ダイアロジック 「モバイル動画サービス」の未来が見える

 LTE/DC-HSDPAといった超高速モバイルブロードバンドの開始やスマートフォンの快進撃など、モバイルビジネスを取り巻く環境は急速に変化しているが、この変革はアプリケーションやサービスにどのような影響をもたらすのだろうか。1つ確実に言えるのは、モバイル動画の時代がいよいよ本格的に到来するということだ。

 「Video is the New Voice」――。

 マルチメディアサービス開発ツールのリーディング企業であるダイアロジックは、音声通話のように当たり前に動画が使われる時代がもうすぐやってくると予見している。そして、そうした世界を実現するため、双方向モバイル動画サービスの開発ツールに今、最も注力している。

モバイル動画サービスのアイデア・開発手法がわかる!


 そのダイアロジックは11月24日、「ダイアロジック・イノベーターフォーラム2010」を東京・赤坂のカナダ大使館で開催する。メインテーマは、もちろんモバイル動画サービスである。

 モバイル動画サービスにビジネスチャンスを感じながらも、具体的なアイデアや開発方法で悩んでいる企業は少なくないはずだ。しかし、「このイベントに来ていただければ、すべての道筋が見えてきます」とダイアロジック・ジャパン代表の雨宮利広氏は話す。

 「モバイル動画サービス市場が急拡大してくるのは、おそらく2012〜2013年。今まさに、そこに向けたプロジェクトが各社で始まっているところですが、諸外国ではどのようなアイデアが登場しているのか。また、動画サービスを開発するためのツールや手法にはどのようなものがあるのか。皆さんの関心が高いこうしたテーマについて、ダイアロジックや当社のパートナーがイベントではお話しさせていただきます」

 ダイアロジック製品を活用している例としては、iPhone 4向けのビデオカンファレンスソフトや、カナダの通信事業者が提供中のFacebookから携帯電話にテレビ電話がクリック・トゥ・コールできるサービスなどが紹介される予定だ。

 さらに、AR(拡張現実)の第一人者、クウジット代表取締役社長の末吉隆彦氏によるセッション「動画配信とARが生み出す新たな世界」も注目される。話題のARと動画が結び付くことで、いかなる新しいサービスが生まれるのか――。多くの示唆が得られるに違いない。

“新生”ダイアロジックがスタート!


 今回のイベントは、“新生”ダイアロジックのお披露目の場でもある。同社は今年10月1日、通信事業者向けベンダーのベラズネットワークス社との合併を完了、さらに米NASDAQへの上場を果たした。

 「ベラズを統合したことで通信事業者向けのソフトスイッチやSBCなどもダイアロジックの製品ポートフォリオに加わり、キャリアからエンタープライズまで一気通貫でソリューションを提供できるようになりました。また、お客様は長期間付き合えるパートナーを求めていますが、NASDAQ上場により今まで以上に安定した財務基盤を作ることができました」(雨宮氏)

 “新生”ダイアロジックは一体、どのような価値を提供してくれるのか。その全貌が「ダイアロジック・イノベーターフォーラム2010」で明らかになる。

 

ダイアロジック・イノベーターフォーラム2010

 日時
:2010年11月24日(水)
    13:30〜17:20 (受付開始 13:00) トークセッション
    17:35〜19:00 カクテルイブニング(ネットワーキング)

 トークセッションアジェンダ

    13:55 - 14:40 『Dialogicの先端技術への取り組みとリッチコミュニケーションの未来』
             Dialogic Japan, Inc.  アカウント マネジャー 吉川 達郎     

    14:45 - 15:30 『動画配信とARが生み出す新たな世界』
             クウジット株式会社  代表取締役社長 末吉 隆彦 

    15:30 - 15:45  コーヒーブレーク

    15:45 - 16:30 『東京エレクトロンデバイスの仮想化への取り組みと
             リッチコミュニケーションサービス』

             東京エレクトロンデバイス株式会社 CN事業統括本部 CNプロダクト本部
             プロダクト技術二部 アドバンスドテクノロジー4 グループリーダー 
             岡田 一男

    16:35- 17:20 『Dialogic製品販売におけるNTT-ATの付加価値 
                     〜SIP&Videoの経験と実績〜』

             NTTアドバンステクノロジ株式会社 グローバルプロダクツ事業本部
             メディアコミュニケーションプロダクツビジネスユニット
             担当課長 老松 敏雄
             担当課長代理 中森 真樹


 会場:カナダ大使館(東京・赤坂)
 東京都港区赤坂7-3-38

 参加費
:無料

 対象参加者
:通信事業者、通信機器開発、アプリケーション開発、SIer、コンテンツプロバイダー


お申込みはこちらから

ダイアロジック
提供:ダイアロジック・ジャパン・インク