ホワイトペーパーダウンロード

日商エレクトロニクス株式会社

ARBOR Networks社のセキュリティレポート ~傾向にみるハイブリッドDDoS対策の必要性~

サイバー攻撃の脅威が連日ニュースになっておりますが、その中でも注目されているのがDDoS攻撃の脅威です。本ページでは世界シェアトップのArbor Networks社が毎年発表しているセキュリティレポートの最新版についてサマリーをご紹介を致します。

ボリューム攻撃はさらに大きく、アプリケーション攻撃はさらに数が多く

2015年に記録された最大サイズの攻撃はとうとう500Gbpsを超えました。 2012年までは100Gbps以下で推移をしていたにも関わらず、たった4年間で5倍近くのボリュームに増えています。

その一方で攻撃の84%は1Gbps未満となっており、アプリケーション攻撃においては93%のユーザが検知しております。この数値は2014年を上回る値となっております。

攻撃者の動機の変化、ターゲットの拡大

攻撃者の動機も従来までは政治、イデオロギーの主張が上位にありましたが、2015年度は愉快犯的な犯行が増えています。DDoS攻撃ツールがより身近になった事が背景といえます。

DCサービスの利用増加に伴い、従来攻撃先の多くは、E-Commerce系のサービス提供者が主でしたが、データセンターにもその範囲が拡大されています。

スペシャルトピックスPR

qloog1705
macnica1705
arbor1705
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます