UC・コラボレーション

新着記事

シスコが中小向け「Cisco Start」に新製品を追加 ― 月1万円の働き方改革パッケージも

シスコシステムズは2017年3月28日、中小企業向けブランド「Cisco Startシリーズ」の新製品を発表した。無線LANアクセスポイントCisco Aironetの低価格版や、月額1万800円から導入できる「働き方改革パッケージ」などを追加。中小企業向けの新たなリースサービスも始める。

[2017.03.28]

富士通、JAXAの新コミュニケーション基盤をOffice 365ベースで構築

[2017.03.24]

WebRTCでサイトを「接客」の場に

ビデオ・音声チャットを使い、オンライン上で顧客からの問い合わせに応えたり、通販サイトで商品の詳細な説明をするといった顧客接点強化の取り組みが広がっている。そこで採用が増えているのがWebRTCだ。これを使って自社サイトやWebアプリにチャット機能を組み込むのである。

[2017.03.24]

記事一覧

シスコが中小向け「Cisco Start」に新製品を追加 ― 月1万円の働き方改革パッケージも

シスコシステムズは2017年3月28日、中小企業向けブランド「Cisco Startシリーズ」の新製品を発表した。無線LANアクセスポイントCisco Aironetの低価格版や、月額1万800円から導入できる「働き方改革パッケージ」などを追加。中小企業向けの新たなリースサービスも始める。

[2017.03.28]

富士通、JAXAの新コミュニケーション基盤をOffice 365ベースで構築

[2017.03.24]

WebRTCでサイトを「接客」の場に

ビデオ・音声チャットを使い、オンライン上で顧客からの問い合わせに応えたり、通販サイトで商品の詳細な説明をするといった顧客接点強化の取り組みが広がっている。そこで採用が増えているのがWebRTCだ。これを使って自社サイトやWebアプリにチャット機能を組み込むのである。

[2017.03.24]

あいおいニッセイ同和損害保険が「Office 365」を全社員に導入へ

[2017.03.22]

日本マイクロソフトがビジネスチャット「Teams」の一般提供開始

[2017.03.15]

Skype for Business Online導入推進へマイクロソフトが新施策 ―― クラウドPBXの“標準仕様”を作る

日本マイクロソフトが、Skype for Business Onlineの構築・運用をサポートするパートナー向けの新たな支援策を始めた。PBXをクラウド化する際に必要な、ネットワーク/音声インフラ関連の技術支援に力を入れる。また、音声関連で高い技術力を有するNECネッツエスアイ、協和エクシオ、KDDI、ソフトバンク、日本ユニシス、三井情報の6社を認定パートナーとして、導入・運用支援ソリューションを提供する。

[2017.03.10]

富士通がテレワークを全社員3.5万人に導入、AIによる働き方改革も推進へ

富士通はICTを活用した「テレワーク勤務制度」を今年4月から正式導入すると発表した。全社員約3万5000人が対象だ。また、長時間労働を前提とした働き方を変えるためのICTツールの導入や、AIを活用した社員の生産性向上にも取り組む。

[2017.02.28]

AI、IoT軸にシェア拡大狙う ―― 20周年迎えたCTstageの次の進化とは

[2017.02.21]

Office 365の「働き方AI」は何をしてくれるのか?

Office365には、ユーザーの活動ログを収集・分析して可視化し、さらにムダな時間の使い方をしている場合にはその改善策もアドバイスしてくれる「MyAnalytics」という機能が備わっている。この”働き方AI”が提供してくれる情報をうまく使えば、悩みのタネである「メールや会議の無駄」を改善できるかもしれない。

[2017.02.17]

“破壊的テクノロジー”でソリューション強化するソナス「完全クラウド化の準備はできた」

ソナスはグローバルで、通信事業者間を接続するNNIソリューションやセキュリティの研究開発に力を入れている。同社が現在注目している技術は、「クラウド」「GPU」「SDN」「ホステッドサービス」だ。

[2017.02.02]

シスコ、クラウドベースの“画期的”なオールインワン会議製品「Cisco Spark Board」

[2017.01.27]

ICT業界 未来シナリオ2017

PBX業界のデジタル破壊が始まる!UC市場はマイクロソフトの一強時代へ

Skype for Businessの市場投入から1年半、マイクロソフトは一気にUC市場の主役に躍り出た。2017年以降もこの構図は変わらない。クラウド化を進める同社の戦略によって、PBXビジネスは大転換期を迎える。

[2017.01.27]

L is B、チャットで日報・勤怠・ToDoなどが管理できるチャットボットのレンタルサービス

[2017.01.25]

チャットボットが社内問合せに対応――ソフトバンクがIBM Watson活用のシステムを販売開始

[2017.01.11]

EMMは次に「UC」を統合する――レコモット東郷CEOが語る

企業がモバイルを安全に活用するために必要なツールを統合的に提供する「EMM」。レコモットの東郷社長は、EMMの次なる進化のポイントは「モバイルユニファイドコミュニケーションだ」と予見する。

[2017.01.11]

LINEで顧客とチャットできるように――不動産仲介向けの営業支援システム「ノマドクラウド」

[2017.01.06]

テレワーカーは前年比0.5%増の1080万人――テレワーク関連ソフトウェア市場は2020年に向けて緩やかに拡大

[2016.12.27]

パナソニック、IP電話接続用のPoE Plus給電スイッチングハブ

[2016.12.21]

日本ユニシス、対話型AIのビジネス活用を容易にする「知的エージェント」サービスを発表

日本ユニシスが、人工知能(AI)関連技術を体系化した「Rinza」を発表。合わせて、AI技術を活用した「知的エージェント」サービスの提供を始める。ヒトと対話することで必要な情報を聞き出し、それを基に最適な商品を薦めたり、適切な情報を提示することが可能だ。外部サービスとの連携が容易なため、自動応答チャットや様々な領域に適用が可能という。

[2016.11.28]

ビジネスチャット「TEんWA」がセキュリティ機能強化、アクセス制限などが利用可能に

[2016.11.11]

12345678910

スペシャルトピックスPR

watchguard1704
necpf1704
citrix1704
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます