データセンターNW

記事一覧

東アジアと米国を最短距離で中継する「BBIX東京第6センター」が開設

[2017.01.16]

NESIC、Edgecore社のDCおよびエンタープライズ向けL3/L2スイッチを販売開始

[2017.01.05]

VMwareのクラウド戦略の変化「2016年は重要な転換点になる」

[2016.11.07]

IDC調査「SD-WANの導入意向は高いが、SDN導入は微増で足踏み状態」

[2016.11.01]

通信キャリアに無い“強み”を持つColtのネットワーク――広帯域サービスに大規模投資

Coltテクノロジーサービスは2016年10月25日、大規模な投資を行って国内のネットワーク基盤を刷新・増強し、広帯域サービスを拡充すると発表した。「広帯域」と世界中に張り巡らされた「自前のネットワーク」を差別化要素として、顧客数の倍増を狙う。

[2016.10.25]

データセンターNW機器市場、ADCとWAN最適化は伸び悩むがイーサネットが成長牽引

[2016.10.17]

シスコジャパンは2017年度も「日本市場に根ざした事業展開」を継続――クラウドや業種別ソリューションにも注力

シスコシステムズは2016年10月12日、2017年度の事業戦略説明会を開催した。昨年度に掲げた3本柱、「日本市場に根差した事業展開」「お客様のデジタルビジネス支援」「統合ソリューションビジネス強化」を継続して軸に据え、事業を推進していくという。

[2016.10.12]

NTTが250Gbpsの短距離光伝送に成功――データセンタの1Tbps級光伝送につながる技術として期待

[2016.09.23]

ホワイトボックススイッチ特集【最終回】

“明るい箱”で打倒シスコ!ホワイトボックススイッチがネットワーク業界に与える影響

新たに勃興したホワイトボックススイッチ市場には、ODMメーカーや新興企業に加え、既存のネットワーク機器ベンダーも次々と参入してきている。それとともに、ホワイトボックススイッチの提供形態も変わってきた。業界全体の動きとともに整理しよう。

[2016.09.21]

ホワイトボックススイッチ特集【第3回】

運用費は4割!「ホワイトボックススイッチ」の導入効果をケーススタディ

国内最大級のアドプラットフォーム、アドネットワーク事業を国内外で展開するマイクロアド(本社:東京都渋谷区)。昨年、ホワイトボックススイッチを導入した同社に、採用理由と実際の導入効果を聞いた。

[2016.09.08]

ホワイトボックススイッチ特集【第2回】

「ホワイトボックススイッチ」を賢く活用し、4つのメリットを手に入れる

FacebookやGoogleといった超巨大クラウド事業者以外でも、導入機運が高まっているホワイトボックススイッチ。今回は、ホワイトボックスの基本的な使い方とその導入メリットを整理する。

[2016.09.02]

オンプレミスとクラウドはどうつなぐ?――ネットワンの提案は「クラウドHUB」

ネットワンシステムズは2016年8月25日、ハイブリッド/マルチクラウドに適したネットワーク環境をサービスとして提供する「クラウドHUBサービス」を発表した。オンプレミスとクラウドを安全・多機能・高性能に接続できるという。

[2016.08.25]

ホワイトボックススイッチ特集【第1回】

「ホワイトボックススイッチ」とは何か?――知らないではもう済まないネットワーク業界の一大変革

ハードウェアとソフトウェアを分離し、必要な機能・性能を自由に組み合わせられるようにするホワイトボックススイッチ。巨大データセンターで始まったこの新たな流れがネットワーク業界を変えようとしている。

[2016.08.25]

<特集>SDN&NFV導入後のリアル:WAN/クラウド事業者編(2)

富士通は「ハイブリッドクラウド」のニーズ拡大にSDNでどう応えたか?

データセンター/クラウド事業者にとって、ハイブリッドクラウドのニーズ拡大にどう対応していくかは、喫緊の課題だ。富士通の場合、シスコシステムズの「Cisco ACI」を活用し、複数のデータセンター/クラウドをつなぐ共通基盤を構築することで、ハイブリッドクラウドの短期構築を可能にしている。

[2016.08.19]

<特集>SDN&NFV導入後のリアル:データセンター編(2)

インテルが「SDN」のデータセンター導入で直面した壁と解決策

SDNを自社データセンターに導入したインテル。コスト削減や俊敏性向上といった効果を得ている一方、当初計画していたSDNの大規模展開については足踏み状態が続いた。それはなぜか――。インテルがSDN導入で直面した壁についてレポートする。

[2016.08.04]

<特集>SDN&NFV導入後のリアル:データセンター編(1)

ヤフー、SDNの大規模導入で得た教訓とは?――次のステップはNFVの活用

先行市場としてSDN導入がいち早く進んだデータセンター。ここでは、2013~14年頃から社内向けのプライベートクラウド基盤にSDN導入を進めたヤフーとインテルの“その後”をレポートする。

[2016.08.01]

シスコの新製品は“タイムマシン”? ―― 過去から現在までデータセンター内のすべてを見える化

シスコシステムズがデータセンターネットワークの全パケット、フロー、帯域利用状況等を可視化する新製品を発表した。Nexus 9000スイッチをセンサーとして用いてデータを収集、分析することで、過去に遡って障害原因を調査したり、アプリケーションの性能劣化を起こすボトルネックを特定することが容易に行えるようになるという。

[2016.07.08]

フリーWi-Fiでも「OAuth認証」でセキュリティ確保――アクトンのクラウド管理型アクセスポイント

[2016.06.20]

NTTコム、大容量ネットワークでデータセンター間やクラウド間を接続

[2016.06.15]

ファーウェイの「法人事業」への野心 新世代データセンターファブリックで攻める!

ファーウェイの法人向けICTソリューションの売上高が急増している。日本国内も好調というが、特に狙うのがデータセンター市場だ。4K・8K映像やVRの時代を見据え、新世代のデータセンターファブリックも開発した。

[2016.06.07]

12345678910

スペシャルトピックスPR

ソナス201612
スマートバリュー201612
ソフトバンク201612
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

セキュアMAM「moconavi」はモバイルUC対応! 新たにビジネスチャット機能も追加し、より便利になった。

「これは誰に聞けばいいのか?」という課題を解決して業務の効率改善

エンピレックスなら、NFV/IoT時代に必要なデータがすぐ簡単に手に入る!

増大するネットワーク監視の課題を、Gigamonが一気に解決する。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます