企業ネットワーク最前線

【佐藤総合計画】 iPhone 5でワークスタイル変革の「動機づけ」

文◎太田智晴(編集部) 2013.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

東京ビッグサイトなどの設計で知られる組織設計事務所の佐藤総合計画。ワークスタイル変革を推進する同社では、その一環としてiPhone 5を導入した。LTEによる高速通信とテザリング機能で最先端のリアルタイムコミュニケーションが実現するなど、早くも大きな効果が出ているという。

ボトムアップで皆が「ハラオチ」するワークスタイル変革を

佐藤総合計画では主任以上の所員約200名に現在iPhone 5を貸与しているが、これも正解だったという。ほとんどの所員が同じスマートフォンを持つことで、社内のコミュニケーションも非常に活発化したからだ。

「『このアプリは便利だ』『使い方をちょっと教えてくれない?』など、大変にぎやかです。やはり一部の人に配るだけでは活用が広がらない。皆でやってよかったと思っている」(笠井氏)

打ち合わせなどで外出する機会が少ないため、一般所員には共用のiPhone 5を用意するだけで1人1台は貸与していないが、将来的には全員への支給も考えている。そうなれば会社として全員に連絡手段を貸与することになり、当初の主目的の1つだったBCPについても1つの目途が付く。

iPhone 5の使い方に関する情報共有が盛んに行われるなか、業務に貢献するアプリも次々と発掘されているそうだ。例えば、角度を変えて撮影した多数の写真から3Dモデルを作成できるアプリ「123D Catch」。設計の仕事では、模型を使って具体的なイメージをクライアントに伝えることがよくある。この123D Catchを利用すれば、大きな模型を苦労して持ち運ばなくても、iPhoneにより立体でのイメージを伝えられる。


3Dモデルが作成できる「123D Catch」のデモイメージ
3Dモデルを作成できる「123D Catch」のデモイメージ。建築模型を撮影し、クライアントに見てもらうといった使い方を考えているという


また、ビデオ通話アプリの「FaceTime」を使って、建設現場で気になった箇所をオフィスにいる同僚に映像で見せながら話し合うことも可能になる。さらに、様々な建築資材のカタログを電子化し、クラウド上に置いて活用することも考えている。

「iPhoneの一番の良さはやはりアプリだと気付き始めた」という笠井氏。そこで、所員がアプリを紹介し合う「自慢のアプリ合戦」のような場作りも構想中だという。


iPhone 5の導入でグループウェアを閲覧
KDDIが提供するビジネス向けクラウドアプリのパッケージ「ベーシックパック」も利用。リモートワイプなどの機能を備えたスマートデバイス管理サービス「KDDI Smart Mobile Safety Manager」やリモートアクセスサービス「KDDI Flex Remote Access」を活用している。写真はiPhone 5から社内のグループウェアにアクセスしているところ。リモートアクセスの導入により、外出先からもスケジューラや掲示板などを見れるようになった


このようにiPhone 5というワークスタイル変革のための強力な武器を手に入れた佐藤総合計画。さらに今、iPadの導入計画も具体化しつつある。設計図面や模型の立体イメージをクライアントに見てもらうなどの用途には、iPadのほうがさらに効果的だからだ。

佐藤総合計画の働き方改革への取り組みのキーワードは「ボトムアップ」である。若手所員の提言を受けてフィーチャーフォンからスマートフォンへ方針転換したのが良い例だが、時間がかかっても「皆で考えて意見を出し合い、それを会社が認めていく」というのが佐藤総合計画流。ボトムアップにこだわるのは、働き方を本当に変えるためには所員1人ひとりの納得が大事だと考えているためだ。笠井氏は「ハラオチ」(腹に落ちるの意)と表現する。

ワークスタイル変革の取り組みは多くの企業で進行中だが、残念ながら単なる掛け声にとどまっているケースも少なくないだろう。しかし、全員が深く納得して臨むことができれば、確実に働き方は変わっていくはずだ。

スペシャルトピックスPR

hpearuba1711
watchguard1711
watchguard1712

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018b
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます