ホワイトペーパーダウンロード

NTTコミュニケーションズ株式会社

新生「りらいあコミュニケーションズ(旧社名もしもしホットライン)」のIT戦略から学ぶ、「顧客対応のプロ」の視点によるコンタクトセンター更改のポイントとは?

もしもしホットラインは10月1日、「りらいあコミュニケーションズ」に社名を変更した。これに先駆け、基幹ビジネスであるコンタクトセンター事業のIT基盤をリプレース。クラウド型コンタクトセンターサービスを選択した。新生アウトソーシング企業として、多様化するクライアントニーズに応えるための新たなIT戦略の一環として位置づけている。

さまざまな企業のコンタクトセンター業務を受託するアウトソーサーは、顧客対応のプロフェッショナルとして、社会情勢やクライアントのニーズにいち早く対応することが求められる。

国内アウトソーサー大手である「りらいあコミュニケーションズ(旧社名:もしもしホットライン)」は、クライアント業務のコール数の増減に合わせてオペレーターの座席数を対応するために設備増減を行う場合、従来のオンプレミスのシステムでは多くの時間とコストがかかっていた。また、コールピークに合わせたシステム構築では、無駄が多く投資対効果が見込めないという不満を抱えていた。

これらを解消するために、コンタクトセンターのIT基盤を見直し、NTTコミュニケーションズのクラウド型コンタクトセンターサービス「Arcstar Contact Center」を導入。従来のオンプレミス設備と組み合わせることで、受託案件ごとの要件や業務量の変動などに柔軟かつ迅速な対応を図る。

今後、コンタクトセンター基盤を更改する企業、強化する企業にとって示唆となるポイントを「顧客対応のプロ」の視点を踏まえて提言する。

 

ロゴ

スペシャルトピックスPR

ゼンハイザー201701
unisys201702
nissho201702
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます