ICT×未来

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

スマートホーム市場は本当に立ち上がるか?(前編)――今まで普及しなかった2つの理由

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2018.01.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

スマートスピーカーを筆頭に、ホームIoTをめぐる動きが活発化しています。いよいよスマートホームは普及期を迎えたのでしょうか。前編では、スマートホームの歴史を振り返りながら、今まで市場が本格的に立ち上がらなかった理由について解説します。

百花繚乱となった、我が国スマートスピーカー市場2017年秋、AIを内蔵したスマートスピーカーが、我が国の市場にも続々と登場し始めました。

すでにグーグルの「Google Home」、アマゾンの「Amazon Echo」、LINEの「Clova WAVE」、ソニーの「LF-S50G」などが販売開始されています。今後も、アップルをはじめ、内外の様々な企業からスマートスピーカーが発売される予定です。

まさに、百花繚乱といった状況です。

これらのスマートスピーカーは、口頭で問いかけたり命令したりすると、「質問に答えてくれる」「音楽を流してくれる」などして、私たちの生活をより便利にしてくれます。

しかし、スマートスピーカーの販売は、各社の真の狙いに対する第一歩に過ぎません。図表1をご覧ください。

 

図表1 スマートホーム市場をめぐる海外プレーヤーの動向
スマートホーム市場をめぐる海外プレーヤーの動向
出典:経済産業省 産業構造審議会 新産業構造部会 第12回(平成28年12月22日)配布資料より抜粋http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/pdf/012_06_01.pdf



これは、経済産業省の産業構造審議会(部会)で配布された資料の一部であり、「AI×暮らしを豊かにする機器・サービス」の章で説明されている、海外のプレーヤーの動向です。

ここでは、グーグル、アマゾン、アップル、サムスンの4社の状況が記載されていますが、いずれも「宅内IoT」あるいは「スマートホーム」に狙いを定めている様子がうかがえます。

彼らは、自社のスマートスピーカーをスマートホームのセントラルハブ、あるいは、人間とのインタフェースの標準とすることを狙っています。その結果として、スマートホーム市場における自社のプレゼンスを高めることを目論んでいるのです。

ここで、世界のスマートホーム市場の成長予測を見てみましょう。

 

図表2 スマートホーム市場の成長予測
図表2 スマートホーム市場の成長予測
出典:A.T.カーニー
https://www.atkearney.co.jp/communications-media-technology/the-battle-for-the-smart-home



コンサルティング会社のA.T.カーニーによると、2015年に140億米ドルの規模だった世界全体のスマートホーム市場は、2025年には2630億米ドル、2030年には4050億米ドルまで成長すると予測されています。ざっと40兆円以上の市場です。いかに有望視されているかが分かります。

また、図表2のグラフを見ると分かる通り、A.T.カーニーでは、利用目的(提供価値)別に、以下の5つのカテゴリに分類して市場予測しています。

(1)ホームセキュリティ
(2)エネルギーマネジメント
(3)快適&利便性
(4)健康維持と増進
(5)エンターテイメント(映像・音楽など)

上記カテゴリのうち、日本とは治安の異なる欧米では、ホームセキュリティ分野からスマートホーム市場が広がっています。

また、アメリカでは2014年に、日本より一足先に販売されたアマゾンのスマートスピーカーが4000万台以上販売された、という報道もありました。

このような状況を見ると、「日本でもこれから本格的にスマートホーム市場が立ち上がっていくのだろう」と期待する方もいるでしょう。

一方で、スマートホーム構想は、提唱されてから30年以上も経過しており、正直なところ、目新しい概念ではありません。実際、スマートホームと聞いて、「またか」と思われた方も多いはずです。

今回のスマートホーム市場への各社の参入が、我が国においても本格的な普及・定着へと続くものか見極めるためにも、まずは、スマートホーム構想のこれまでの流れを確認してみましょう。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

caso1804
ted1804
palo1804

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_b
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます