導入・選定ガイド

LINE以上、UC未満の“使える”ビジネスチャットの選び方(後編)

失敗しない「ビジネスチャット」の選び方

文◎太田智晴(編集部) 2016.02.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LINEに代表されるコンシューマー向けチャットを業務で使うのは非常にリスキー。そこで導入企業が増えているのが、企業向けの管理・セキュリティ機能などを備えたビジネスチャットだ。しかし、ビジネスチャットの数は非常に多く、どれを選べばいいのか迷いどころ。後編では、ビジネスチャット選びのポイントを整理する。

「スタンプ」の充実度もチェックスタンプで手軽に感情表現できるのは、チャットの長所の1つだ。「イノベーションは、上司・部下の壁を取り払い、フラットな関係で自由に話すことから生まれる」とテンダの中村繁貴氏は話すが、そうした雰囲気づくりにもスタンプは有効である。

「業務上のやりとりにスタンプは……」という企業も少なくないだろうが、そうでなければスタンプの充実度もチェックしたい。テンダのビジネスチャット「TEんWA」の場合、ユーザー企業のブランディングに合ったオリジナルスタンプの作成なども請け負っているという。

TEんWAのスタンプ例
TEんWAのスタンプ例

ビジネス向けの便利機能はあるか?ビジネスチャットの中には、グループチャットやファイル共有といった基本機能以外にも、業務に役立つ機能を備えたものもある。

例えば、ChatWorkやTEんWAなどが備えるのが、タスク/ToDo管理の機能。ビジネスチャット内でタスク/ToDoを共有し、進捗状況などを管理できる。また、TopicRoomは、任意のメッセージを選択し、トピックとして情報をまとめられる機能を搭載している。


外部ユーザーの招待、API連携、オンプレミス対応……最後に、このほかのポイントをまとめて見ていこう。

・外部ユーザーの招待機能
外部のユーザーをゲストとしてチャットに招待できる機能のこと。社外メンバーを含んだプロジェクトなどで便利。

・API連携
ビジネスチャットと外部のアプリケーション/システムを連携させるための機能のこと。例えば、運用監視ツールと連携させ、障害が起こるとチャットにメッセージを自動送信するといった使い方ができる。API連携機能を備えるビジネスチャットは増えてきているが、特にこの点で評価が高いのがSlack。

・オンプレミス対応
ビジネスチャットはクラウドサービスでの提供が主流になっているが、大企業などを中心にオンプレミスで運用したいというニーズもあるだろう。また、最初はクラウドサービスで試し、全社展開する際にオンプレミスで移行したいというニーズもあるだろう。オンプレミスでの運用を考えているなら、その対応状況もチェックポイントになる。

・ベンダーの信頼性
ビジネスチャット市場は群雄割拠の状態にある。また、ビジネスチャットベンダーの中にはスタートアップ企業も少なくない。「せっかく社内に根付いたのに、そのビジネスチャットがサービス停止になってしまった」とならないよう、ベンダーの信頼性にも気を配りたい。


以上、ビジネスチャットの選び方のポイントを紹介してきたが、もう1つ付け加えるとすると、決して機能の○×表だけでは評価しないことだ。

チャットの良さの1つは、そのシンプルさにある。この点を忘れて多機能さばかりに目を奪われれば、自社にマッチしない、あるいは従業員にとって使いにくいビジネスチャットを選びかねない。「やはりUCのほうが……」など、当初の目的と違ったツールを導入するという失敗も起こり得るだろう。

 

>>この記事の読者におすすめのホワイトペーパー
会話でアイデアを磨きあげる。コミュニケーションで新しい人財を育くむ~ビジネスチャットTEんWA~
働き方を変える“ビジネス版LINE” -管理とセキュリティに特化したビジネスチャット-
チャットをビジネスで利用するための5つのポイント ~TopicRoom~

スペシャルトピックスPR

IBM1710
nec1710
ipswitch1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
iot16
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます