企業ネットワーク最前線

店舗経営の「課題解決」にiPhoneとGoogle Apps――脱電話とクラウド化で「意思決定は即!」

文◎百瀬崇(ライター)、太田智晴(編集部) 2014.07.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

iPhoneを使って予約状況を確認する
リラクゼーションサロン「ZABOU」の
橋田小織さん

社内連絡と情報共有の円滑化は、店舗ビジネスにとって長年の「共通課題」だ。居酒屋やリラクゼーションサロンなど20店舗を展開するゲイトは、iPhoneとGoogle Apps、Skypeなどを活用することで、この課題を解決。経営スピードの向上に成功している。

Google Appsでシフト管理や日報などをクラウド化

Google Appsには、Gmail以外にも数多くの機能があるが、ゲイトで3本柱として活躍しているのは、Gmail、Googleカレンダー、そしてGoogleドライブのスプレッドシートの3つだという。

Googleカレンダーは、勤務シフトや予約の管理などに活用している。クラウドサービスのため、本社や店舗内からだけではなく、外出先からもiPhoneを使って編集・閲覧できるのが便利な点だ。例えば橋田さんの場合、都内5カ所にあるZABOUの店舗を行き来しているが、いつでもどこでもシフト管理や予約管理などが行えるようになった。

ゲイトでは課題解決に向けて4つのキーワードを挙げていたが、その1つとしてあった「同時編集可能な表計算ソフト」。これを実現しているのが、Googleドライブのスプレッドシート機能だ。

ゲイト社内では、Excelの利用は禁止だ。Googleドライブの利用をルール化しており、クラウド上で最新のファイルをいつでもどこでも同時に編集・閲覧できるようになっている。他の人が編集中のセルは色づけされ、誰がどのセルを現在編集中なのかが分かるそうだ。

Googleドライブの導入効果として大きかったのは、日報などの編集作業にかかる労力が不要になったことだという。以前は、各店舗ごとに売上などを入力し、それを本社スタッフが編集・加工したうえで、FAXまたはメールで送付していた。

それが現在は、各店舗の担当者がGoogleドライブ上のスプレッドシートに入力するだけ。つまり、編集コストがゼロになった。「これだけでもGoogle Appsの導入価値はあるくらい」と五月女氏の顔はほころぶ。

 

Googleドライブのスプレッドシートで作られた「居酒屋日報」 Googleドライブのスプレッドシートで作られた「居酒屋日報」。居酒屋チェーン各店の日次売上や日次営業利益などが一目で分かる。各店舗の店長が日々の業績を入力すると自動計算されて全店の売上や営業利益が表示される仕組みだ



さらにゲイトでは、Google Appsの1機能であるWeb会議サービス「Google+ハングアウト」、iPhone対応のクラウド型マニュアル作成ツール「Teachme」なども活用している。「会社が『こんな使い方もある』と先に先に試してくれるので、どんどんiPhoneが手放せなくなっています」(橋田さん)

 

マニュアルの編集・閲覧にもiPhoneは活躍している マニュアルの編集・閲覧にもiPhoneは活躍している。ZABOUでは、レジの操作方法や電話対応の基本、赤ちゃん連れの顧客への対応方法などのマニュアルがある。iPhoneで写真を撮って、そのあとPCで文章作成。これがZABOUスタッフのマニュアル作成スタイルだという

 

iPhoneとGoogle Appsで「お客様のために使える時間が増加」

「iPhoneは導入したいが、コストがネック」――そう考えている中小企業の方は多いかもしれないが、「中小企業こそ、やるべき」というのが五月女氏の意見だ。

「企業にかかるコストで一番高いのは、普通は人件費です。コミュニケーションが潤滑になると、事業スピードが上がります。事業スピードが上がり、1カ月で倍のことができるようになれば、人件費が半分になると同じことです」

また、ゲイトの場合、通信コストについても、電話中心からテキスト中心のコミュニケーションに変わったことで、むしろ削減できたという。

現場も、iPhoneやGoogle Appsなどの導入効果を強く実感している。

ZABOUのセラピストたちは、支給されたiPhoneを使って、顧客ともコミュニケーションを行っているそうだ。コミュニケーション手段は、電話やメール、LINEなどを顧客に合わせて使い分ける。内容は、施術内容や予約などについてだという。顧客に電話番号などを教えられるのは、会社支給だからこそ。iPhoneの導入によって、「お客様との距離が近くなりました」と橋田さんは言う。

また、麻布十番エリアのZABOU 2店舗を管理する樋口珠恵さんは、次のように導入効果を語っている。

「小さなことでも積み重なれば、かなりの時間になります。そうした時間がiPhoneやGoogle Appsによってスリム化され、お客様のために使える時間の増加につながっていると感じています」

 

ZABOUの樋口珠恵さん(左)と橋田小織さん。「もう手放せない」というiPhoneを手に
ZABOUの樋口珠恵さん(左)と橋田小織さん。「もう手放せない」というiPhoneを手に



取材は別々に行ったが、五月女氏も奇しくも同様のことを話していた。「従業員の無駄なアクションを1つ改善できれば、その分、企業は前進できます。企業はそうやって精度を上げていきながら、強くなっていくのだと思うのです」

中小企業を前進させるためのツール――。それがiPhoneやGoogle Appsなどということだ。

スマートデバイス/クラウド活用事例

スペシャルトピックスPR

softbank1710
recomot1710
IBM1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】セルラーLPWAでGO!
●LTE-MとNB-IoTの違い/●世界のセルラーLPWA商用展開マップ/●注目セルラーLPWA事例 ほか

◆[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 大野友義氏「対話型AIであらゆる生活を革新」 ◆LTEコードレス「sXGP」- 自営PHSから自営LTEへ ◆OTTも参戦!海底ケーブル市場の今 ◆ネットワーク監視ツール ◆働き方改革で拡大する法人スマデバ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_YSL_V810

スペシャルトピックス

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

4~6人程度の会議に最適なロジクールのビデオ会議「MeetUp」とは?

ヤマハ独自の音声処理技術が、臨場感あふれる会議を実現する。

注目が集まるCASBのメリットを活かすには、運用負荷を軽減する仕掛けが不可欠だ!

ヤマトの総合物流ターミナル「羽田クロノゲート」で様々な付加価値!

RADIUS内蔵APとの連携で無線/有線LANの両方でデジタル証明書認証

LPWAネットワークを自ら構築するなら、世界で豊富な実績を誇るキャリアグレードのActilityだ。

業界最高レベルのキャリア/サービスプロバイダ向けルータが登場する。

無線プロトコルスタック「SkWAN」搭載のLPWA基地局なら、1台で最大6400台のエンドデバイスを接続できる!

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ms
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます