音声通話・PBX

新着記事

Skype for Business Online導入推進へマイクロソフトが新施策 ―― クラウドPBXの“標準仕様”を作る

日本マイクロソフトが、Skype for Business Onlineの構築・運用をサポートするパートナー向けの新たな支援策を始めた。PBXをクラウド化する際に必要な、ネットワーク/音声インフラ関連の技術支援に力を入れる。また、音声関連で高い技術力を有するNECネッツエスアイ、協和エクシオ、KDDI、ソフトバンク、日本ユニシス、三井情報の6社を認定パートナーとして、導入・運用支援ソリューションを提供する。

[2017.03.10]

NTT東日本、中小企業のICT環境を丸ごと提供する「まるらくオフィス」

[2017.03.02]

AI、IoT軸にシェア拡大狙う ―― 20周年迎えたCTstageの次の進化とは

[2017.02.21]

記事一覧

Skype for Business Online導入推進へマイクロソフトが新施策 ―― クラウドPBXの“標準仕様”を作る

日本マイクロソフトが、Skype for Business Onlineの構築・運用をサポートするパートナー向けの新たな支援策を始めた。PBXをクラウド化する際に必要な、ネットワーク/音声インフラ関連の技術支援に力を入れる。また、音声関連で高い技術力を有するNECネッツエスアイ、協和エクシオ、KDDI、ソフトバンク、日本ユニシス、三井情報の6社を認定パートナーとして、導入・運用支援ソリューションを提供する。

[2017.03.10]

NTT東日本、中小企業のICT環境を丸ごと提供する「まるらくオフィス」

[2017.03.02]

AI、IoT軸にシェア拡大狙う ―― 20周年迎えたCTstageの次の進化とは

[2017.02.21]

パナソニック、IP電話接続用のPoE Plus給電スイッチングハブ

[2016.12.21]

OKI 竹内専務インタビュー「新体制は順調な船出。IoTでお客様のデジタル変革支える」

今年4月、鎌上新社長のもと新たなスタートを切ったOKI。情報、通信、社会インフラ事業を統合して新設した情報通信事業本部を統括する専務執行役員・竹内敏尚氏は「総合力が求められるIoT 事業を進めるため、最適なタイミングで新体制がスタートできた」と語る。

[2016.12.06]

ワークスタイル変革Day 2016 講演レポート

「NECはワークスタイル変革の4つの課題にどう取り組んでいるか?」、NEC若杉氏が解説

「すべてをイチから始めるのではなく、従来の使い方を担保しながら新しいツールを付け加えていくという発想が重要」――。NECの若杉和徳氏は、「ワークスタイル変革を支援するNECの取組み最新状況」と題して、自らの経験をもとにワークスタイル変革を成功に導くためのポイントを語った。

[2016.11.01]

パナソニック システムネットワークス、スマートなオフィスに調和するビジネス向けIP電話機

[2016.09.27]

NECの通信系パートナー戦略、「PBX+クラウド/IoT」で新ビジネス創出

電話システムの規模縮小と保守ビジネスの減退にPBX販売店が苦しんでいる。この状況を打開するため、NECはクラウド/IoT時代を見据えた販売パートナー向けの新施策を打ち出している。

[2016.09.27]

NECネッツエスアイのクラウドPBX戦略は「コスト削減では攻めない」

6月から新たにクラウドPBXの販売を開始したNECネッツエスアイ。発表直後から引き合いは好調で、「オンプレより高くてもクラウドを選ぶ」顧客を獲得している。そのサービスの特徴と売り方とは?

[2016.09.13]

ソフトバンク、Skypeと連携した電話会議サービス

[2016.08.25]

ナカヨ、スマホをラインキー対応多機能電話機に変身させる内線化アプリ

[2016.08.18]

PBX/ビジネスホン市場の最新動向2016「SfBとPBXの共存ニーズ高まる」

PBX/ビジネスホン市場はリプレースが中心で、今後も大きな需要は見込めない。メーカー各社は、「Skype for Business」との連携や業種特化型ソリューションで新規需要の開拓を図っている。

[2016.08.15]

NEC、秋葉原にコンタクトセンターの本格的なデモセンターを開設

[2016.08.02]

タカコム、PCでメッセージ作成できる「音声合成機能」搭載した音声応答装置

[2016.07.06]

オフィス24、クラウドIP-PBX「MOT/TEL」を7月11日から開始

[2016.07.04]

AI・機械学習で「自動翻訳」を実用レベルに ―― 豊橋技科大、日本MS、ブロードバンドタワーが協働を発表

異なる言語を使う人同士の会話をAIがリアルタイムに翻訳して、不自由なく会話できるようにする――。そんな世界が間もなく実現するかもしれない。豊橋技科大と日本マイクロソフト、ブロードバンドタワーが共同で進める「自動翻訳(機械翻訳)」の高度化に向けた取り組み。そのターゲットは4年後の2020年だ。

[2016.06.21]

IP専用の設計でハードウェアを小型化――まほろば工房の新IP-PBXシリーズ「NetDevancer」

[2016.06.06]

マルコメ情報システム部の決断!――モバイルやクラウドで「価値」生む組織へ

「2020年に売上500億円」という全社目標に向けて、情報システム部に何ができるのか――。日々の運用保守に追われる現状のままでは、十分な貢献はできない。そして、マルコメの情報システム部は、KDDIのサービスなどを活用しながら変革し始めた。

[2016.06.02]

【ワイヤレスジャパン】アプリ搭載で用途は自在! BIGLOBEの法人向けIoTデバイスの使い方

[2016.05.25]

NTTの2016年3月期決算は最高益――海外事業やドコモの好調が牽引

[2016.05.13]

12345678910

スペシャルトピックスPR

unisys201702
nissho201702
yamato1703
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます