キーパーソンが語る

EMMは次に「UC」を統合する――レコモット東郷CEOが語る

構成◎太田智晴(編集部) 2017.01.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レコモット 代表取締役 CEO
東郷剛氏

企業がモバイルを安全に活用するために必要なツールを統合的に提供する「EMM」。レコモットの東郷社長は、EMMの次なる進化のポイントは「モバイルユニファイドコミュニケーションだ」と予見する。

電話もチャットも統合――これからEMMはどう進化していくと見ていますか。

東郷 EMMは、MDM、MAM、MCM(モバイルコンテンツ管理)の3つの要素で構成されると一般的に考えられています。moconaviはMDMを選ばない「分離型EMM」なので、MDMベンダーなどの「MDM一体型EMM」と一緒に導入されるケースも非常に多いのですが、今後はEMMの概念自体が再定義されることになるだろうと見ています。

まずMCMは対象範囲も狭く、EMMの概念から外れることになるでしょう。MCMの機能はMAMに吸収されると考えています。一方、EMMの1要素として今後入ってくるのが、ビジネスコミュニケーションの機能です。

3文字略語にすると、例えば、MUC(モバイルユニファイドコミュニケーション)となるでしょうか。

――電話やWeb会議、チャットなどのリアルタイムコミュニケーション機能もEMMに統合されていくと。

東郷 そうです。実際、我々はすでにシスコやNECのIP-PBX、携帯キャリアのスマホ内線サービスなどとの連携を実現しており、アドレス帳や通話履歴などのデータを端末に一切残すことなく、moconaviのアプリから安全に発着信管理などの電話管理ができるようになっています。

さらに9月からはビジネスチャット機能も追加しました。我々がユニークな点は、moconaviのアプリ同士でチャットが行えるだけではなく、Skype for Business(SfB)のクライアントとしても動作予定なことです。

SfBをスマートデバイスで利用する際の課題は、チャットの履歴や添付ファイルのデータが端末に残ってしまうことです。しかし、moconaviをSfBのクライアントとして使えば、端末にデータを残さず、安全に利用できます。シスコのSparkなど、SfB以外のビジネスチャットにも対応していく計画です。

――EMMにUCが統合されていく将来を見越し、先駆けて取り組んでいるわけですね。

東郷 電話やチャットのようなリアルタイムコミュニケーションをEMMに統合していくことは、利便性と管理性の両面で多大なメリットをもたらします。ユーザーはmoconaviだけで必要な業務アプリすべてを安全に利用可能になるし、管理者はmoconaviのアプリを従業員に配布するだけで済むようになるからです。

業務系アプリケーションとリアルタイムコミュニケーションの融合は、実はmoconaviの開発当初からあったコンセプトです。そもそも製品名自体が「Mobile Communication Navigator」の略で、「常に携帯しているモバイルデバイスを使って、いろいろなコミュニケーションをナビゲートしていく」という思いから名付けています。

また、当社は元々フィーチャーフォン向けチャットや音声会議アプリの開発などを行っていた経緯から、音声系の知見を豊富に持っており、これも他のEMMベンダーより先行できている理由として挙げられます。

著者プロフィール

東郷剛(とうごう・つよし)氏

国産ソフトウェアベンダでマーケティング職に従事ののち、複数のベンチャー企業立ち上げ携わる。2006年にレコモットを立ち上げ、2008年にモバイルソリューション「moconavi(モコナビ)」をリリース。メガバンクや通信キャリアなど多数の導入実績を有する

スペシャルトピックスPR

uniadex1709
nec1707
emc

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティングの全貌
<Part 1>いま大注目のエッジとは? <Part 2>工場で始まったエッジ革命
<Part 3>シスコ事例にみる使い方と実装方法
<Part 4>ドコモが考えるエッジコンピューティング

● [インタビュー]大阪大学教授 三瓶政一氏「5Gは4Gまでとは根本的に違う」 ●基礎から学ぶ「CASB」 ●ビデオ会議で注目の「ハドルルーム」 ● Bluetooth meshで大規模IoT ●NTTコム、eSIM実験の狙い ●自律走行型ロボットで働き方改革

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
IIJグローバルソリューションズ

スペシャルトピックス

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます