ホワイトペーパーダウンロード

NTTコミュニケーションズ株式会社

クラウド型コンタクトセンターはこう使う! 宅配会社とセンターの連携でビジネスを強化

「コールセンター白書」の調査では、71.2%の企業が基盤システムでクラウドソリューションを検討したという結果があります。多くの企業で検討されているクラウド型コンタクトセンターが実際はどの様に活用されているのかをレポートします。

コンタクトセンターの受託ビジネスなどを手掛ける株式会社ウイング(本社:広島県広島市)は、宅配会社と連携し、独自の訪問回収サービスを提供しています。本社移転を機に、コンタクトセンターシステムのリプレースを検討。独自のビジネスモデルを支えるIT基盤として採用したのは「クラウド型」でした。

同社は、回収が必要な書類の発送から回収までを行う「往復便オペレーションシステム」というユニークなビジネスモデルが注目されています。宅配会社とリアルタイムに連携し、ネットワーク回線やサービス切替えの承諾書、保険会社や金融機関などの各種契約手続きなどの書類回収を確実に行うサービスです。

このビジネスを支えているコンタクトセンターに焦点をあて、クラウドソリューションの活用と事業化への取り組みを紹介します。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます