ICT×未来

新着記事

NTT R&D フォーラム 2017講演レポート

NTT研究所は、IoTのサイバー脅威にこう対抗する!

NTT セキュアプラットフォーム研究所長の大久保一彦氏は、「NTT R&D フォーラム 2017」で、「これまでのやり方はもう通用しない!IoT時代に蔓延るサイバー脅威の一歩先行く革新技術」と題して講演した。NTTの研究所は、今後ますます深刻化するIoTのサイバー脅威に対抗すべく、どのような技術の研究開発に取り組んでいるのだろうか。

[2017.02.20]

【NTT R&D フォーラム 2017】ネットワーク分野のメインテーマは「サービス共創」

NTTの研究成果などを発表する「NTT R&D フォーラム 2017」が、2月16日から17日までNTT武蔵野研究開発センタで開催中だ。今年のテーマは「Open the Way ~2020とその先の未来へ~」。会場では東京五輪が開かれる2020年、さらにそれ以降を見据えた技術開発の成果が100を超えるブースで紹介されている。ネットワーク分野の研究開発にフォーカスしてレポートする。

[2017.02.17]

ICT業界 未来シナリオ2017

AIがアシストする未来のオフィス――空間そのものがパートナーに

働き方が多様化する2020年代、人がオフィスに集まり議論する機会は貴重なものになる。未来のオフィスでは、その時間に最大の効果を上げるため、知性を備えた空間が我々をサポートしてくれるかもしれない。

[2017.02.13]

記事一覧

NTT R&D フォーラム 2017講演レポート

NTT研究所は、IoTのサイバー脅威にこう対抗する!

NTT セキュアプラットフォーム研究所長の大久保一彦氏は、「NTT R&D フォーラム 2017」で、「これまでのやり方はもう通用しない!IoT時代に蔓延るサイバー脅威の一歩先行く革新技術」と題して講演した。NTTの研究所は、今後ますます深刻化するIoTのサイバー脅威に対抗すべく、どのような技術の研究開発に取り組んでいるのだろうか。

[2017.02.20]

【NTT R&D フォーラム 2017】ネットワーク分野のメインテーマは「サービス共創」

NTTの研究成果などを発表する「NTT R&D フォーラム 2017」が、2月16日から17日までNTT武蔵野研究開発センタで開催中だ。今年のテーマは「Open the Way ~2020とその先の未来へ~」。会場では東京五輪が開かれる2020年、さらにそれ以降を見据えた技術開発の成果が100を超えるブースで紹介されている。ネットワーク分野の研究開発にフォーカスしてレポートする。

[2017.02.17]

ICT業界 未来シナリオ2017

AIがアシストする未来のオフィス――空間そのものがパートナーに

働き方が多様化する2020年代、人がオフィスに集まり議論する機会は貴重なものになる。未来のオフィスでは、その時間に最大の効果を上げるため、知性を備えた空間が我々をサポートしてくれるかもしれない。

[2017.02.13]

ICT業界 未来シナリオ2017

急成長するロボットビジネス! 「買い物」もドローンが代行

ロボットが、インターネットを介してクラウドにつながり、インテリジェンスを持ち始めた。2020年の「ロボット・ショーケース化」に向け、日本のロボットビジネスが動き出している。

[2017.02.10]

ICT業界 未来シナリオ2017

IoTのセキュリティが深刻化!――社会インフラを「人質」に身代金も

ランサムウェアによる被害が拡大しているが、様々なモノのIoT化が進むなか、重要な社会インフラが「人質」に取られるケースも現実に起こり始めている。2017年は、IoTを狙ったサイバー攻撃が一気に本格化しそうだ。

[2017.02.07]

ICT業界 未来シナリオ2017

ビデオがX-Techの名脇役に!“枯れた技術”でイノベーション

デジタル化の時代にも、なかなかデータに置き換えられないものがある。人の意思や感情、知識などだ。価値創造の源泉ともなる“アナログ知”を共有する場面でビデオコミュニケーションは大きな役割を果たす。

[2017.02.06]

ICT業界 未来シナリオ2017

MVNO市場の2017年を占う――大手3キャリアとの「差」も曖昧に

MVNOは2017年以降も拡大が続くが、体力やブランド力のある事業者に収れんが進むと見られる。また、MNOが格安端末や低料金プランを投入することで、MVNOとMNOの差も曖昧になっていきそうだ。

[2017.02.03]

ICT業界 未来シナリオ2017

SD-WANは確実に浸透する!――キャリアは「競合」ではなく「主役」に

国内企業からの関心も非常に高いSD-WAN。当初は通信事業者の既存サービスの脅威になると目されたが、むしろ通信事業者こそがSD-WAN市場の主役として成長を牽引していきそうだ。

[2017.01.31]

ICT業界 未来シナリオ2017

IoTが“シェアリングエコノミー”を加速!トヨタも創造的破壊に挑む

シェアリングエコノミーはIoTの波に乗り、配車や民泊だけでなく、会議室やイベントホールのような空間、パーキング、料理などへと拡大中だ。さらにC2Cのみならず、B2Bでもシェアリングエコノミーは動き出している。

[2017.01.30]

ICT業界 未来シナリオ2017

PBX業界のデジタル破壊が始まる!UC市場はマイクロソフトの一強時代へ

Skype for Businessの市場投入から1年半、マイクロソフトは一気にUC市場の主役に躍り出た。2017年以降もこの構図は変わらない。クラウド化を進める同社の戦略によって、PBXビジネスは大転換期を迎える。

[2017.01.27]

ICT業界 未来シナリオ2017

LPWAでスマートシティ元年! IoTで海外進出の勝負どころ

IoT向け無線ネットワーク「LPWA」の登場で、2017年から新しい街づくりが始まる。これから1~2年でスマートシティの成功が見えれば、海外進出を目指す日本企業にとって大きな切り札になる。

[2017.01.26]

デジタル変革と通信業界[第3回]

ネットワーク系SIerのデジタル変革――今こそ「モノ売り」から脱却

企業LAN/WANの構築を事業の柱とするSIer のビジネスもデジタル化の波の前で変革を余儀なくされる。今こそ「モノ売り・工数依存」のビジネスから脱却するときだ。

[2017.01.06]

「セルラーV2X」への期待と普及への課題――クルマ向けLTE新規格の初期仕様が完成

LTEをベースとしたコネクテッドカー向けの新たな無線通信技術「セルラーV2X」の規格化が進んでいる。その実用化に向けて日本国内でも、通信業界と自動車業界が歩み寄る動きが出てきた。

[2016.12.22]

デジタル変革と通信業界[第2回]

通信事業者のための「デジタル化」戦略――「先鋭化」が生命線!

デジタルトランスフォーメーションの時代に、通信事業者が「土管屋」に甘んじないポジションを得るためには何をしなければならないのか。必要な戦略は「先鋭化し、拡大する」ことだ。

[2016.12.21]

デジタル変革と通信業界[第1回]

デジタル化に4つの「成功法」――業界構造によって異なる勝ちパターン

あらゆる企業が今、デジタル化による変革を迫られているが、その本質は何か。Uberなど、デジタル化をリードする企業を分析すると、4つの「勝ちパターン」が見えてくる。

[2016.12.19]

ドコモのR&D最前線を見た!(5G活用サービス編)

NTTドコモは2016年11月16日~18日に開催したイベント「DOCOMO R&D Open House 2016」で最先端技術の数々を披露した。今回は、5Gを活用した新サービスへの取り組みについて紹介する。

[2016.11.24]

5G時代のコアネットワークは「機能分離で柔らかい」

第5世代移動通信システム(5G)の時代にはコアネットワークの姿も劇的に変わる。求める要件に応じて分散配置された機能を最適に組み合わせる、自動運転型ネットワークを目指す取り組みが始まった。

[2016.11.22]

ドコモのR&D最前線を見た!(AI&IoT編)

NTTドコモは2016年11月16日~18日、同社の研究開発の取り組みを紹介するイベント「DOCOMO R&D Open House 2016」を開催。5GやAI、IoTを中心に最新テクノロジーを数多く披露した。

[2016.11.21]

LTE/5Gでドローン向け「航空管制」――ノキアが開発進める空の交通安全システム

モバイルネットワークで“空の交通安全”を守る――。ノキアはLTE、5G(第5世代移動通信システム)をベースに「UTM」と呼ばれるドローン用の航空管制システムの開発を進めている。

[2016.11.17]

人工知能は「キャリアネットワーク」をどう進化させるのか?

様々な産業界に広がる人工知能(AI)の活用。キャリアネットワークでも、故障・障害の予兆検知や通信品質の向上、そして運用自動化に役立てようという動きが進んでいる。その最新動向をレポートする。

[2016.10.24]

12345678910

スペシャルトピックスPR

ソフトバンク201612
softbank201701
panasonic201701
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます