズの全て』にて詳細をご確認ください。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます