ICT×未来

[シリーズ]FUTURE NETWORK 第5回

AIがネットワーク運用の司令塔に――健康診断から応急処置まで自動化

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.07.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

人手では見つけることが困難なネットワークの問題をAIが検知して治す――。ネットワークの自律的な運用を可能にする技術開発が進んでいる。早ければ今年にも実用化に向けた動きが始まりそうだ。

2018年までの実用化めざす川原氏のグループでは「監視」「分析」「制御・復旧」の3つのフェーズに分けてネットワークの知能化を図っている。フェーズごとに複数の要素技術を開発しており、図表に示したのはその一例だ。

 

図表 ネットワーク知能化のための技術とその構成要素の一例[画像をクリックで拡大]
図表 ネットワーク知能化のための技術とその構成要素の一例


なかでも、早期の実用化が見込まれているのが「異常検知技術」だ。

ネットワーク機器のログ情報などからネットワークの正常な状態をAIに学ばせたうえで、“いつもと違う”状態が発生したことを検知させるというもの。昨年夏から開発に着手したが、想定以上のスピードで成果が上がっているという。

すでに商用ネットワークのデータを使った検証の段階に入っており、通信トラヒック品質プロジェクトマネージャの髙橋玲氏によれば、「実際のネットワーク運用事例に当てはめても、かなり良い結果が出始めている」ため、「早ければ今年・来年辺りから部分的に使っていくことになる」。実用化の第1ステップが始まろうとしているのだ。

川原氏によれば、研究の鍵はAIへの「データの渡し方」にあるという。

機械学習は単に多くのデータを使えば精度が上がるわけではない。AIが効率的に学習するために、故障や輻輳の発生に関わるメカニズムを解明するのに必要なモデリングや特徴量の抽出を行ったうえで機械学習に適用する。

「長年ネットワークを扱ってきた我々の知識やノウハウがこの学習データ抽出に生かされている」と同氏は話す。言ってみれば、高度な技術を有するオペレーターのノウハウや知識をAIに学ばせるということになる。その技能をより広い範囲で活用できるようになるのだ。

他の要素技術でもアプローチは同じだ。NTTが培った知識・ノウハウを活用して早期の実用化を目指す。

ユーザーの行動モデルも学習もう1つ、研究開発のポイントがある。データ資源の幅を広げることだ。

開発のスタート時点では、機器のログ情報やトラフィック、通信品質など、これまでの人手による運用と同じデータ資源を使っていたが、現在では外部情報の活用に関する研究開発も始めている。例えば、ユーザー行動の情報や気象データだ。

髙橋氏は「本当の意味でプロアクティブな制御をやるには、ネットワークに変化が起きてからでは遅い。外部情報を使えば、それ以前の予兆も検知できる」と話す。

想定している利用シーンの1つが、大規模イベントだ。人が集中してトラフィックの大量発生が予想される場合、その発生エリア・時間推移を予測して、事前に経路制御やリソースの配置変更を行う。

例えばスポーツイベントにおいて、競技の開催場所・時間に応じて人の移動を予測することに加え、ネットワークの使い方も分析・判断の材料にする。競技の開始前はチャット/SNSのメッセージ交換が多く、競技中は動画像の投稿が増えるため上りのトラフィックが増加するといったユーザー行動をモデル化し、プロアクティブ制御に活かしていく考えだ。

スペシャルトピックスPR

yamato1708
yamaha1708
macnica1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます