三井物産エレクトロニクス 汎用デバイスでPoCを手早く簡単に! スモールスタートで始めるIoT/M2M

IoT/M2Mを活用したいが、システムの導入に投資していいものか判断できない──。そのような企業ユーザーの悩みを解決するために、三井物産エレクトロニクスは汎用デバイスを活用し、手早く簡単なPoC(Proof of Concept)によるスモールスタートをサポートする。通信事業者やSIerとの協業でIoT/M2Mビジネスの拡大を目指す。
上田稔氏

ソリューション
事業本部長
上田稔氏

早川恭二氏

CTO
早川恭二氏
 

 IoT/M2Mが普及の兆しを見せている。これまでは大手の製造業や運輸業などで導入されることが多かったが、ここにきて他の業界や中堅中小企業もIoT/M2M活用の検討を進めている。

 だが、それらの企業が検討フェーズから実際の導入フェーズへと進むには、大きな課題が存在する。それは「IoT/M2Mを活用すれば効果はありそうだが、その具体的なイメージを持つことができない」というハードルだ。

 センサーなどから収集したデータをもとに、どのような価値を導き出すことができるのか。データを収集するまで分からないが、どれほどの効果があるか分からないものに投資はできない。

 この課題を解決するために、「スモールスタートで手早く簡単にPoCを始め、PDCAを回しながら商用システムへ段階的にスケールアップすること」を三井物産エレクトロニクス(MBEL)は提案する。同社は、通信事業者やSIer向けに汎用デバイスソリューションを提供するとともに、SIerなどとのパートナーシップによってエンドユーザーのPoC構築を支援している。

コストを抑えてPoCを実現! 汎用デバイスでボトルネック解消


 手軽にPoCを実施しようとしても、自社の要件に合ったセンサーやゲートウェイなどのIoTデバイスの入手がボトルネックになり、PoCの準備が滞ってしまうことは少なくない。

 IoTデバイスはシステムと現実世界との接点の役割を担い、様々な環境でデータを収集することになる。デバイスのコネクティビティはもちろんのこと、屋内だけでなく屋外に設置されることもあるため、場合によっては高温多湿の非常に劣悪な環境で動作することが求められる。加えて、海外展開を念頭においたシステムであれば各国の基準・規格に適合した製品でなければならないなど、考慮すべき要件は山積みだ。

 さらに、PoCにおいてはIoTデバイスが汎用品であることが重要なポイントだとMBELのソリューション事業本部長である上田稔氏は強調する。なぜなら、要件に合ったデバイスをカスタムで作れば、莫大なコストがかかってしまうからだ。少ない投資で手早くPoCを行うには、多様な要件を満たす汎用的なデバイスの存在が欠かせない。

 このような場面で、エレクトロニクス専門商社であるMBELのコーディネート力が威力を発揮する。MBELのパートナーベンダーは国内外で多方面にわたり、汎用デバイスの数も豊富だ。

 パートナーベンダーの1社である台湾のAdvantechは、産業用コンピュータ業界で世界第1位のシェアを誇る。そして、長年ODMでモジュールを設計・生産してきた経験をもとに、コネクティビティを備えたワイヤレスセンサーネットワークやIoTゲートウェイなど、幅広い種類のデバイスを取り揃えている。

AdvantechのIoTゲートウェイ「UTX-3115シリーズ」

AdvantechのIoTゲートウェイ「UTX-3115シリーズ」。過酷な環境での使用に耐える製品で、24時間稼動が可能な安定性・信頼性を備える

 また、センサー分野では、スペインのLibeliumのデバイスが有力だ。利用シーンに応じて多彩なセンサーを自由に組み合わせることができるセンサーネットワークBOX「Waspmote Plug & Sense!」を提供し、スマートシティや水質モニタリングなどソリューションごとに適したモデルを用意している。

Libeliumのクラウド接続ゲートウェイBOX「Meshlium」(左)とセンサーネットワークBOX「Waspmote Plug & Sense!」(右)

Libeliumのクラウド接続ゲートウェイBOX「Meshlium」(左)とセンサーネットワークBOX「Waspmote Plug & Sense!」(右)は、屋外に設置可能。また、Waspmote Plug & Sense!は50種類以上のセンサー群の中から、用途に応じて必要なセンサーを6つまで1筐体に接続できる

 車載器製品の設計・製造を行う台湾のATrack TechnologyもMBELのパートナーベンダーだ。テレマティクスデバイスやGPSトラッカーなどを取り扱っており、製品の安定性から日本だけではなく世界中の国々で利用されている。

ATrack TechnologyのGPSトラッカー「AS3」(左)とテレマティクスデバイス「AX7」(中)、「AU7」(右)

ATrack TechnologyのGPSトラッカー「AS3」(左)はGPS・加速度センサーおよび内蔵電池を搭載しており、貨物・物流の位置監視・衝撃/衝突検知などに活用可能で、防塵防滴規格IP-67に対応している。テレマティクスデバイス「AX7」(中)、「AU7」(右)はOBDII・CANやシリアルのインターフェイスに対応しており、遠隔から車両データを取得できる

 他にも数多くのパートナーベンダーがいる。それらの汎用的なIoTデバイスのラインナップがあれば、PoCに向けたハードウェアの準備は万端だ。グローバル展開や耐環境性能など、要件に応じたデバイスを選択するだけでよい。

クラウド活用したPoCシステム 検証から本格導入へ移行も容易に


 手軽なPoCの実現に向け、デバイスの次に浮上する障壁はプラットフォームの選定だ。

 「IoT/M2M専用プラットフォームは、ファームウェアのアップデートやデバイス管理などの面で一日の長があるが、AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft AzureなどのクラウドもIoT/M2M向けの機能を拡充しており、有力な選択肢となってきています」と上田氏は語る。

 さらに、「技術的にはMQTTやRESTなどの標準的なプロトコルが普及してきたことで、特定のプラットフォームにロックされることなくPoCから商用サービスへと柔軟にスケールアップできるようになってきました。しかしながら一方で、各プラットフォームには特徴があり、実現したい機能や用途、接続するデバイスなどによって最適な組み合わせは異なります」とCTOの早川恭二氏は説明する。

 そこでMBELは、IoTゲートウェイを介してセンサーなどからデータを収集し、それらのデバイスをM2Mマシンクラウドで管理しながら、クラウド上では収集したデータの可視化や分析を行うことができるようなPoCシステムを用意している(図表)。

図表 PoCの為のM2Mクラウド・汎用クラウド連携システム(事例)

図表 PoCの為のM2Mクラウド・汎用クラウド連携システム(事例)

M2Mマシンクラウドにより、監視対象アセットの管理、センサーデータのルール設定、ファームウェア配布とアップデートなどを容易に実現できる。また汎用クラウドを活用し、汎用クラウドが持つ多様な機能を利用してデータを保管、可視化、解析するなど、容易にデータを利用することが可能となる

 このシステムは、スモールスタートでIoT/M2Mを始めるエンドユーザーはもとより、エンドユーザー向けにPoCを提供しようとする通信事業者やSIerなどの強力な味方になるだろう。

積極的にIoTパートナー開拓 HWの他にもアプリや課金まで


 MBELは積極的にパートナーの開拓も進める。「当社はあくまでもハードウェアレイヤーの会社です。ソリューションとしてIoT/M2Mを提供するには、上位レイヤーの方々とパートナーシップを結ぶ必要があります」(早川氏)。

 MBELは2015年に入り、セールスフォースが進める「IoTジャンプスタートプログラム」にテクノロジーパートナーとして参加。また、IoT/M2Mクラウドプラットフォーム「Toami」を提供する日本システムウエア、クラウドサービスの導入支援に強いベンチャー企業のウフル、課金サービスの仕組みを提供するビープラッツなど、次々とパートナーシップを結び、IoTデバイスとクラウドを連携させるためのソフトウェアを開発中のAdvantechとは協業を強化した。

 コネクティビティを備えた汎用的なIoTデバイスの豊富なラインナップ、そして手早く簡単に実施可能なPoCシステムまでを視野に入れ、MBELは通信事業者やSIerとの協業によってIoT/M2Mビジネスに挑む。

page top
お問い合わせ先
三井物産エレクトロニクス株式会社
E-mail:press_sol@mbel.co.jp
URL:http://www.mbel.co.jp