ホワイトペーパーダウンロード

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社

UTM選びの「3つの決め手」を事例に学ぶ

京都市に本社を構える老舗商社のIT担当者は悩んでいた……。「今のUTMでは、標的型攻撃やランサムウェアといった高度なサイバー攻撃は防げない」「UTMスループットが低く、従業員から『インターネットが遅い』とクレームが来る」。こうした課題を一挙に解決したのが、次世代の脅威対策機能を備えたUTMだった。

セキュリティ対策に頭を悩ませる中堅・中小企業は数多い。1943年創立、燃料などを取り扱う商社として地域ナンバーワンの実績を誇る上原成商事株式会社(本社:京都府京都市)もその1社だった。

従来のUTMは、未知の脅威に対応できず、標的型攻撃やランサムウェアといった高度なサイバー攻撃を防げない。また、処理能力も低く、従業員がインターネットを利用する際のスループットの遅さも問題となっていた。

そこで同社が新たに導入したのが、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのUTM「4600NGTX」である。複数のUTMベンダーの提案の中から、なぜチェック・ポイントを選択したのか? 決め手となったのは、ゼロデイ攻撃対策、高速なUTMスループット、リアルタイム分析の3点だ。上原成商事の事例から、4600NGTXの特長を詳しく紹介する。

スペシャルトピックスPR

nissho201702
ゼンハイザー201612
ソナス201612
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます