日商エレクトロニクス ハイブリッドWAN「Viptela」 今こそ社内ネットワーク見直しの好機 拠点網を変革するハイブリッドWANとは

「回線費用がかかり、運用管理が面倒でなかなか変更できない」──。そうした社内WANに関する悩みを解消する新製品が、日商エレクトロニクスのハイブリッドWAN「Viptela」だ。拠点間通信のコスト効率と柔軟性を飛躍的に高めることで、ビジネス上の要件に即応できるWANを実現。同時に、コスト削減にも貢献する。

 専用線やI P-VPN等で構築される社内WANはコストがかかり、かつ多数の拠点を抱える場合は運用管理を複雑化する。最近は拠点の増加や統廃合、トラフィック需要の変化といったビジネス上の要件に応じて、素早く構成を組み直したり、利用効率を最適化できる柔軟性がWANに求められるようになってきた。

 こうした課題を解決し、拠点間網のコスト効率と柔軟性を高める画期的な製品が登場した。日商エレクトロニクスがこのたび発表したViptela社のハイブリッドWAN「Viptela」(以下、Viptela)である。本社と拠点・店舗等に専用装置「vEdge」を設置するだけで拠点間をIPsecで接続し、既存の専用線やブロードバンド接続、インターネット等をまたいだオーバーレイ型のIP-VPNを構築してくれるというものだ。クラウド上のコントローラが集中的に各拠点のvEdgeを管理・制御し、面倒な設定作業や運用管理の手間もない。低コストなインターネット接続サービスを足回りに、セキュアなIP-VPNをより簡易に使えるようになるのだ。

図表 ハイブリッドWAN「Viptela」の運用イメージ

図表 ハイブリッドWAN「Viptela」の運用イメージ

設置するだけでフルメッシュのIP-VPN 大規模な社内WANも低負荷に運用


 最大のポイントは、vEdge設置拠点間でフルメッシュのIP-VPNを自動で構築するという点だ。暗号化通信を自動確立するためプライベートキー(IKE)の設定が不要、ゼロタッチプロビジョニングにより初期設定や設定変更の手間がかからず、専門的な知識・スキルも不要だ。

 このフルメッシュ構成であることが、さまざまな利点を生み出す。

 1拠点から複数の拠点に対して通信経路が確立され、その複数経路をすべてアクティブな状態で活用できる。また、アプリケーションプロトコル単位で、ビデオ会議や音声通話といった特定の通信を拠点間で直接やり取りさせる機能も備えているため、本社やデータセンタを経由するトラフィックが軽減できる。アプリ毎にQoSやポリシーの制御も可能だ。こうした負荷分散によって拠点間網全体の利用効率を向上させ、専用線の帯域を減らしコストを低減することも可能になる。

 さらに、耐障害性も向上する。Viptelaは、特定の経路に障害が発生したり、著しく負荷が高まった場合には他の経路へ自動的に切り替える機能も備えている。なお、vEdgeの交換にも高度な知識はもちろん不要。ソフトウェアアップグレード等のメンテナンスはクラウド上から一括して行われる。

 もう1つ、クラウド側のコントローラで全体のポリシーを制御できる点も見逃せない特徴だ。例えば、トラフィックを制御して本社のファイアウォール/ DPIを経由させるサービスチェイニングが可能。拠点側にFW/DPIを置かずに通信の安全性を高められる。

 こうした特徴から、多数の拠点・グループ企業をつなぐ大規模WANや、店舗の新規出店・統廃合が活発な業種でViptelaは効果を発揮する。vEdgeは現在、最大100MEの「vEdge100」、最大1GEの「vEdge1000」および最大10GEの「vEdge2000」の3機種が用意されているが、WiFiや4G/LTE対応機種など、ラインナップの拡充が計画されている。

 今後、WANへのニーズはより多様になるはずだ。既存設備・ネットワークと組み合わせながら、その変化に柔軟に応えられるハイブリッドWANを実現するViptelaは、間違いなく注目の製品になりそうだ。また法人向けにIP-VPNサービスを展開するキャリアも本製品を用いて新サービスメニューを提供できそうだ。

page top
お問い合わせ先
日商エレクトロニクス株式会社
マーケティング本部 第一マーケティング部
TEL:03-6272-5640
製品ページはこちら
お問合せはこちら