ホワイトペーパーダウンロード

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

UTM選びの「3つの決め手」を事例に学ぶ

京都市に本社を構える老舗商社のIT担当者は悩んでいた……。「今のUTMでは、標的型攻撃やランサムウェアといった高度なサイバー攻撃は防げない」「UTMスループットが低く、従業員から『インターネットが遅い』とクレームが来る」。こうした課題を一挙に解決したのが、次世代の脅威対策機能を備えたUTMだった。

セキュリティ対策に頭を悩ませる中堅・中小企業は数多い。1943年創立、燃料などを取り扱う商社として地域ナンバーワンの実績を誇る上原成商事株式会社(本社:京都府京都市)もその1社だった。

従来のUTMは、未知の脅威に対応できず、標的型攻撃やランサムウェアといった高度なサイバー攻撃を防げない。また、処理能力も低く、従業員がインターネットを利用する際のスループットの遅さも問題となっていた。

そこで同社が新たに導入したのが、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのUTM「4600NGTX」である。複数のUTMベンダーの提案の中から、なぜチェック・ポイントを選択したのか? 決め手となったのは、ゼロデイ攻撃対策、高速なUTMスループット、リアルタイム分析の3点だ。上原成商事の事例から、4600NGTXの特長を詳しく紹介する。

スペシャルトピックスPR

necpf1704
citrix1704
microsoft1705
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます