企業ネットワーク最前線

【クラレエンジニアリング】構内PHSからiPhoneへMNPで移行、内線が現場で世界でつながる!

文◎太田智晴(編集部) 2016.01.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

構内PHSを現在も利用している企業はかなり多いはずだ。クラレエンジニアリングもその1社だったが今年3月MNPを使って、電話番号はそのままにiPhoneへと移行した。iPhoneを内線化するソリューションには「KDDI ビジネスコールダイレクト」を採用。従来のオフィス内だけではなく、外出先でも内線が利用可能になっている。

「移動中にメールが見られるから、現場に着いたらすぐ作業に入れる」
とはいえ、既存端末の代替としての期待だけだったら、スマートフォンでなくてもよかったかもしれない。クラレエンジニアリングがiPhoneを選んだのは、スマートフォンだから可能なことがあったからである。

例えば、外出先でのメールやスケジューラ、ワークフローなどの利用。わざわざノートPCを開かなくても、スマートフォンなら、すき間時間を有効活用できる。

「2日くらいの出張から帰ってくると、これまではメールや承認などの処理に半日くらいかかっていたんです。でも今は、現場での空き時間や移動中に、iPhoneで急ぎの要件にすぐ対応できたり、だいぶ効率がよくなったと思います」(加藤氏)

また、林氏もこう話す。「ちょっとした時間にiPhoneでメールを確認できますので、移動中に頭の中で段取りを考えておけるようになりました。だから、現場に着いたら、すぐ作業に入れる。これがiPhoneのメリットですかね」

中川氏によると、iPhoneのビデオ通話機能であるFaceTimeも業務に活躍しているそうだ。

「以前からテレビ会議システムを導入しており、現場のタブレットと映像をつないで、施工管理や現場サポートなどに使ってきました。iPhoneでは同様のことが、もっと気軽に行えます」

現在は、ちょっとした現場サポートはiPhone、本格的な確認作業はテレビ会議システムといったように使い分けているという。

実はクラレエンジニアリングでは当初、iPhoneは管理職の社員だけに配布し、一般社員はフィーチャーフォンという案も検討していた。しかし、全員がiPhoneを持っているからこそ、FaceTimeによる現場支援も手軽に行える。また、そもそもICTによる現場力強化を一番必要としているのは、現場にいる時間の長い一般社員たちだ。そこで、正社員全員へのiPhone導入を決断したという経緯があった。


今後は図面や説明書もiPhoneで確認できるようにクラレエンジニアリングでは今後iPhoneの活用をいっそう深化させていきたい考えだ。

「例えばiPhoneを使って、現場で配管状況をチェックできるようになると、すごく便利です」と中川氏。現在はこれを実現するためのソリューションをいろいろと試している最中だというが、「iPhoneの画面は小さいですが結構きちんと見れますし、3Dの設計図もグリグリ動きます」と語る。

 

今後はこんなふうにiPhoneで図面なども確認できるようにしていく計画だという

 

さらに、現場でiPhoneで閲覧するための、動画を活用した取扱説明書や作業手順書など、様々なことを構想しているそうだ。

「今のままでは、まだもったいない。僕らはエンジニアリング会社なので、お客さんにいち早く紹介するためにも、新しい技術をどんどん試していきたいんですよ」と加藤氏は意欲を見せた。

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTと宇宙
<Part 1>衛星画像で超広域IoT
<Part 2>これが未来の衛星通信だ
<Part 3>センチメーター級測位がIoTを変える

◆京セラコミュニケーションシステム 黒瀬社長「Sigfoxで世の中は変わる!セルラーIoTとは別世界だ」 ◆働き方改革で用途広がるPBX/ビジネスホン ◆導入後に困らないWi-Fiを作ろう ◆“タフな無線”でドローン操縦 ◆「IoT自販機」を地域の見守り拠点に

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ET展

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます