ニュース

東京電力がIoTに最適化した電力提供に向け取り組みを強化

文◎村上麻里子(編集部) 2016.08.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

東京電力エナジーパートナーではもう1つの取り組みとして、ソニーモバイルコミュニケーションズとスマートホーム分野におけるIoTを活用したサービスに関する基本合意書を締結、業務提携の検討を開始した。

 ソニーモバイルの双方向コミュニケーションを可能にする商品や通信技術、わかりやすいUIのデザイン、サービス・ソリューション構築のノウハウと、東京電 力エナジーパートナーの顧客基盤、HEMSを含む電気使用に関する技術やノウハウを組み合わせることで、利用者のライフスタイルに合わせたサービスの企 画・開発を行い、フィールドトライアルなどの検証、業務提携の契約締結を経て、来年以降にサービスの開始を目指すとしている。

検討を開始したばかりで詳細については未定だが、スマートホームというと高齢者や子供、ペットなどの見守りサービスなどが想定される。

これに対し、東京電力エナジーパートナー商品開発室インキュべーションラボグループマネージャーの竹村和純氏は「個々のサービスを提供するよりも、IoTの活用で生活そのものが快適になり、見守りサービスが不要になるような環境作りに取り組みたい」と抱負を語った。

 
 東京電力エナジーパートナー商品開発室インキュべーションラボグループマネージャーの竹村和純氏

 また、スマートホームはHEMSなど技術的な検討はかなり進んでいるにも関わらず、家庭への普及はあまり進んでいない。この点について竹村氏は「エネル ギーの最適利用やエコといったお題目だけでは実際に使ってみようという状況には至らない。お客様に興味を持っていただけるような訴求ができていないのが原 因ではないか」と指摘。「購入を決断してもらうには、物が格好いい、新しい体験ができそう、他人に自慢できるといった要素が非常に重要。そうした価値観を ソニーは訴求し続けてきた企業」と述べ、ソニーモバイルと組むことへの期待感を説明した。

スペシャルトピックスPR

yamaha1708
macnica1708
nokia1708

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ET展

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます