ホワイトペーパーダウンロード

NTTコミュニケーションズ株式会社

クラウド型コンタクトセンターはこう使う! 宅配会社とセンターの連携でビジネスを強化

「コールセンター白書」の調査では、71.2%の企業が基盤システムでクラウドソリューションを検討したという結果があります。多くの企業で検討されているクラウド型コンタクトセンターが実際はどの様に活用されているのかをレポートします。

コンタクトセンターの受託ビジネスなどを手掛ける株式会社ウイング(本社:広島県広島市)は、宅配会社と連携し、独自の訪問回収サービスを提供しています。本社移転を機に、コンタクトセンターシステムのリプレースを検討。独自のビジネスモデルを支えるIT基盤として採用したのは「クラウド型」でした。

同社は、回収が必要な書類の発送から回収までを行う「往復便オペレーションシステム」というユニークなビジネスモデルが注目されています。宅配会社とリアルタイムに連携し、ネットワーク回線やサービス切替えの承諾書、保険会社や金融機関などの各種契約手続きなどの書類回収を確実に行うサービスです。

このビジネスを支えているコンタクトセンターに焦点をあて、クラウドソリューションの活用と事業化への取り組みを紹介します。

スペシャルトピックスPR

skyley1708
ibm1708
logicool1709
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます