連載 “Network of Things”時代到来で何が変わるのか? M2Mの未来について話そう

 最近M2Mという言葉が注目を集めている。Machine to Machineの略、モノとモノがつながること、といった用語として既にご存知の読者も多いのではないかと思う。では、モノとモノがつながることで、もたらされる恩恵とは一体どんなものなのだろうか。

 本連載では、M2Mが示す従来の意味とNECの考えるM2Mの世界や可能性について、全5回にわたって紹介していく。本連載が読者の皆さんのM2Mに対する理解への一助となれば幸いである。

<本連載のテーマ>

第1回:M2Mとは? 〜市場動向と普及への課題〜(2011年9月1日掲載)
第2回:“Network of Things”実現の課題と将来構想(2011年9月15日掲載)
第3回:M2Mサービスを支えるクラウド基盤の構成(2011年9月29日掲載)
第4回:NECのM2Mサービス実現への取り組み(2011年10月28日掲載)
第5回:M2M発展の鍵を握る「標準化活動」(2011年11月9日掲載)


 まず第1回ではM2Mとは何なのかという基本的なところから見ていきたい。M2Mという言葉が示す意味や、M2Mを取り巻く市場環境について、現在世の中で実現されているM2Mソリューションの事例を交えて紹介していく。

 第2回では、現在のM2M市場環境の課題についてNECが考える解決策への取り組みと、“Network of Things”が実現する世界について説明する。

 第3回では、M2Mソリューションの要となるM2Mクラウドについて解説していく。M2Mクラウドの構成要素や特長を技術的な側面から見ていくと同時に、M2Mクラウドによって広がる可能性に関しても説明する。

 第4回では、様々な領域におけるサービス事例や、領域を超えて連携していく統合的なサービスまで、M2Mで実現されるサービスについて紹介する。

 第5回では、M2M事業への取り組みのひとつである標準化活動について紹介していく。M2M事業における標準化活動の意義についても説明する。

page top
お問い合わせ先
NEC 第三キャリアサービス事業部
URL:http://www.nec.co.jp/solution/m2m/