ホワイトペーパーダウンロード

日本アイ・ビー・エム株式会社

Appleデバイスの「大規模エンタープライズ導入」を成功させるには?

IBMは、Appleデバイスの最大規模のユーザー企業だ。わずか1年の間に約5万台のAppleデバイスを展開し、高い従業員満足度と、管理の合理化を達成した。IBMが自身の経験から得た、Appleデバイスの大規模導入を成功に導くポイントとは何か?

IBM CIOオフィスは、従業員が最適なデバイスを柔軟に選択できるようにすることで、従業員の満足度を高め、生産性を押し上げたいと考えていた。IBMでは以前から数千人もの社員がBYODポリシーのもと、個人所有のMacを業務利用してきたが、IBMのIT部門は正式にはMacをサポートしていなかった。

そこで立ち上げたのが、Macの大規模導入のための「Mac@IBMプログラム」である。Mac@IBMプログラムは成功を収め、プログラム開始から1年の間に、約5万台のAppleデバイスを展開。Macユーザーの約84%がMac@IBMのヘルプデスクに満足していることが明らかになっている。プログラムに投じた費用についても、管理の合理化とサポートの向上によるコスト削減により、5年目までにはすべて回収できる見通しだ。

そして今、IBMは自らの成功体験をベースに、Macや他のデバイスの導入により、従業員のイノベーションを成し遂げたいと考えている企業の支援を始めている。本ホワイトペーパーでは、Appleデバイスの大規模導入を成功させる秘訣と、その目覚ましい効果を紹介する。

スペシャルトピックスPR

watchguard1704
necpf1704
citrix1704
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます