ビデオ会議

新着記事

ナカヨ、受付システムとの連携強化したIPカメラドアホン

[2017.11.02]

ビデオ会議の最新動向2017(後編)――“テレワーク難民”を救済

テレビ会議やWeb会議の最新動向はどうなっているのか。後編では、ユーザー企業における利用動向について見ていくことにする。

[2017.10.30]

ビデオ会議の最新動向2017(前編)――「ハドルルーム」に大注目

ビデオコミュニケーション市場は、大規模会議室向けの普及は一段落し、小規模向けが中心となっている。グローバルで数千万室の潜在需要があるだけに、市場の拡大が続きそうだ。

[2017.10.17]

記事一覧

ナカヨ、受付システムとの連携強化したIPカメラドアホン

[2017.11.02]

ビデオ会議の最新動向2017(後編)――“テレワーク難民”を救済

テレビ会議やWeb会議の最新動向はどうなっているのか。後編では、ユーザー企業における利用動向について見ていくことにする。

[2017.10.30]

ビデオ会議の最新動向2017(前編)――「ハドルルーム」に大注目

ビデオコミュニケーション市場は、大規模会議室向けの普及は一段落し、小規模向けが中心となっている。グローバルで数千万室の潜在需要があるだけに、市場の拡大が続きそうだ。

[2017.10.17]

ビジネスチャット「TopicRoom」にビデオ会議機能が追加

[2017.10.06]

ワークスタイル変革Day 2017 講演レポート

シスコ石黒氏「社員が自然に変わりたくなる“働き方改革”でないと定着しない」

「社員が自然に変われる、自然に変わりたくなるやり方でないと、働き方改革は定着しない」――。こう強調するのは、シスコシステムズの石黒圭祐氏だ。ITリテラシーの高くない社員でも、組織や場所の制約を越えて緊密にコラボレーションできる環境は、どうすれば実現できるのか。その具体策を石黒氏は提示した。

[2017.10.03]

Office 365/Surfaceが“溶け込む”オフィス ―― 日本マイクロソフトがオフィス家具のスチールケースと協業

オフィス家具世界最大手のスチールケースと日本マイクロソフトは2017年8月24日、Microsoft Surfaceデバイスやクラウドサービス「Office 365」をオフィス環境に統合した「クリエイティブ スペース」を共同展開すると発表した。オフィス家具の商流を活用し、Surface Hub等の拡販を狙う。

[2017.08.24]

シスコ マッティー役員「働き方改革は“会議改革”から!世界中の会議室をコラボ空間に」

「世界中の会議室すべてにコラボレーション端末を入れたい」。シスコシステムズでコラボレーション事業担当執行役員を務めるアーウィン・マッティー氏が掲げる目標は壮大だ。しかも、その「会議改革」は、Cisco Sparkを基盤に実現しようとする働き方改革の第一ステップに過ぎないという。Sparkを軸に展開するシスコのコラボレーション事業戦略について聞いた。

[2017.07.31]

BlueJeansとウェストUCジャパン、会議システム「Huddle Rooms」の国内提供開始

[2017.06.16]

社内YouTubeを大規模展開する秘訣

企業内でビデオ配信を行う場合、障壁となるのがネットワークだ。QumuはWAN/LANへの負荷を抑える独自の仕組みで、数万人を超える同時視聴環境を実現し、ビデオ活用を後押ししている。

[2017.06.14]

ロジクールがビデオ会議システム「MeetUp」を発表――小会議室でも参加者全員を表示

[2017.06.07]

慶應大がシスコのクラウドWeb会議を全学導入「学術活動のグローバル化」

[2017.06.01]

メディアプラス、Skype for Business専用のビデオ会議ハードウェアを販売開始

[2017.05.31]

シスコ、引火・爆発の危険性のある現場向けの「危険エリア ソリューション」

[2017.05.17]

楽天コム、ブラウザだけで使えるWeb会議「Chime Meetings」の提供開始

[2017.04.17]

KDDIとシスコがCisco Spark提供で協業 「会議も電話もフルクラウドに」

KDDIとシスコシステムズは2017年4月13日、ビデオ会議等のビジネスコミュニケーションを統合したクラウドサービス「Cisco Spark」の提供について協業を発表した。単なる製品・サービス販売に留まらず、KDDIの音声基盤とCisco Sparkを連携させたクラウドPBXサービスの開発も進める。

[2017.04.14]

WebRTCでサイトを「接客」の場に

ビデオ・音声チャットを使い、オンライン上で顧客からの問い合わせに応えたり、通販サイトで商品の詳細な説明をするといった顧客接点強化の取り組みが広がっている。そこで採用が増えているのがWebRTCだ。これを使って自社サイトやWebアプリにチャット機能を組み込むのである。

[2017.03.24]

Skype for Business Online導入推進へマイクロソフトが新施策 ―― クラウドPBXの“標準仕様”を作る

日本マイクロソフトが、Skype for Business Onlineの構築・運用をサポートするパートナー向けの新たな支援策を始めた。PBXをクラウド化する際に必要な、ネットワーク/音声インフラ関連の技術支援に力を入れる。また、音声関連で高い技術力を有するNECネッツエスアイ、協和エクシオ、KDDI、ソフトバンク、日本ユニシス、三井情報の6社を認定パートナーとして、導入・運用支援ソリューションを提供する。

[2017.03.10]

ビデオ会議にはもっと自由が必要だ! クラウドMCUで社外とつながる

テレビ会議とPC/スマートデバイスを相互接続すれば、会議室の枠を越えた自由なビデオコミュニケーションが可能になる。これを実現するため、多地点接続装置(MCU)をクラウド化する動きが加速している。

[2017.02.14]

ICT業界 未来シナリオ2017

ビデオがX-Techの名脇役に!“枯れた技術”でイノベーション

デジタル化の時代にも、なかなかデータに置き換えられないものがある。人の意思や感情、知識などだ。価値創造の源泉ともなる“アナログ知”を共有する場面でビデオコミュニケーションは大きな役割を果たす。

[2017.02.06]

シスコ、クラウドベースの“画期的”なオールインワン会議製品「Cisco Spark Board」

[2017.01.27]

12345678910

スペシャルトピックスPR

necpf1711
nec1711
hpearuba1711
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

サクサ中小企業も容易にセキュリティ対策

サクサのUTM「SS5000」は、コンパクトながら充実機能。外部だけでなく内部の脅威にも対応できる。

Office 365ADCでOffice 365通信の課題解決!

Office 365通信の課題であるプロキシ/FWの負荷増大と運用の複雑化を一気に解決するのがADCだ。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンネットワークとPCを同時に守る!

ウォッチガードはNW防御にエンドポイントでのセンサー技術を組み合わせ、包括的で効果的な対策を実現!

サイバーリーズンAIで攻撃の兆候をリアルタイム検知
既知だけでなく未知の脅威も防御

AIを活用した独自分析技術で、悪意ある振る舞いを検知するEDR製品。

パロアルトネットワークスGTP-C/GTP-Uのセキュリティ強化
次世代FWをモバイル網に適用

携帯電話事業者のネットワークは次世代ファイアウォールが守る。

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

「マルチキャリアで冗長化したい」「シリアルI/Fなど既存環境に手を加えたくない」といった声に応える。

アットマークテクノ柔軟な拡張性・出荷実績30万台の
安心感の日本製IoTゲートウェイ

ASEAN中心に認証を取得で、IoTシステムの海外展開にも便利だ。

Office 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため NWを見直すべき10のポイントOffice 365導入を成功に導くため
NWを見直すべき10のポイント

実際の失敗例をもとに、ネットワークの見直しのポイントを整理する。

無線LAN APだけで電子証明書も運用可能に 運用管理を容易化する工夫も満載!無線LAN APだけで 電子証明書も!

ヤマハのAPは内蔵コントローラ で複数のAPを統合管理できる。セキュリティ機能も充実だ。

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御 ワイヤレスIPSをお求めやすい価格で!「見えない脅威」にさらされている
無線LANをどう守る?

Wi-Fiの見えない脅威を可視化・防御するワイヤレスIPSを手頃な価格で!

オンプレミス型のPBX/ビジネスフォンは“時代遅れ”では決してない。

機械学習/AIを使った自律運用型ネットワークをArubaは提案する。

ウォッチガードなら「導入運用の容易性」と「強固なセキュリティ」を兼ね備えたWi-Fi環境が手に入る。

パブリッククラウドの普及で、設計・構築・運用法が大きく変わった!

待望の後継機が遂に登場!電話番号の最大登録数は2倍に向上。

ソフトバンクのMDMは、管理者の運用負荷を軽減しながらセキュアな利用を可能にする。

働き方改革はICTツールの導入・活用から取り組むのが有効だ。

大量のアラートをさばくのに忙殺される、旧態依然の運用と決別しよう。

NECのソリューションなら、多様なモバイルワークをセキュアに実現!

「WhatsUp Goldならコスト半減も可能」。イプスイッチの関口氏はこう自信を見せる。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2017 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます