新製品&新サービス

シスコの新製品は“タイムマシン”? ―― 過去から現在までデータセンター内のすべてを見える化

文◎坪田弘樹(編集部) 2016.07.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズがデータセンターネットワークの全パケット、フロー、帯域利用状況等を可視化する新製品を発表した。Nexus 9000スイッチをセンサーとして用いてデータを収集、分析することで、過去に遡って障害原因を調査したり、アプリケーションの性能劣化を起こすボトルネックを特定することが容易に行えるようになるという。

●ポリシー設定の自動化まで ―― 4つのユースケース

このように収集・分析したデータの活用法については、シスコでは4つのユースケースを想定している。

1つはアプリケーションの可視化だ。複数のアプリ同士の依存性を調査するほか、分析結果から自動的に運用ポリシーを生成し、シスコが提供しているインフラ管理自動化ソリューション「Cisco ACI(Application Centric Infrastructure)」と連動して、そのポリシーを自動的に適用するといったことも可能になるという。


アプリケーション可視化のイメージ


2つ目はアプリケーションの遅延モニタリング。パフォーマンスの劣化などが発生した際に、その傾向を把握したり、原因の特定を行う。3つ目はフォレンジックスだ。前述のように、時間を遡って調査を行う。



アプリケーションモニタリング/フォレンジックスの活用イメージ


最後は、コンプライアンス管理と、ポリシー適用時のシミュレーションである。ポリシーに沿わないトラフィックや、通常は通信するはずのないアプリ同士がデータを交換しているといった異常な振る舞いを検知する。また、新たに作成したポリシーを適用した場合に、インフラにどのような影響が及ぶのかを事前にシミュレーションする機能も備える。

現在のデータセンターは“ブラックボックス”
さて、こうしたデータ収集・可視化、分析の仕組みは、他のベンダーからもさまざまな製品が提供されており、もちろん、データさえ収集しておけば、これまでの環境でも同じようなことは可能だ。ただし、サーバー/ストレージ、ネットワーク、アプリケーションのそれぞれで運用担当者と管理手法は異なるため、障害の調査、原因特定、そして対策には膨大な人手とコスト、時間がかかってしまう。

バドワージ氏は、「現在のデータセンターはブラックボックスと化しており、しかも巨大化している。可視性が不足していることが大きな問題だ」と話す。多くのアプリケーションが稼働しているため、どのアプリとどのアプリに依存性があるのか、どこにボトルネックがあるのかといったことを特定するのは非常に困難な状況だ。

さらに、アプリケーションが稼働する場所が多様化していることが、問題をより複雑なものにしている。オンプレミス環境からプライベートクラウド、パブリッククラウドと、可視化しなければならない対象が多く、それらを組み合わせたハイブリッド構成も増えている。Cisco Tetratiin Analyticsはそれらを包括して可視化することを目的としたソリューションだ。

先に4つのユースケースを示した通り、可視化することによって、セキュリティ対策が脆弱な部分を発見したり、アプリケーションのパフォーマンス劣化を起こすボトルネックを特定することができる。それにより、セキュリティ対策を強化したり、よりコスト効率のよい場所にアプリケーションを移行するといったことも可能になる。また、リスクの高い行為を行っているユーザーを特定し、それを止めさせるといったことも可能だろう。



ヘルスケア、金融、官公庁などですでに導入が進んでいる


すでに北米では、金融や官公庁などでCisco Tetratiin Analyticsが採用されているが、国内でも同様に金融、政府・官公庁、そしてサービス事業者をターゲットに販売する計画だ。シスコシステムズ 執行役員・データセンター/バーチャライゼーション事業担当の藤本司郎氏は、「非常に多くのアプリケーションを持つユーザーに対して提案していく」と方針を述べた。7月末に伊藤忠テクノソリューションズ、日本アイ・ビー・エム、ネットワンシステムズ、ユニアデックスの4社をパートナーとして国内での販売を開始する。

スペシャルトピックスPR

ted1803
aruba1803
daiwa1802

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】働き方改革×デジタルの
   新・教科書

5G+ロボットで遠隔就労/IoT家具で生産性向上/サテライトオフィス/RPAに単純作業はお任せ/音声AIが仕事を変える日

◆ノキア ジョン・ハリントン社長「5Gだけが『次世代』ではない。エンタープライズ市場への参入で拡大戦略」/◆NTTドコモの「トップガン営業」/◆LTE網を汎用ハードとOSSで作る/◆Tモバイルが600MHz帯に5G導入/◆マルチクラウド化の準備を始めよう!◆日立製作所のSD-WAN導入

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

ダイワテクニカルハドルルーム向け高品質テレビ会議
販売店の手軽なプラスワン商材に!

4KとGoogleアシスタント対応
販売価格は破格の約12万5000円!

日本マイクロソフトOffice 365の悩みはオフロードで解決! NIerが教えるNW構築法

Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIer 3社に秘訣を聞いた。

アイキューブドシステムズスマホでOffice 365をセキュアに
MDMには“働き過ぎ防止”機能

端末にデータを残さずブラウザやメーラー等のアプリを利用できる。

マクニカネットワークスセキュリティと生産性向上を両立
モバイル活用に必須のEMMとは?

スマートデバイスの業務利用に本当に必要なのは「EMM」だ。

ネットモーションソフトウェアあらゆる環境で「切れないVPN」

「スマホのアンテナは立っているのにつながらない」。NetMotionなら高速かつ安定した通信が可能だ。

日本制禦機器ついにISDNが終了、コスパ追求しながら光回線へ移行する方法

既存のISDN機器を使い続けながら、毎月の通信料金は今より安く!

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
wsd
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます