企業ネットワーク最前線

【佐藤総合計画】 iPhone 5でワークスタイル変革の「動機づけ」

文◎太田智晴(編集部) 2013.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

東京ビッグサイトなどの設計で知られる組織設計事務所の佐藤総合計画。ワークスタイル変革を推進する同社では、その一環としてiPhone 5を導入した。LTEによる高速通信とテザリング機能で最先端のリアルタイムコミュニケーションが実現するなど、早くも大きな効果が出ているという。

ボトムアップで皆が「ハラオチ」するワークスタイル変革を

佐藤総合計画では主任以上の所員約200名に現在iPhone 5を貸与しているが、これも正解だったという。ほとんどの所員が同じスマートフォンを持つことで、社内のコミュニケーションも非常に活発化したからだ。

「『このアプリは便利だ』『使い方をちょっと教えてくれない?』など、大変にぎやかです。やはり一部の人に配るだけでは活用が広がらない。皆でやってよかったと思っている」(笠井氏)

打ち合わせなどで外出する機会が少ないため、一般所員には共用のiPhone 5を用意するだけで1人1台は貸与していないが、将来的には全員への支給も考えている。そうなれば会社として全員に連絡手段を貸与することになり、当初の主目的の1つだったBCPについても1つの目途が付く。

iPhone 5の使い方に関する情報共有が盛んに行われるなか、業務に貢献するアプリも次々と発掘されているそうだ。例えば、角度を変えて撮影した多数の写真から3Dモデルを作成できるアプリ「123D Catch」。設計の仕事では、模型を使って具体的なイメージをクライアントに伝えることがよくある。この123D Catchを利用すれば、大きな模型を苦労して持ち運ばなくても、iPhoneにより立体でのイメージを伝えられる。


3Dモデルが作成できる「123D Catch」のデモイメージ
3Dモデルを作成できる「123D Catch」のデモイメージ。建築模型を撮影し、クライアントに見てもらうといった使い方を考えているという


また、ビデオ通話アプリの「FaceTime」を使って、建設現場で気になった箇所をオフィスにいる同僚に映像で見せながら話し合うことも可能になる。さらに、様々な建築資材のカタログを電子化し、クラウド上に置いて活用することも考えている。

「iPhoneの一番の良さはやはりアプリだと気付き始めた」という笠井氏。そこで、所員がアプリを紹介し合う「自慢のアプリ合戦」のような場作りも構想中だという。


iPhone 5の導入でグループウェアを閲覧
KDDIが提供するビジネス向けクラウドアプリのパッケージ「ベーシックパック」も利用。リモートワイプなどの機能を備えたスマートデバイス管理サービス「KDDI Smart Mobile Safety Manager」やリモートアクセスサービス「KDDI Flex Remote Access」を活用している。写真はiPhone 5から社内のグループウェアにアクセスしているところ。リモートアクセスの導入により、外出先からもスケジューラや掲示板などを見れるようになった


このようにiPhone 5というワークスタイル変革のための強力な武器を手に入れた佐藤総合計画。さらに今、iPadの導入計画も具体化しつつある。設計図面や模型の立体イメージをクライアントに見てもらうなどの用途には、iPadのほうがさらに効果的だからだ。

佐藤総合計画の働き方改革への取り組みのキーワードは「ボトムアップ」である。若手所員の提言を受けてフィーチャーフォンからスマートフォンへ方針転換したのが良い例だが、時間がかかっても「皆で考えて意見を出し合い、それを会社が認めていく」というのが佐藤総合計画流。ボトムアップにこだわるのは、働き方を本当に変えるためには所員1人ひとりの納得が大事だと考えているためだ。笠井氏は「ハラオチ」(腹に落ちるの意)と表現する。

ワークスタイル変革の取り組みは多くの企業で進行中だが、残念ながら単なる掛け声にとどまっているケースも少なくないだろう。しかし、全員が深く納得して臨むことができれば、確実に働き方は変わっていくはずだ。

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
yamato1703

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ヤマハWLX402

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます