NTTぷらら 次世代コア/エッジルータ導入事例 省スペース化・省電力化でコスト削減 トラフィック増にも対応した柔軟な基盤

約300万の会員を擁するインターネット接続サービス「ぷらら」を提供するNTTぷららは、新拠点のルータとしてシスコシステムズのCisco ASR 9904と新型高密度ラインカードを採用した。大規模災害対策として通信設備を拠点分散するほか、CPAK対応によりハウジングコストの大幅な削減を実現する。
永田勝美氏

NTTぷらら
取締役
技術本部長
永田勝美氏

 国内のインターネット人口普及率は8割を超え、ほとんどの人がインターネットを利用する世の中になって久しい。そうした中で、動画の利用増や動画品質の向上に伴い、総トラフィックは着実に増え続けている。

 NTTコミュニケーションズのグループ企業で大手プロバイダーのNTTぷららによると、一人当たりのトラフィックは年率約30%の割合で増加しているという。従来の料金の範囲内で快適に利用できるサービス品質を提供するためには、コア/エッジルータのキャパシティを効率的かつタイムリーに拡張していく必要がある。こうした課題への対応に加えて、通信設備の拠点分散を目的として、同社は新拠点のコアルータとフレッツのアクセスネットワークを接続するためのエッジルータにCisco ASR 9904シリーズアグリゲーションサービスルータ(以下、Cisco ASR 9904)を採用した。

 「東日本大震災のような大規模災害が発生すると、インターネットは情報交換・収集の重要な手段として利用されます。インターネット接続サービスが利用できない状況を局在化し、サービス継続性を高めることが望まれています」。取締役技術本部長の永田勝美氏は設備分散の背景をこう説明する。

選択時の重要指標となるポート密度 新ラインカードで100GE高密度


 これら2つの課題に対する最適解がCisco ASR 9904の導入だったわけだが、選択の理由はどこにあるのか。技術本部ネットワーク管理部マネージャーの西岡大貴氏は「機器への初期コスト、運用時のハウジングコスト、ポート設計の柔軟性、将来の拡張性などの観点から比較検討を行った結果、最も優れた製品であると評価しました」と話す。

 シスコの前世代のラインカードと比較しても、100GEポートの密度は4倍ある。ハウジングコストは設備維持コストの中で大きな割合を占めるので、ポート密度は製品選択の重要な指標だ。

 シスコでは今年2月に第三世代ラインカードをリリースしたが、ここでは新型ネットワークプロセッサ (Tomahawk)と新型トランシーバCPAKがコアの技術となる。

 まず、新型ネットワークプロセッサでは大容量トラフィックに対応するためパフォーマンスとスループットを大幅に改善しており、消費電力も削減している。また、従来の100GEトランシーバであるCFPは、サイズおよび消費電力が大きく高密度化に課題があったが、Cisco CPAKは最新のシリコンフォトニクステクノロジーを用いることで、サイズと最大消費電力をCFPの約4分の1に抑えることに成功した。

 従来のラインカードでは、100GEポートと10GEポートはそれぞれ個別のラインカードとして存在していたり、同一ラインカード内に混在していたとしても各ポート数は固定されて柔軟性に欠けていた。また、エッジルータに関しては多くのアクセス回線を収容しなければならないが、物理的な配線が複雑になり、ポートの追加や交換を行うときに作業が困難となるケースがあった。

 その点、CPAK10ポート10GEブレイクアウトソリューションは、ラインカード上のCPAKを1ポート100GEモードまたは10ポート10GEモードに、CLI設定で即座に変更できる。

 10GEブレイクアウトソリューションには、配線のシンプル化というメリットもある。従来は、アクセス回線収容とネットワークサービスを提供するアプライアンスへの接続のために膨大な数のケーブルで接続されており、ケーブリングの課題を抱えていた。ラインカードの故障時にはこれらのケーブルを抜いて機器交換後に元に戻す必要があるが、10GEブレイクアウトソリューションはケーブリングのシンプル化でより確実な交換作業が可能になる。

図表1 「ぷらら」新拠点のネットワーク構成

図表1 「ぷらら」新拠点のネットワーク構成

図表2 ラインカードの詳細構成図

図表2 ラインカードの詳細構成図

IOS-XRの運用性が管理作業を支援 ポートライセンスで初期コストを抑制


 Cisco ASR 9904は、シスコのキャリア向けソフトウェアのIOS-XRを搭載し、通信事業者が必要とする機能を備えていることで運用負担も軽減する。

 オペレーション設定内容を確認してコミットを行うまで実際の機器には反映されないため、設定変更時のヒューマンエラーも回避しやすくなっている。すでに使い慣れているシスコのコマンドが使用できることも安心して管理作業を行える要因であり、また設備を分散する上でリモートオペレーションにも不安はない。

 収容しているユーザ数が少数の初期段階では、ポートライセンスにより利用ポート単位での投資が可能な点も初期投資の抑制に大きく貢献している。

 「利用ポート数をトラフィック増大に合わせて増やしていけば、常に最適な投資が可能になります」と永田氏。今のペースで推移した場合、6年間は現在の機器構成で対応できる見込みという。わずかの機器でこれだけのトラフィックをサポートできるというのは、従来であれば考えられなかったことだろう。

「ひかりTV」やMVNOでの活用も 将来はIoTサービスの実現も目指す


 NTTぷららが提供するスマートTVサービス「ひかりTV」も映像の高品質化が進んでおり、4Kサービスの利用も増えている。2020年の東京五輪時には、8Kへの要望が高まると予想される。「お客様のニーズに確実に対応していくためには、Cisco ASR 9904 のように高い拡張性を持つネットワーク機器が必要になってくるでしょう」(永田氏)。

 また、NTTぷららではMVNOとしてモバイル接続サービス「ぷららモバイルLTE」も提供している。MVNOならではの安価な料金体系を維持しつつ快適な通信速度を提供するためにはネットワーク設備の効率化が不可欠であり、Cisco ASR 9904はその手助けとなるはずだ。

 今後は、IoTサービスの提供も視野に入れている。IoTが本格化すれば、デバイスや機能、サービスにより、これまで以上に様々な特徴を持ったトラフィックがネットワークの上で流れることになる。それぞれのトラフィックに合った品質やコスト、セキュリティ要件に対して確実に対応できる柔軟性の高いネットワークが求められるようになることは確実だ。

 「Cisco ASR 9904 には多様なネットワーク機能を実装できる仕組みが装備されています。またシスコはネットワーク仮想化やオーケストレーションなど、業界をリードする研究開発活動も積極的に進めています。今後の先進的な取り組みについても、協力していきたいと考えています」と永田氏は期待を寄せる。

Company Profile

株式会社NTTぷらら

所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 24階

設立:1995年12月

資本金:123億2100万円

従業員数:401名(2015年7月現在)

事業内容:電気通信事業・映像配信サービス・インターネット接続サービス・IP電話サービス 等

Information

サービスプロバイダー向けニュースマガジン「inSPire」

シスコが発行するWebニュースマガジン「inSPire」では、今回のプロジェクトをさらに詳しく紹介。ほかにも通信事業者向けに厳選された技術や最新のニュースが豊富に揃っている。ぜひ参考にしてほしい。

シスコ「inSPire」の最新号はこちらからhttp://www.cisco.com/jp/go/inspire

page top
お問い合わせ先
シスコシステムズ合同会社
〒107-6227
東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー
URL:http://www.cisco.com/jp/