ホワイトペーパーダウンロード

日商エレクトロニクス株式会社

ファイアウォール製品選定のポイント

巧妙化するサイバー攻撃に対抗するため、各ベンダーは多くの機能を統合したファイアウォール製品を提供しています。しかし、多層防御により強固なセキュリティを実現する一方、パフォーマンスが犠牲となるケースも少なくありません。ニーズに合った製品を見極めるためには製品特性の理解が不可欠です。

Juniper Networksは2004年にNetScreen Technologiesを買収し、以来、セキュリティ製品の開発・提供に取り組んできました。現行モデルのSRXシリーズは、旧SSG シリーズの機能スペックを踏襲しつつ、Juniperがこれまで培ってきたJunosのアーキテクチャを統合したハイスペックな次世代ファイアウォール製品としてリリースされています。

本資料ではファイアウォールを選定する際に着目すべきポイントをご紹介するとともに、お客様のネットワークにJuniper SRXシリーズを導入いただくことで得られるメリットについてご紹介いたします。

・データプレーンとコントロールプレーンの分離による高度な動作安定性
・将来の拡張性を見込んだハイパフォーマンスなハードウェア設計
・一定したライフサイクルにより長期的に製品供給が受けられる安心感
・高速なスキャニングを実現するプロキシ型アンチウィルス
・攻撃者に解析されにくいクラウド型サンドボックス
・3,000種類以上のアプリケーションを可視化・コントロール

スペシャルトピックスPR

nokia1708
skyley1708
ibm1708
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます