企業ネットワーク最前線

【LPWAフェスタ】Sigfox、LoRaWANは離陸フェーズに 関心集めた“日本発”の新LPWA規格

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.10.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SigfoxやLoRaWANのビジネスの本格化や新たな技術規格の登場で、注目を集めるLPWA。その技術、製品・ソリューションが一堂に会す専門イベント「LPWAフェスタ2017」が開催された。LPWAの新たな動きをレポートする。

 
高い省電力性と広域のエリアカバーを特徴とするIoT無線技術LPWA(Low Power Wide Area)にフォーカスした展示・セミナーイベント「LPWAフェスタ2017」(主催:リックテレコム)が、2017年9月29日、東京・御茶ノ水のソラシティカンファレンスセンターで開催された。

LPWAでは、先行するSigfoxやLoRaWANのビジネスが本格化、新たな技術規格も続々と登場し、動きが活発になってきている。LPWAフェスタ2017は、こうした多彩なLPWA技術、関連商品・ソリューションに直接触れられる場として、活用を検討している企業・自治体やビジネスを推進するアプリケーションベンダー、SIerなどを対象に開かれた。

フェスタでは、LPWAの技術・ビジネスをテーマに計10セッションのセミナーが行われ、21社のブースでは最新の製品・ソリューションが紹介された。

セミナーの様子
セミナーの様子


ソニーのLPWAサービスは2018年スタート技術・ビジネスセミナーで特に注目度が高かったテーマの1つに、ソニーセミコンダクタソリューションズのセッションで紹介されたソニーの独自LPWA(正式名称は未定)が挙げられる。ソニーの新LPWAはSigfoxやLoRaWANと同じくサブGHz帯の免許不要帯域(日本では920MHz帯)を利用する無線技術だが、ソニーが培ってきたデジタル信号処理、省電力GPS、チューナーなどの技術を活かし、既存のLPWA技術を大きく上回る見通で、100km超の長距離伝送を可能にした点が最大の特徴となっている。

1日2回程度の通信であればボタン電池1個で1年以上稼働可能な低消費電力性、時速100km以上で走行中の車からでもデータを送れる移動性能、都市部でも使える耐ノイズ性能も、セールスポイントだ。

ソニーセミコンダクタソリューションズでは、ソニーがネットワーク設備を構築し、通信サービスとしてユーザーに提供する「パブリック型」と、サービスエリアの外でもユーザーが受信機(基地局)を設置して自営網として運用できるようにする「プライベート型」の2つの提供形態を検討しているという。事業化時期については「来年の立ち上げになると思う」とした。

ソニーでは新LPWAの長距離伝送・省電力性能を活かして、登山者やスキー客などの見守りや、ボートなど海上の安全確保、ライドシェアの自転車の管理、ドローン遠隔操作などのユースケースを想定している。

ソニーセミコンダクタソリューションズのブースには、同社が利用を検討している企業に提供しているPoC用の試験端末や、日本システムウエアのIoTクラウドプラットフォーム「Toami(トアミ)」と新LPWAを連携させて実現した、登山者見守り、気象監視などのアプリケーションが出展されていた。

ソニーの新LPWAのPoC(実証試験)用端末。右側は外付けセンサーの接続が可能なタイプ
ソニーの新LPWAのPoC(実証試験)用端末。右側は外付けセンサーの接続が可能なタイプ


 
もう1つ“日本発”の新たなLPWA規格として関心を集めたものに、スカイリー・ネットワークスのセッションで紹介された「SkWAN」がある

SkWANはスカイリー・ネットワークスが開発したLPWA技術で、①TDMAや周波数ホッピングなどの活用による高い干渉回避性能、②1基地局で6000台以上の子機を収容可能とする高い拡張性、③産業レベルのセキュリティ性能が大きな特徴としている。「LPWAの普及に伴い920MHz帯の免許不要帯域が混雑するリスクがある。SkWANはその解決策になり得る」という。

SkWANはMAC層以上のプロトコル・スタックを規定しており、LoRaWANの無線伝送方式のLoRa、WiSUNやZigBeeで使われているIEEE802.15.4gなど、様々な無線規格(物理層)の上に実装することができる。スカイリー・ネットワークスでは、中でも直接拡散方式(DSSS)を利用する新しい無線規格「IEEE802.15.4k」と組み合わせることで極めて高い妨害波耐性を持つLPWAシステムを実現できると見ており、IEEE802.15.4k対応の無線LSIを製品化しているラピスセミコンダクタなどと協力して普及を目指していく考えだ。

IEEE802.15.4kとSigfoxに対応するラピスセミコンダクターの無線LSI
IEEE802.15.4kとSigfoxに対応するラピスセミコンダクタの無線LSI

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます