ホワイトペーパーダウンロード

日本アイ・ビー・エム株式会社

Appleデバイスの「大規模エンタープライズ導入」を成功させるには?

IBMは、Appleデバイスの最大規模のユーザー企業だ。わずか1年の間に約5万台のAppleデバイスを展開し、高い従業員満足度と、管理の合理化を達成した。IBMが自身の経験から得た、Appleデバイスの大規模導入を成功に導くポイントとは何か?

IBM CIOオフィスは、従業員が最適なデバイスを柔軟に選択できるようにすることで、従業員の満足度を高め、生産性を押し上げたいと考えていた。IBMでは以前から数千人もの社員がBYODポリシーのもと、個人所有のMacを業務利用してきたが、IBMのIT部門は正式にはMacをサポートしていなかった。

そこで立ち上げたのが、Macの大規模導入のための「Mac@IBMプログラム」である。Mac@IBMプログラムは成功を収め、プログラム開始から1年の間に、約5万台のAppleデバイスを展開。Macユーザーの約84%がMac@IBMのヘルプデスクに満足していることが明らかになっている。プログラムに投じた費用についても、管理の合理化とサポートの向上によるコスト削減により、5年目までにはすべて回収できる見通しだ。

そして今、IBMは自らの成功体験をベースに、Macや他のデバイスの導入により、従業員のイノベーションを成し遂げたいと考えている企業の支援を始めている。本ホワイトペーパーでは、Appleデバイスの大規模導入を成功させる秘訣と、その目覚ましい効果を紹介する。

スペシャルトピックスPR

ソフトバンク201612
softbank201701
panasonic201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます