ホワイトペーパーダウンロード

株式会社オフィス24

自宅や事務所の固定電話・FAXがスマートフォンアプリに!「MOTセントレックス」で携帯をもっと安く更に便利に

スマートフォンで“会社の電話”を持ち歩き、無料内線電話も可能な小規模オフィス向けFMC、それがMOTセントレックス。外でも内線が使える利便性と、通話料・転送代の大幅削減。少ない初期投資と月額使用料のみで、一気にこの2つの効果が期待できるサービスとして展開。

IPビジネスホン等の導入や入れ替え等で高額投資が必要なFMCは、小規模オフィスにとって懸念されてきた。そこでよく使われたのが、事務所宛の電話を携帯に転送し、入電の取り逃しを防げる「電話転送サービス」。しかし、着信通話量に応じて、携帯通話料に上乗せされる転送料金は、実に高額。

この課題に対して「MOTセントレックス」は、高価なビジネスフォン主装置等が担っている(1)ひかり電話(NTT東日本/西日本)の番号を使った外線発着信、(2)内線電話間の無料内線通話、保留・転送、(3)事務所宛に届いたFAXをメールで転送する3つの機能をクラウド型のセントレックスが提供。電話、FAXの転送サービス利用ケースと比較すれば、大幅なコスト削減効果が見込める。

通話には専用のスマートフォン用IP電話アプリ「MOT/Phone」を利用。3Gデータ通信網を利用する事で、内線通話や外線転送がパケット定額プランで全て収まる。どのキャリアからも利用可能。導入しやすいFMCサービスとした。MOTセントレックス 初期費用1万500円、月額3,980円から。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます