ニュース

NTTコム庄司社長が2018年度のサービス戦略を説明――企業のデータ利活用を支援

文◎村上麻里子(編集部) 2018.04.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコミュニケーションズは2018年4月10日、2018年度のサービス戦略に関する説明会を開催した。

 
NTTコミュニケーションズの庄司哲也社長

今年度は、中期事業戦略「ビジョン2020」の達成に向け、「進化をさらに具現化する年」と捉えている。マーケットではスマートデバイスやIoTデバイスの普及、コンピューターの処理能力の向上、AIやRPAの発達、さらにはデータの扱いに関する法整備など、データの利活用を推進する環境が整いつつある。しかし、ある調査によると、米国企業の約9割、また日本企業の約8割がデータ活用を検討している一方、パーソナルデータの提供に対し不安感を感じているとの回答は米国で約6割、日本で約8割に上ったという。

庄司哲也社長は「お客様のデジタルトランスフォーメーションを実現する信頼されるパートナーになることを目指すためにも、今年度はお客様のデータ利活用を支えるケイパビリティを強化・拡充していきたい」と語った。


 
 パーソナルデータの提供には根強い不安がある

企業のデータ利活用には「収集」「蓄積」「分析」という3つのプロセスがあるが、それぞれにおいて具体的な取り組みを検討している。

まずデータの収集では、「IoTデバイスの種類や所在に応じた適切なセキュリティ対策」と「大容量データの効率的な伝送」に取り組む。

全世界のIoTデバイスの数は2018年に225億台と5年前から倍増しており、今後も同様かそれを上回るペースで増え続けることが予想される。ネットワークに接続しているIoTデバイスが増えれば、それだけ外部の脅威にさらされるリスクが高まることを意味する。そこで①デバイス側、②ネットワーク側、③OT・IT環境という3種類のセキュリティ対策を提供する。

 
 デバイス側、ネットワーク側、OT・IT環境におけるセキュリティ対策を提供

①のデバイス側の対策では、所在地に合わせてSIMを差し替えることなく接続先の通信事業者を変更できるeSIM(embedded SIM)の実証実験を昨年7月に香港で開始した。また、大日本印刷と共同で、ICチップ内にセキュリティ機能を実装した「セキュリティSIM」を開発し、実用化を目指している。

②のネットワーク側では、正常な通信を学習することで、マルウェアの感染や乗っ取りなどの異常を検知すると通信を遮断するIoTセキュリティ基盤を開発する。「我々がこれまで培ってきたネットワークのセキュリティ技術という強みを発揮できる」と庄司社長は述べた。

IoTデバイスの数が増えると、やり取りされるデータ量も飛躍的に増加することが避けられない。大容量ネットワークを支えるインフラとして海底ケーブルに注力しており、アジアと北米を400Gpsでつなぐ「JUPITER」を敷設する。NTTコムが保有する海底ケーブルとの組み合わせにより、アジアの主要都市と北米を結ぶ3ルートの冗長構成が可能になる。

データの蓄積における取り組みには、「さまざまなロケーションでのデータ蓄積」と「データの機密性・匿名性の確保」がある。

5月からEU一般データ保護規則(GDPR)が施行されることもあり、今後はデータを利活用しやすいだけでなく安全に蓄積できる場所が求められる。

NTTコムは2018年度以降、東京、インドのバンガロールとムンバイ、オランダ・アムステルダム、ドイツ・フランクフルト、米バージニアの6カ所にデータセンターの開設を予定している。これにより、データセンターのカバレッジは20カ国・地域以上、サーバールーム面積は40万㎡以上に拡大する。

また、4月9日に発表されたDimention DataとのクラウドIaaS事業の統合により、クラウドサービスを展開している国・地域は15、データセンターは35に増えた。クラウド事業のケイパビリティが拡大するとともに、人材が増えたこともメリットだという。

データの機密性・匿名性の確保については、NTT研究所とともに「秘密分散」「秘密計算」「匿名化データ」など、データをセキュアに蓄積するための技術開発に取り組んでいる。

 
 秘密分散や秘密計算、匿名化により、データをセキュアに蓄積することを可能にする

データの分析では、「多様な分析ニーズへの対応」と「企業や業界を超えたデータ利活用の促進」に取り組む。

収集や蓄積ではNTTコムの強みを活かせるのに対し、分析については積極的なパートナリングで対応する。

NTTコムは自然言語処理AI「COTOHA」をシリーズで展開している。バーチャル・アシスタントやチャット形式FAQ検索に加えて、今年3月からはニューラル機械翻訳の「COTOHA Translator」の提供を開始した。TOEIC900点レベルの品質を達成しており、社内用語や業界用語にも辞書登録で対応する。今年度上期には、COTOHAによる自然言語処理機能をAPIを通じてパートナーにも提供する体制を整える。音声認識機能の開発にも取り組んでいるところで、「実現すれば適用範囲が大幅に拡大する」(庄司社長)。

後者のデータ利活用の促進については、パートナーの分析機能と連携したソリューションを展開する。

 
 Google Cloud Platformと連携したログ解析ソリューションも近日中に提供予定

NTTデータとDataRobotとの協業により、機械学習を活用した分析業務自動化ソリューションが発表された。Google Cloud PlatformとNTTコムの「Enterprise Cloud」が連携したログ解析ソリューションも近日中に提供する。

このほか、Cloud Management Platform(CMP)によるデータ可視化、企業や業界データ利活用促進のためのデータ流通プラットフォームの開発にも取り組むという。


スペシャルトピックスPR

scsk1805
jpsecure1805
limelight1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot22
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます