企業ネットワーク最前線

【佐藤総合計画】 iPhone 5でワークスタイル変革の「動機づけ」

文◎太田智晴(編集部) 2013.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

東京ビッグサイトなどの設計で知られる組織設計事務所の佐藤総合計画。ワークスタイル変革を推進する同社では、その一環としてiPhone 5を導入した。LTEによる高速通信とテザリング機能で最先端のリアルタイムコミュニケーションが実現するなど、早くも大きな効果が出ているという。

iPhone 5でモチベーションアップ

携帯キャリアはどこがいいのか、AndroidかそれともiPhoneなのか――。電話検討委員会ではかなり入念に検討を行ったというが、最終的にKDDIを選択したのは通信エリアの広さや料金などが大きかったという。

佐藤総合計画は、北海道から九州まで全国各地の公共建築を手がけている。このため通信エリアの広さは、とても大切な選定基準になる。実は同社は3~4年前にも一度、会社支給を真剣に検討しており、あるキャリアの携帯電話の採用でほぼ決定していた。だが直前になって、ある地域ではつながりにくいことがそのエリアの支社からの声で分かり、結局そのときは導入自体を取りやめていた。

また、料金もKDDIの提案が最もリーズナブルだったという。今回同社は、法人向けIP電話サービス「KDDI 光ダイレクト」、au携帯とKDDIの固定電話間が定額になる「ビジネス通話定額」、固定サービス等とのセット利用でスマートフォンの月額料金が割引になる「スマートバリュー for Business」もあわせて導入しているが、これらもコスト面で大いに効いた。


総務室の小池大輔氏を中心にまとめられた各キャリアの比較表。料金やサービスなどが徹底的に比較されている
総務室の小池大輔氏を中心にまとめられた各キャリアの比較表。料金やサービスなどが徹底的に比較されている


「運用面を考えて端末は統一することにした」(総務室の小池大輔氏)ため、AndroidとiPhoneのどちらにするかは、所員による投票で決めた。本社内の大会議室に所員を集めて実施した投票の結果は2対1でiPhone。当時、最新機種だったiPhone 4Sに決定するが、また直前で波乱が起こる。iPhone 5が発表されたためだ。

電話検討委員会の中では「iPhone 4Sのままでいいのでは」という意見も多かったという。それをiPhone 5に覆したのは取締役たちだった。「『本当にいいですか、値段は上がりますよ』と言ったのですが、そこは我々の取締役は偉くて、『所員のモチベーションが違ってくるだろ』と」――。経営陣は、世界で最も人気のある最新スマートフォンを貸与することによる“やる気アップ”を期待したのである。

また、iPhone 5への変更は、さらに別の大きな効果ももたらすことになった。LTEとテザリングである。


佐藤総合計画 執行役員 社長室長 笠井隆司氏 同 総務室 小池大輔氏
佐藤総合計画 執行役員 社長室長 笠井隆司氏 同 総務室 小池大輔氏

「LTEは速度が全然違う」、テザリングでWi-Fiルーターが不要に

KDDIのiPhone 5は、受信時最大75Mbpsのモバイルデータ通信サービス「au 4G LTE」、そして発売当初からテザリング機能に対応している。

佐藤総合計画のクライアントは全国各地に広がるため出張の機会が頻繁で、またやりとりするメールの多くには大容量のCADデータが添付されている。つまり、高速大容量のモバイルデータ通信サービスに対するニーズが大変高いが、その要望にLTEとテザリング機能が応えた。

以前は個人でモバイルWi-Fiルーターを契約して使っていた所員も多かったそうだが、iPhone 5でテザリング機能が使えるようになって、個人契約のほうを解約する所員が続出しているという。笠井氏もその1人だ。「もったいないから解約したというより、むしろ遅いから要らない。LTEは速度が全然違う」とその理由を語る。

スペシャルトピックスPR

nttsoft201701
recomot201701
ゼンハイザー201701

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】AI・IoT・ARで《超》働き方改革
     <Part1> AI・チャットボットが社員の“相棒”
     <Part2> IoTで脱・ブラック職場
     <Part3> AR/VR/MRによる働き方改革のインパクト

●[インタビュー]ジュニパーネットワークス 社長 古屋知弘氏
●[ビジネス最前線]4つのLPWAでIoTの新市場を拓くKDDI
●[技術&トレンド]電話局を変革するCORDとは何か?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
ウォッチガード

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobeiot10
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます