企業ネットワーク最前線

我が社が「インターネットVPN」をやめた理由――大日コンサルタントの新ネットワーク選び

文◎太田智晴(編集部) 2016.03.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

従来、インターネットVPNで拠点間ネットワークを構築していた総合建設コンサルタント会社の大日コンサルタント。ルーターの老朽化に伴い、ネットワークの見直しを検討し始めるが、インターネットVPNという選択肢は早い段階で消えていた。BCP、セキュリティ、運用負荷の軽減……。これらを重視した同社は一体、どんな新ネットワークを選んだのか。

「インターネットVPNのままではBCPにもセキュリティにも対応できない」「ネットワーク機器を入れ替えるだけ、という手もありました。しかし、今のご時世を考えると、それは違うだろうと判断しました」

従来、インターネットVPNで拠点間をつないでいた同社。これに利用していたルーターの老朽化に伴い、ネットワークの見直しを検討し始めるが、情報企画グループで専任課長を務める河本隆氏に“現状維持”という選択肢はなかった。

インターネットVPNで拠点間ネットワークを構築してから約7年、同社ではいくつもの課題が顕在化していたからだ。

 

大日コンサルタント
(右から)大日コンサルタント 経営管理本部 企画部長の渡部正樹氏と同本部 企画部 情報企画グループ 専任課長の河本隆氏

 

まずはBCPである。大日コンサルタントでは、本社を起点にしたスター型のネットワーク構成を採用していた。拠点間の通信は、すべて本社を経由するため、本社に障害が起こると全拠点に影響が及んだ。

基幹システムやグループウェアなどのサーバーは、本社オフィスのサーバールームに置かれており、本社につながらなければ利用できない。また、ファイル共有サーバーは本社だけではなく、各拠点にも設置されており、本社に障害が起こると、これらも別の拠点からは利用できない。

セキュリティについても課題があった。総合建設コンサルタントとして、社会資本整備に携わる同社は、多くの行政情報を取り扱っている。こうした重要情報の漏えいは、万が一にも防がなければならないが、インターネットVPNは公衆網を経由する。不安がないわけではなかった。

さらに、インターネットの出入り口にも課題があった。拠点間の通信が本社経由だったのに対し、インターネットには各拠点から直接接続しており、拠点ごとにインターネットセキュリティ対策を行っていた。このためファイアウォールやURLフィルタリングなどの設定は、拠点ごとに個別に行うことが必要。その運用負荷は重く、変更漏れなどのミスも生じやすかった。

「今のインターネットVPNのままでは、BCPについても、セキュリティについても十分な対応ができない。そもそもの考え方を変える必要があると、ネットワーク全体を見直すことを決めたのです」と河本氏は説明する。

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
emc
iot15
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます