ニュース

パナソニックR&D戦略説明会「シリコンバレーが強い秘訣をパナに適用する」

文◎唐島明子(編集部) 2017.04.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

パナソニックは2017年4月19日、パナソニックグループのR&D戦略説明会を開催した。説明会には、代表取締役専務の宮部義幸氏とともに、同社のビジネスイノベーションを展開・推進するキーパーソンで元SAPの馬場渉氏も登壇し、今後の戦略について語った。


新規事業開拓へと大きな一歩を踏み出したパナソニックが、2020年に向けてフォーカスする技術分野は、「IoT/ロボティクス領域(人工知能・センシング・UI/UX)」と「エネルギー領域(蓄電・水素)」の2つだ。


パナソニック全社として「IoT/ロボティクス領域」と「エネルギー領域」に注力する

まず、エネルギー領域では、脱化石燃料の社会を目指し、クリーンなエネルギーを作る技術や、今まで化石燃料が担ってきたエネルギーを「蓄える」「運ぶ」などの役割を代替する蓄電技術などにフォーカスする。

またIoT/ロボティクス領域については、「パナソニックにとって最大のチャンスと捉え、しっかりと時代を作っていきたい」(宮部氏)と言う。チャンスである理由は、「私たちが世の中に提供している様々な機器などは、あらゆるものがつながるIoT時代において何らかの影響を受ける」ためだ。


IoT活用の一例。家電からB2Bまで、幅広い分野でパナソニックはIoTに関わる

なお、IoT/ロボティクス領域に関して宮部氏は、「第三次AIブームの今、AI技術のレベルアップにより様々な分野での適用が拡大している」とも述べる。そのAIの適用拡大に備えるため、新しいトライアルに取り組むとともに、人材育成を進める。

新しいトライアルは、「AIロボティクス家電」「自動運転/コミュータ」「店舗・接客ソリューション」「次世代物流・搬送」「住生活スマート化」などで展開する。例えばAIロボティクス家電では、パナソニックは既にお掃除ロボットを提供しているが、「現在の製品は人間でいうと、手探りで部屋の中を動き回って、ゴミのあるところを掃除している状態。今後はそこに高度なセンサーと知能を付け、より上手に掃除できるものを目指して開発する」(宮部氏)。


AI技術の急速な進展により、様々なシーンでAI活用が広がる

また、自動運転のトライアルなども進めており、小型自動車を試作しながら、そこで必要になる技術に磨きをかけている。2017年3月には、その自動運転プロジェクトの中間マイルストーンとして、一般公道に近い同社構内で試験走行を実施。停車中のクルマを避けて走行するほか、地下などのGPSが届かないエリアでも自律的に走行するという。宮部氏は、「日本でも自動運転の特区ができれば、そこで走行実験も行いたい」と展望を語る。

人材育成では、大阪大学と共同講座を設置し、社内の技術者のAIスキルを養うほか、新卒採用にAI枠を設けている。「今、訪れている第三次AIブームのネイティブ人材に入ってもらいたい。既にAI枠の1期生が、今年の4月から入社した」と宮部氏は説明する。


AI技術者の育成にも取り組む
 
今後、パナソニックのAI技術者は、2~3年後には現状の2~3倍となる300人規模、5年後には1000人規模になる見通しだという。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ロジクール

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ws2017
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます