導入・選定ガイド

基礎から学ぶ「MDM(モバイルデバイス管理)ツール」の選び方

文◎坪田弘樹(編集部) 2011.10.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

企業がスマートフォン/タブレットを活用するうえで、必須の管理ツールとなるのがMDM(Mobile Device Management)だ。今年に入って急速に充実してきたMDMの基本機能や仕組み、選択におけるポイントなどをレポートする。

トレンドはマルチOS対応

iOSとAndroidの管理機能の差、そしてMDMの仕組みの違いにより、従来はiOSかAndroidのどちらかに対応したMDMがほとんどだった。だが、現在は、iOS用のMDMがAndroidを、Android用MDMがiOSをサポートする動きが加速している。

複数OSの端末を同一の管理コンソールから一元管理できる利点は、あえて説明するまでもないだろう。国内では最も早くiOS用のMDMサービス「CLOMO MDM」を2010年11月から提供開始したアイキューブドシステムズは、今年6月にAndroidに正式対応。いち早くマルチOSサポートを実現した。

同社・マーケティング本部の深野慧甫マネージャーは「iOSに比べるとAndroid向けの管理機能はまだ限られるのが現状だが、それでもお客様からのAndroid対応の要望は強い。マルチOS対応は大きな強みになっている」と話す。CLOMO MDMは、稼動端末数がすでに2万台に達しているが、「ほぼすべてがiOSのユーザー。Android端末の導入が本格化する今後は、非常に楽しみ」という。

マルチOS対応のMDMとしては他に、モバイルアイアン・ジャパンの「MobileIron Virtual Smartphone Management Platform(VSP)」がある。同社は2010年にiOS端末向けのMDMを提供開始。iOS/Androidに加え、BlackBerryやWindows Phone等も含めたマルチプラットフォーム対応を進めている。


モバイルアイアン
モバイルアイアン・ジャパンのMDMの管理画面。iOS、Android、BlackBerry、Windows Mobileと、複数OSの端末を一元管理できるのが特徴。MDMではこのように、多くの端末を一覧で管理できるほか、個々の端末の詳細情報も遠隔から確認できる。ポリシーに違反した端末は赤字で表示され、右側の詳細画面では、その違反した原因を確認できる。この画面では、TwitterをインストールしたiPadが(画面右下に赤く表示)、違反端末と判別されている


同社・シニアセールスマネージャーの竹内浩氏は、スマートデバイス導入の課題について「端末の数、OSの種類が増えるだけでなく、たった数年でOSシェアがガラっと変わる現状が、企業の対応を難しくしている」と話す。iOSとAndroidは市場を席巻する勢いを示しているが、今後どのように推移していくかは誰にも確たる予測はできない。OSの趨勢が変わったとしても「柔軟に対応できるマルチOSのサポート体制を作ることが、IT管理部門の役割になっている」のだ。

Windows PCも統合管理
企業が利用する各種のモバイル端末を一元管理する統合プラットフォーム。これがMDMの今後の方向性となりそうだ。富士通BSCもそのための開発を進めている。

富士通BSCのFENCE-Mobile RemoteManagerはAndroid端末をサポートしているが、今秋にもiOS端末とWindows PC(XP以降)に対応する予定。前述したように、MDMサーバーからのコマンド伝達にSMSを用いているため、通信モジュール等を内蔵しているPCであれば、iOSやAndroid端末と同様の仕組みで管理できる。

同社は従来、PC向けの各種セキュリティソリューション「FENCEシリーズ」を提供してきており、例えば保険外交員などのノートPCを活用してきた業種で、Windowsタブレットへの置換えが進んでいるという。パッケージ&サービス本部サービス事業部アウトソーシング部の新谷剛担当部長は「営業プレゼンを行う業種などを中心に、富士通のWindows 7タブレットの商談が増えている。AndroidやiOSと一緒に管理したいという要望は当然多くなる」と話す。

以上、MDMの基本と選択のポイントについて本稿では解説した。

スペシャルトピックスPR

atmark1712
yamaha1710
softbank1710

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】つながるクルマが「移動」を変える
     モビリティIoT革命


◆[インタビュー]シスコ鈴木専務「IoTの幻滅期をいち早く経験したシスコは他社の1年先を行く」 ◆920MHz帯“大混雑時代”の対応策に ◆LPWAで地域活性化に挑む藤枝市 ◆handyがホテルの客室電話を変える ◆ネットワークセキュリティの新常識 ◆IoTルーター/ゲートウェイの最新トレンド

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
日本IBM

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション201712
wj2018
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます