ニュース

新着記事

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

OKIが920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」を使ったIoTソリューションを紹介

従来の免許不要な無線周波数と比べてつながりやすい920MHz帯を利用するOKIの「SmartHop」。工場やビル全体をカバーする無線センサーネットワークの構築のほか、屋外での社会インフラの監視や防災、環境モニタリングなど幅広い用途に活用できるという。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【SIGFOXブース】オプテックスの駐車場満空サービス、センサー2つのコンビネーションで車両の検知精度を向上

オプテックスは、SIGFOXを活用した駐車場の満空検知サービスや宅配ボックスの稼働状況サービスのほか、各種センサーデバイスを展示している。センシング技術を強みとする同社によれば、2種類のセンサーをコンビネーションで利用することでセンシングの精度を上げられるという。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【SIGFOXブース】EnOceanと組み合わせて冷蔵庫・冷凍庫をモニタリング――ボタン「SIGFOX PUSH タグ」も展示!

SIGFOXパートナーのアイ・サイナップは、EnOceanとSIGFOXを組み合わせたソリューションを展示している。複数台の冷蔵庫・冷凍庫のセンサーデータを、一度「EnOceanゲートウェイ」に集約してからSIGFOXでデータを送信することで、通信にかかるコストパフォーマンスを追及する。

[2017.05.24]

記事一覧

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

OKIが920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」を使ったIoTソリューションを紹介

従来の免許不要な無線周波数と比べてつながりやすい920MHz帯を利用するOKIの「SmartHop」。工場やビル全体をカバーする無線センサーネットワークの構築のほか、屋外での社会インフラの監視や防災、環境モニタリングなど幅広い用途に活用できるという。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【SIGFOXブース】オプテックスの駐車場満空サービス、センサー2つのコンビネーションで車両の検知精度を向上

オプテックスは、SIGFOXを活用した駐車場の満空検知サービスや宅配ボックスの稼働状況サービスのほか、各種センサーデバイスを展示している。センシング技術を強みとする同社によれば、2種類のセンサーをコンビネーションで利用することでセンシングの精度を上げられるという。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【SIGFOXブース】EnOceanと組み合わせて冷蔵庫・冷凍庫をモニタリング――ボタン「SIGFOX PUSH タグ」も展示!

SIGFOXパートナーのアイ・サイナップは、EnOceanとSIGFOXを組み合わせたソリューションを展示している。複数台の冷蔵庫・冷凍庫のセンサーデータを、一度「EnOceanゲートウェイ」に集約してからSIGFOXでデータを送信することで、通信にかかるコストパフォーマンスを追及する。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【SIGFOXブース】双日の介護支援システム、デバイスは半額以下で通信コストは約4分の1に

双日がシステムジャパンとともにSIGFOXブースに展示しているのは、SIGFOXを活用する高齢者介護支援システムだ。これまで3G/4G回線で通信していた部分をSIGFOXに置き換えることで、大幅なコストダウンが図れるという。同社は今年中の商用化を目指しており、これから実証実験を開始する予定だ。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【SIGFOXブース】KCMEは7月末以降に「SIGFOXマルチアダプター」を提供開始予定

KCCSのグループ会社であるKCME(KCCSモバイルエンジニアリング)は、SIGFOX通信モジュールを搭載した「SIGFOXマルチアダプター」と、マルチアダプターから収集したデータを可視化する「SmartBee」を開発中だ。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

「サービス共創」でパートナー企業を支援するNTTコムーーIoTビジネスモデルのヒントを展示

NTTコミュニケーションズは、「サービス共創」をコンセプトに、ネットワークとコンサルティングの提供を通じてIoTサービス提供事業者のビジネスを支援している。同社のブースには、そうしたパートナー企業の展示が目白押しだ。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

【SIGFOXブース】KCCS、位置情報オプションや小型基地局を展示――ブースには14社が集結!

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が構えたSIGFOXブースには、KCCSを含め14社が集結した。KCCSがSIGFOXパートナー向けのソリューションを紹介しているほか、SIGFOXパートナー各社は、それぞれ個性ある展示をしており、来場者で大賑わいだ。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

「SIGFOXがIoTの常識を変える」、KCCS黒瀬社長が基調講演

年額100円から利用可能なIoT向け通信サービス「SIGFOX」。2023年には年間1兆個のセンサーが出荷されるという予想があるが、こうした大量のセンサーをIoT化する重要な役割をSIGFOXが担うと、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)の黒瀬善仁社長はアピールした。

[2017.05.24]

ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2017

未来の自販機はいろいろ“つぶやく” ―― タクシー待ち客まで教えてくれるIoT自販機をNICTが開発

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017と併催されている「ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2017」のNICT(情報通信研究機構)ブースでは、様々な情報をつぶやいて教えてくれるIoT対応自販機が展示されている。タクシーの運転手に対して、子供が飛び出す危険性のある場所を教えて注意を促すほか、待ち客が見込める場所まで教えてくれる。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

IoTに必要な一式をトータル提供するMOVIMAS、農業から工場、見守りまで幅広い領域をカバー

東京ビッグサイトで開催されている「ワイヤレスジャパン2017」「ワイヤレスIoT EXPO 2017」は、特徴的な技術・ノウハウを持つ新興ベンダーのIoTソリューションに触れることができるのも魅力だ。その1社であるMOVIMASのブースでは、環境計測を行うためのIoTソリューションを展示している。センサーを取り替えることで多様なデータの計測が可能。農業や工場、見守り、車両の動態管理、エネルギーなど多様な分野で活用できる。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

「LoRaはすべてに対する解決策ではない」、LoRa Allianceのステュービング氏

LoRa Allianceの幹部であるギャリー・ステュービング氏が、ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017の基調講演に登壇した。同氏はLoRaの最新動向を紹介するとともに、「LoRa、SIGFOX、5Gなど、現実には多くの技術がIoTの世界を支えていく」との見解を示した。

[2017.05.24]

ワイヤレスジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO 2017

簡単に始められる「レディメイド型IoT」をNTT東が展示、農業・畜産業でのトライアルも

2017年5月24日に東京ビッグサイトで開幕した「ワイヤレスジャパン2017」「ワイヤレスIoT EXPO 2017」(会期:26日まで)では、多種多彩なIoT関連ソリューションが展示されている。その1つ、NTT東日本ブースで紹介されているのが「レディメイド型IoT」だ。センサー、通信回線、Wi-Fi、そしてデータ解析・表示用のアプリケーションまでをセット提供するもので、IT/通信分野のノウハウがないユーザーでも手間なく導入できるという。

[2017.05.24]

NTT東、「ミリ波」と「Wi-Fi」を活用した畜産IoTの実証実験――センサー不要で牛はストレスフリー

[2017.05.23]

「ほとんどのDDoS攻撃は米国のアマゾンから」――アカマイの最新セキュリティレポート

アカマイは2017年5月23日、セキュリティに関する記者説明会を開催した。説明した同社のジョシュ・シャウル氏によれば、「日本に向けられたほとんどのDDoS攻撃は米国アマゾンが発信源」だという。また、「ログイン・トランザクションの30%は不正ログイン」という衝撃的な数字が明らかになった。

[2017.05.23]

東電×パナソニックで“街路のスマート化”計画、配電地上機器をIoTスポットに

東京電力パワーグリッド(PG)とパナソニックは2017年5月23日、配電地上機器を活用して情報配信を行う「ストリートサイネージ」を共同開発すると発表した。地域・観光情報や非常時の避難誘導経路など様々な情報配信に用いるほか、将来的には電機自動車用の充電スポットや自動運転のアシストなど多目的な活用を目指す

[2017.05.23]

ドコモ「5Gトライアルサイト」が東京スカイツリーで始動――4.5/28GHz帯を活用した超高速通信

NTTドコモと東武鉄道による「5Gトライアルサイト」が、2017年5月22日から東京スカイツリーで始まった。実験では、5G向け周波数帯の候補である「28GHz帯」「4.5GHz帯」を用いたGbpsクラスのデータ通信が実現されたが、超高速モバイルはどのような用途で使えるのか。

[2017.05.23]

NECが最新ICTソリューションを紹介、簡単に導入できる「顔認証セット」など展示

[2017.05.22]

フリービットなど4社、仙台市「舞台ファーム」でLoRaWANの実証実験

[2017.05.22]

KDDIが5Gを活用したデモ――8K映像やVRを移動車両で体験

[2017.05.19]

ドコモとNHK、5Gで8K映像伝送の共同実験

[2017.05.19]

12345678910

スペシャルトピックスPR

arbor1705
yamato1703
brocade1703
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

ランサムウェア対策機能などを備えたSMB向けクラウドサービスが始まる。

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

IPカメラのためにスペックを作り込んだ、ヤマハのシンプルL2スイッチ!

搭載するOS/ソフトを選べる「ホワイトボックス」で自在にデザイン

ウォッチガードのセキュリティ対策がさらに大きく進化した。

セキュリティ専門会社「ラック」との協業でサイバー攻撃に素早く対応

SD-WANの選定ポイントは何か? ユーザーの体感品質を高める独自機能を提供するのがシトリックスだ。

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます