ホワイトペーパーダウンロード

日商エレクトロニクス株式会社

ARBOR Networks社のセキュリティレポート ~傾向にみるハイブリッドDDoS対策の必要性~

サイバー攻撃の脅威が連日ニュースになっておりますが、その中でも注目されているのがDDoS攻撃の脅威です。本ページでは世界シェアトップのArbor Networks社が毎年発表しているセキュリティレポートの最新版についてサマリーをご紹介を致します。

ボリューム攻撃はさらに大きく、アプリケーション攻撃はさらに数が多く

2015年に記録された最大サイズの攻撃はとうとう500Gbpsを超えました。 2012年までは100Gbps以下で推移をしていたにも関わらず、たった4年間で5倍近くのボリュームに増えています。

その一方で攻撃の84%は1Gbps未満となっており、アプリケーション攻撃においては93%のユーザが検知しております。この数値は2014年を上回る値となっております。

攻撃者の動機の変化、ターゲットの拡大

攻撃者の動機も従来までは政治、イデオロギーの主張が上位にありましたが、2015年度は愉快犯的な犯行が増えています。DDoS攻撃ツールがより身近になった事が背景といえます。

DCサービスの利用増加に伴い、従来攻撃先の多くは、E-Commerce系のサービス提供者が主でしたが、データセンターにもその範囲が拡大されています。

スペシャルトピックスPR

nissho201702
ゼンハイザー201612
ソナス201612
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます