企業ネットワーク最前線

SIGFOX、世界制覇へ――KCCSにその実力と国内戦略を聞く

文◎唐島明子(編集部) 2017.01.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LPWAの1つとして注目を集めている「SIGFOX」――。2017年2月から東京23区を皮切りに、KCCSが国内でサービスを開始することが明らかになった。魅力はシンプルな技術とグローバル展開力だ。

 

「SIGFOXの力は、スペック比較表では表せない。LoRaWAN、NB-IoTとの違いはそこではない」

こう述べるのは京セラコミュニケーションシステム(KCCS) ICT事業本部 LPWA推進部 副責任者の日比学氏だ。KCCSは2016年11月9日、日本でIoT向け無線ネットワーク「SIGFOX」のサービスを展開すると発表した。

 

京セラコミュニケーションシステム ICT事業本部 LPWA推進部 副責任者の日比学氏
京セラコミュニケーションシステム ICT事業本部 LPWA推進部 副責任者の日比学氏


 

仏シグフォックスが開発したSIGFOXは、LPWA(Low Power Wide Area)の1つだ。そんなSIGFOXのスペックは、「1日の最大送信回数は140回、送信データのサイズは最大12バイトまで」であり、他のLPWAと単純に数値で比較すると見劣りする。しかし、要件さえマッチすれば、非常に効果的なネットワークなのだ。

フランス、スペイン、イギリス、ドイツ、オランダ、米国など、SIGFOXはすでに24カ国でサービス展開されており、日本が25カ国目。IoTの取り組みが進むにつれ、日本でもサービス開始を待ち望む声が高まっていた。

送信可能データは最大12バイトSIGFOXの技術的な特徴は、極めてシンプルな通信方式であること。通信方向は、センサーなどのIoTデバイス側からSIGFOX基地局へ向かう上りのみの一歩通行で、デバイスがデータを発信すると、その電波を受けられる基地局全てがデータを受信する。

また、回線速度はLPWAの中でも圧倒的に低速な100bpsであり、扱えるデータサイズは前述のとおり最大12バイト。こうしたスペックだけを並べていくと、SIGFOXの性能はやや心もとない。

しかし、例えばGPSの位置情報は8バイトで送信可能。その他にも温度や照度、エネルギー消費指標など、一般的なセンサーデータを送るのであれば12バイトで十分だ。しかもシンプルさを追求した分、通信モジュールや通信料金などのコストは抑えられており、使い方次第ではあるがバッテリーはボタン電池で5年はゆうに持つ。

「売り切り」タイプの商品もSIGFOXの通信料金は、1日あたりの通信回数と契約デバイス(回線)数で決まる。通信回数が少なくて契約デバイス数が多いと単価は安くなり、回数が多くてデバイス数が少ないと単価は高くなるといった具合だ。

KCCSが計画している料金体系の例は、①1日の通信が50回以下で契約デバイスが数万台のときは年1000円以下、②1日2回以下で100万台以上のときは年100円前後など。最も利用されるであろう価格帯は、①になるとKCCSは考えている。

あるMVNOは、法人向けIoTネットワークとして3G/LTEを提供しているが、最も安い通信料金プランでも月500円弱で、年額に換算すると約6000円だ。その場合の回線速度は200kbpsとSIGFOXの2000倍だが、たかがセンサーデータを送信する程度であれば、それほど速度は必要ない。

通信料金が桁違いに安いSIGFOXのネットワークであれば、「センサーと通信モジュールを搭載し、さらに3年分の通信料金込みでトータル3000円」のような商品を作れる。家電量販店やコンビニの店頭に並んでいる商品に通信サービスを付け、それを「売り切り」タイプの商品として販売することが可能になる。

「一例として、電動自転車にGPSと通信モジュールを付け、1日に1回通信するだけの盗難防止サービスなどが考えられるが、通信料金を毎月請求するのではなく、その料金を含んだ形で電動自転車を販売するといった方法も考えられる。通信サービスの売り方を根本から変革し、ビジネスモデルを変える可能性がある」と日比氏は説明する。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha1709
uniadex1709
yamaha1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
次世代SPS2017_B

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます