企業ネットワーク最前線

シスコのセキュリティ対策の全貌とは?――次世代FWからサンドボックス、認証・検疫まで

文◎太田智晴(編集部) 2015.03.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

数多くのネットワーク製品をポートフォリオに持つシスコ。セキュリティ分野に限っても様々な製品を有しているが、それだけに「全体像が分かりにく」と思っていた人も少なくないだろう。シスコは3月10日、同社のセキュリティソリューションを紹介する記者説明会を開催した。

「業界で最も包括的なアプローチを提供できる」

このようにセキュリティの現状について整理したのに続いて、セキュリティ事業 テクニカルソリューションズアーキテクトの西原敏夫氏が、シスコのセキュリティソリューションを紹介した。


シスコのセキュリティ関連製品のポートフォリオ
シスコのセキュリティ関連製品のポートフォリオ

 

次世代ファイアウォールの「ASA with FirePOWER Service」は、買収したソースファイア社のIPS技術とASAを組み合わせたソリューション。「IPSの運用では、シグネチャのコンフィギュレーションが難しいが、シグネチャを自動でチューニングし、できるだけ誤検知を減らすことができる」(西原氏)のが特徴だという。

また、「ThreatGRID」は、未知のマルウェアを検出するサンドボックス。従来はクラウドサービスとしてのみ提供していたが、先月からオンプレミス版の提供も開始した。

UTMの「Meraki MX」とMDM(モバイルデバイス管理)の「Meraki SM」は買収したメラキ社の製品。機器に対してコマンドラインで設定を行うのではなく、インターネット経由のクラウドベースで機器を一元的に管理するのが特徴だ。

 


WebレピュテーションのWSA/CWS
WebレピュテーションフィルターのWSA/CWS

 

2014年10月以降、Webサイト経由の感染が急激に増えていると桜田氏は指摘したが、Web経由の感染を防ぐためのレピュテーションベースのWebセキュリティソリューションが「WSA/CWS」である。WSA(Cisco Webセキュリティアプライアンス)がオンプレミス用のアプライアンス版、CWS(Cisco クラウドWebセキュリティ)がクラウド版だ。

IPアドレスや地域、ドメインの登録日時などの「状況証拠」(西原氏)から、そのサイトが安全かどうかを判定するという。

 

感染後のマルウェア対策が行えるCisco AMP
感染後のマルウェア対策が行えるCisco AMP


「Cisco AMP」は、マルウェアの侵入後に活躍するアンチマルウェアソリューションだ。複数のファイルに分かれて侵入を試みるなど、マルウェアは高度化し続けているが、侵入を許したマルウェアの早期発見と、被害範囲の特定に役立つ。

まず、端末内のインプット/アウトプット情報のハッシュ値をクラウドに送信。侵入時にはマルウェアだと判定できなくても、その後の動作により、マルウェアを検知できる。

また、その端末がどのようなプロセスでマルウェアに感染したかを辿れるフライトレコーダー機能である「デバイストラジェクトリ」、マルウェアが社内のデバイスにどう拡散していったか、その経路を可視化して被害範囲を特定できる「ファイルトラジェクトリ」という機能も備えている。


シスコのセキュリティソリューションの特徴
シスコのセキュリティソリューションの特徴


シスコは、このように広範なセキュリティ対策ソリューションを有しているが、これらが単体製品が連携し、プラットフォームとして動作するのが大きな特徴の1つだ。

例えば、次世代ファイアウォールのASA with FirePOWER Servicesが、ある端末がC&Cサーバーと通信していることを検知した場合には、認証・検疫ソリューションである「ISE」に通知。ISE側で、感染端末のつながったポートを止めるなどの措置が行えるという。

また、ISEの保持する認証情報をWebセキュリティのWSA/CWSに送り、所属する部署などによって異なるセキュリティポリシーを適用することも可能など、「業界で最も包括的なアプローチだ」と桜田氏はアピールした。

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018a
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます