キーパーソンが語る

EMMは次に「UC」を統合する――レコモット東郷CEOが語る

構成◎太田智晴(編集部) 2017.01.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レコモット 代表取締役 CEO
東郷剛氏

企業がモバイルを安全に活用するために必要なツールを統合的に提供する「EMM」。レコモットの東郷社長は、EMMの次なる進化のポイントは「モバイルユニファイドコミュニケーションだ」と予見する。

3年でID数を4~5倍に――EMM市場は今後も拡大が続く見込みですが、当面の目標を教えてください。

東郷 向こう3年間でmoconaviのユーザー数を今の4~5倍、100万ID近くに持っていきたいと考えています。

moconaviの導入企業は、これまではメガバンクなどの大手企業がほとんど。中小企業については、ほぼノータッチでしたが、大手企業だけでは100万という目標には到達できません。

そこで、従来は大手企業に強いパートナーが中心でしたが、これからは中堅・中小企業に強い代理店を増やし、マーケットの拡大を図る考えです。

――目標達成に向けて、課題はありますか。

東郷 もしかすると一番の課題は、moconaviが、何でも出来てしまうことかもしれません。

例えば、ビジネスチャットが欲しいユーザーには「ビジネスチャットです」、UCのユーザーには「クラウドアドレス帳です」と言ったほうが今は間違いなく売れるのです。

――UCも統合された新時代のEMMをどうアピールしていくかという課題ですね。

東郷 そうです。MAMとして売るのは難しくありませんが、ビジネスチャットやUCといった新しい側面をどう上手に伝えていくのか。それが、これからのチャレンジです。

著者プロフィール

東郷剛(とうごう・つよし)氏

国産ソフトウェアベンダでマーケティング職に従事ののち、複数のベンチャー企業立ち上げ携わる。2006年にレコモットを立ち上げ、2008年にモバイルソリューション「moconavi(モコナビ)」をリリース。メガバンクや通信キャリアなど多数の導入実績を有する

スペシャルトピックスPR

NECsi201611
ゼンハイザー201612
ソナス201612

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ICT業界 未来予測2017
         10の変革シナリオ

 LPWAでスマートシティ元年 / IoTが“シェアリング”を加速
 社会基盤を「人質」に身代金 / モバイルで進む放送と通信の融合
 ビデオがX-Techの名脇役 / PBX業界のデジタル破壊始まる   他

【インタビュー】総務省 総合通信基盤局長 富永昌彦氏<MVNOの接続料をさらに低廉化 つながるクルマがIoTの“先兵”>

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot08
ngn2016
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます