無線LAN

新着記事

新「Wi-Fi Vantage」で公衆無線LANの混雑を最大30%緩和

公衆無線LANの混雑を最大で3割も緩和できる可能性を持つ「Wi-Fi Vantage」のトライアルが東京・渋谷で実施された。商用化されれば、公衆無線LANでVoIPも円滑に使えるようになる。

[2018.05.01]

サイレックス、36カ国でそのまま使える産業IoT向け無線LAN APを発売

[2018.04.23]

ヤマハ初のトライバンド対応無線LAN AP、最大150台が接続可能で卓上設置も

[2018.04.04]

記事一覧

新「Wi-Fi Vantage」で公衆無線LANの混雑を最大30%緩和

公衆無線LANの混雑を最大で3割も緩和できる可能性を持つ「Wi-Fi Vantage」のトライアルが東京・渋谷で実施された。商用化されれば、公衆無線LANでVoIPも円滑に使えるようになる。

[2018.05.01]

サイレックス、36カ国でそのまま使える産業IoT向け無線LAN APを発売

[2018.04.23]

ヤマハ初のトライバンド対応無線LAN AP、最大150台が接続可能で卓上設置も

[2018.04.04]

AIアシスタントがWi-Fi運用をサポート――ネットワンとMist Systemsが新技術を発表

2014年に設立されたクラウドWi-Fiのスタートアップである米Mist Systemsと、同社製品を国内で取り扱うネットワンパートナーズが2018年3月22日、記者発表会を開催した。Mist Systemsは、ディープラーニング技術を活用してWi-Fiの運用を簡略化する「Virtual Network Assistant(VNA)」を開発。国内で3月中に提供を始める。

[2018.03.22]

<特集>これから2020年までに起こること

【NW未来予想図01】無線LANは11axが主流に。光並み20ギガWi-Fiも

2020年の無線LANは、高密度環境でも速度が落ちにくい次世代規格「11ax」が主流になる。一方、60GHz帯を用いる新規格「11ay」の標準化も進展。実効速度20Gbps超のWi-Fiが実現しているかもしれない。

[2018.02.06]

Wi-Fi Meshに注力するクアルコム――米市場で家庭向けネットワーク機器が急伸

マイナーな存在であったWi-Fi Meshのマーケットが急速に立ち上がってきている。トリガーとなったのはクアルコムが開発した「Wi-Fi SON(自己組織化ネットワーク)」技術。米国ではホームWi-Fi機器の4割がMesh対応製品となっており、その9割以上にクアルコムのチップが採用されている。日本でもバッファローが製品化に乗り出した。

[2018.02.01]

”1万円ちょっと”の無線APも追加 ―― シスコが中小向けブランドCisco Startを強化

従業員100名以下の中小企業をターゲットとして、シスコシステムズが2015年に立ち上げた低価格ブランド「Cisco Start」が好調だ。同社の2017年会計年度の売上は、対前年度比で驚異の240%成長を達成。この勢いをさらに増すべく、製品ラインナップの拡充と販売体制の強化に乗り出す。

[2018.01.17]

導入後に困らないWi-Fiを作ろう! [最終回]先進機能編

今や企業に不可欠な無線LAN。だからこそ、安定的かつ安全に通信できる製品を選ばなければ、導入後にトラブルに見舞われることになる。最終回となる第3回は、将来を見据えたベンダーの先進的な取り組みを紹介しよう。

[2017.12.19]

アルバ、100社以上のセキュリティ製品と連携する「Aruba 360 Secure Fabric」の国内提供を開始

ネットワークとセキュリティは分断されていて、製品も技術者のスキルも、ユーザー企業の担当者も別々。そんな状態で多層防御なんて実現できるのか――。この課題を解決し、“真の多層防御”を実現しようとする取り組みが始まった。主導するのは、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)傘下でネットワーク事業を手掛けるアルバ(Aruba)だ。

[2017.12.15]

導入後に困らないWi-Fiを作ろう! [第2回]セキュリティ編

今や企業に不可欠な無線LAN。だからこそ、安定的かつ安全に通信できる製品を選ばなければ、導入後にトラブルに見舞われることになる。第2回は、最新のセキュリティ機能にフォーカスする。

[2017.12.15]

導入後に困らないWi-Fiを作ろう! [第1回]運用管理編

今や企業に不可欠な無線LAN。だからこそ、安定的かつ安全に通信できる製品を選ばなければ、導入後にトラブルに見舞われることになる。そうならないよう、ぜひ使うべき最新機能をレポートする。

[2017.12.13]

屋内ドローンで残業監視という「新しい時代」――NTT東日本らが来春サービス開始へ

「オフィス内をドローンが飛ぶという新しい時代を体感してほしい」(大成 専務取締役の加藤憲博氏)――。大成とブルーイノベーション、NTT東日本は、屋内ドローンで残業を監視するサービス「T-FREND」の開始を発表した。

[2017.12.07]

次世代Wi-Fi「11ax」の発売はいつ本格化する?

企業ネットワーク市場では現在、IEEE802.11ac Wave 2の採用が進んでいるが、次世代規格「IEEE802.11ax」の標準化も進められている。11axの特徴と製品化が本格化する時期について解説する。

[2017.12.05]

ブロケードとアバイアの統合で「世界3位」に躍進したエクストリームが事業戦略を発表

ブロケードにアバイアと、ネットワークベンダーの買収を続けてきたエクストリーム ネットワークスが2017年11月16日、事業戦略発表を行った。企業のネットワークエッジからデータセンターネットワークまでポートフォリオを広げ、「世界3位」に躍進。今後はソフトウェア中心のアプローチで製品・ソリューションの強化を進めるという。

[2017.11.16]

NTT-AT、高密度AP環境での通信品質を底上げするスタジアム向け無線LAN

[2017.10.24]

日商エレ、「第5世代無線LAN」のAerohive製品の販売開始

[2017.10.18]

WPA2の脆弱性への対応策をIPAが公開

[2017.10.17]

クラウドWi-Fiに魅力を感じるのはAP20台以上の企業――IDC Japanが企業ネットの動向調査

[2017.10.16]

自律走行型ロボットで働き方改革――Wi-Fiでエレベーターを呼び、電話もかける!

品川プリンスホテルが自律走行型ロボットを国内で初導入する。無線通信でエレベーターや内線電話と連携できるのが特徴で、販売を手がけるNECネッツエスアイは人手不足に悩む他業種への展開も狙う。

[2017.09.29]

さまざまなアングルからテニスの試合をライブ中継!――TBSテレビとNTTドコモが技術検証

[2017.09.26]

12345678910

スペシャルトピックスPR

palo1804
casb1804
kccs1805
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

日本ビジネスシステムズ“電話”からはじめる働き方改革!

日本ビジネスシステムズのクラウドPBXは、働き方改革を目指す日本企業にピッタリのIP電話サービスだ。

Dialpadピュアクラウドで進化し続ける電話

「PBXを買いたくない」「電話回線を引きたくない」。そんな企業に最適なクラウドテレフォニーがある。

東京エレクトロンデバイスIoTデバイス特化のAIで異常検知

IoTデバイスを狙ったマルウェアが急増中だ。ZingBox IoT Guardianは、IoTに特化したAIで検知する。

Aruba次世代NACでIoTの脅威をブロック

Arubaの次世代NACはエージェントレスでIoT端末にも対応! リスクを検知し有害端末を隔離できる。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます