IoT/M2M

新着記事

月額基本料は12円、さくらインターネットが閉域接続のIoT向け通信サービス

[2018.01.17]

<特集>モビリティIoT革命の衝撃(第1回)

クルマはモバイル通信でどこまで進化するか?

クルマをIoT化するコネクテッドカーと自動運転によって、人とモノの移動(モビリティ)は大きく変化する。移動コストは劇的に下がり、かつ運転からの解放によって車内は第3の生活空間になる。その影響はあらゆる産業に及ぶ。

[2018.01.17]

ドコモ、カーリース・レンタカー事業者向け新サービス「ドライバーズサポート」を2月に開始

[2018.01.16]

記事一覧

月額基本料は12円、さくらインターネットが閉域接続のIoT向け通信サービス

[2018.01.17]

<特集>モビリティIoT革命の衝撃(第1回)

クルマはモバイル通信でどこまで進化するか?

クルマをIoT化するコネクテッドカーと自動運転によって、人とモノの移動(モビリティ)は大きく変化する。移動コストは劇的に下がり、かつ運転からの解放によって車内は第3の生活空間になる。その影響はあらゆる産業に及ぶ。

[2018.01.17]

ドコモ、カーリース・レンタカー事業者向け新サービス「ドライバーズサポート」を2月に開始

[2018.01.16]

ソフトバンク、5Gを使ったトラック隊列走行の実証実験

[2018.01.16]

NESIC、ベッド上にいる被介護者をIoTで見える化するソリューション

[2018.01.16]

LoRaWANでスキー場スタッフの位置把握――マクニカネットワークスらが実証実験

[2018.01.16]

ヤフー、IoT活用した“新しい働き方”の公開実験

[2018.01.15]

サイレックス、LTE内蔵のアプリ組込み用IoTゲートウェイ

[2018.01.15]

次世代サービスプロバイダーサミット 2017 講演レポート

NTTドコモ中村常務「5GとAIは“第四次産業革命”の核になる」

2017年11月22日に開催された「次世代サービスプロバイダーサミット 2017」(主催:リックテレコム)。基調講演を務めたNTTドコモ 取締役常務執行役員(CTO) R&Dイノベーション本部長の中村寛氏は、「協創が生み出す5G時代のスマートイノベーション」と題して、“第四次産業革命”に向けたドコモの取り組みを紹介した。

[2018.01.15]

NTTドコモ・日産ら6社、日本初のセルラーV2X共同トライアルを実施

[2018.01.12]

「IoTの幻滅期をいち早く経験。シスコは他社の1年先を行く」、シスコ鈴木専務インタビュー

シスコシステムズでIoT事業を統括する鈴木和洋専務は、IoTは“幻滅期”に突入したと見る。ただ、これは新しいテクノロジーが必ず通らなければならないプロセスだ。鈴木氏は、IoTがこの壁を乗り越え、“本物”になるためには、2つの課題を突破する必要があると説く。3本柱でIoTに取り組むシスコの鈴木氏にビジネス戦略を聞いた。

[2018.01.11]

920MHz帯“大混雑時代”の対応策に――ラピスが推進する802.15.4kベースの新LPWA

ラピスセミコンダクタが、世界初となるIEEE802.15.4k対応のサブGHz帯無線LSIを開発した。高い妨害波耐性を活かし、920MHz帯の混雑に対応可能な新たなLPWAとして普及を目指す。

[2018.01.10]

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

スマートホーム市場は本当に立ち上がるか?(後編)――日本で普及する“第3の理由”

これまで期待通りには普及が進んでこなかったスマートホーム――。しかし今、変化のときを迎えている。普及のドライバーとなるのは、AIと機器連携サービスの進化。そして、もう1つ日本特有の理由もある。

[2018.01.05]

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

スマートホーム市場は本当に立ち上がるか?(前編)――今まで普及しなかった2つの理由

スマートスピーカーを筆頭に、ホームIoTをめぐる動きが活発化しています。いよいよスマートホームは普及期を迎えたのでしょうか。前編では、スマートホームの歴史を振り返りながら、今まで市場が本格的に立ち上がらなかった理由について解説します。

[2018.01.04]

次世代サービスプロバイダーサミット 2017 講演レポート

NEC松田氏「通信事業者がIoTビジネスを拡大させる2つの方法」

IoTは、通信事業者にとって取り組み方が難しいビジネスでもある。NECの松田尚久氏は、通信事業者がIoTビジネスで成功するためのカギは2つあると指摘。そのうえで、「社会ソリューション分野をターゲットとしたプラットフォームビジネス」が通信事業者の有望なIoT事業領域だとした。

[2017.12.25]

ソフトバンクと三菱地所、東京・丸の内で「自動運転バス」試乗会

ソフトバンクと三菱地所は2017年12月22日、東京千代田区の丸の内仲通りで、運転席のない「自動運転バス」の試乗会を実施した。東京23区内の公道を自動運転車両が走るのは初めてという。また、高層ビルの谷間を走行するため、GPSを用ずに現在位置を把握する新たな仕組みも試した。

[2017.12.22]

「IoT自販機」を地域の見守り拠点に――BLEやWi-SUNで位置情報を送信

飲料水の自動販売機は、全国どこにでも遍く存在する。この自販機をIoT化、リアルタイムに子供や高齢者の位置情報を取得する見守り拠点として活用する動きが加速している。

[2017.12.22]

KDDI等と福島市水道局がセルラーLPWAの共同実験、LTE-Mでマンホール遠隔監視

[2017.12.21]

<特集>IoTと宇宙(最終回)

センチメーター級測位がIoTを変える

日本版GPSとも言われる「みちびき」のサービスが、2018年4月からオープンになる。これまでの「誤差10メートルの測位」から「ピンポイント測位」の世界に突入だ。IoTにおけるGPSの活躍範囲は格段に広がる。

[2017.12.21]

シスコと三井不動産が日本橋スマートシティ――防災高度化の実証実験

[2017.12.20]

12345678910

スペシャルトピックスPR

silverpeak
nissho1801
yamaha1711
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本マイクロソフトWindows 10/Office 365の更新
これだけ知っていれば怖くない!

ネットワーク帯域を圧迫するアップデートをうまく乗り切るには?

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズチェック・ポイントのSMB戦略
あらゆる環境で攻撃を未然に防ぐ

日本向けにローカライズし、パートナーもユーザーも扱いやすく。

ロジクールSkype for Business用
会議室コンソール「SmartDock」

働き方改革に有効なSfB会議が簡単かつ安全に始められる!

協和エクシオSfB導入の課題解決をサポート

協和エクシオは通建事業60年のノウハウを活かし、Skype for Business導入トータルサービスを提供する。

ソフトバンクSkype for Businessの利用促進
コスト大幅削減を実現するには?

ソフトバンクのGlobalMeet電話会議サービスで実現可能だ。

ブロードメディア・テクノロジーズグローバル企業の悩みを一掃!
“本当に使える”SD-WAN基盤

WANの課題を一掃するAryakaの
SD-WANが心強い味方になる。

NECネッツエスアイSilver PeakのSD-WANは
独自技術でSaaS通信をフル制御

「SaaSを快適かつ安定的に使いたい」という企業ニーズに応える。

日商エレクトロニクスクラウドが快適に使えるSD-WAN

日商エレクトロニクスが販売する「Cisco SD-WAN」(旧Viptela)は、常に進化し続けるSD-WANだ。

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます