レコモット moconavi ワークスタイル変革の選択肢となるBYOD 安全性と操作性の高いMAMが導入を後押し

ビジネスのグローバル化が進み、企業の従業員の働き方に変革が求められている。その際、選択肢の1つとして挙がるのがBYODである。だが、私物スマートデバイスを業務に活用するには高い安全性と使い勝手の良さを同時に実現する必要がある。この要件を満たすためにうってつけのツールがレコモットのMAM「moconavi」だ。
東郷剛氏

レコモット
代表取締役CEO
東郷剛氏

 私物デバイスを業務利用するBYOD(Bring Your Own Device)。一時期に比べ、その言葉を耳にすることが減ってきたようにも思えるが、じつは着実に広まっている。

 「ビジネスのグローバル化が進み、企業の就業員のワークスタイルの変革が求められています。その際、BYODは選択肢の1つとして今なお重要な施策だと考えられています」とレコモット代表取締役CEOの東郷剛氏は説明する。

 BYODで私用する端末は従業員個人の資産である。会社支給の端末と異なり、端末はIT管理者の管理下にはない。そのため、例えば業務情報が保存された端末に、個人が悪質なアプリを追加した場合、業務情報が漏えいするといったことが考えられる。

 こうした事態を防ぐため、多くのIT管理者はMDM(モバイルデバイス管理)でセキュリティを担保しようとしてきた。だが、従業員にとって私物端末を管理されるのは、プライベートを管理されることと同じであり、「極力、避けてほしい」というのが本音だろう。

 私物端末を管理したいIT管理者と管理されたくない従業員。両者が納得できるセキュリティ対策がMAM(モバイルアプリケーション管理)である。端末ではなく、業務で私用するアプリケーションと情報だけを管理するものだ。

安全性と操作性が高い セキュアMAMという発想


 MAMは(1)MDM系MAM、(2)セキュアブラウザ系ソリューション、(3)シンクライアント系MAM、(4)セキュアMAM──の大きく4つに分類される。

図表1 MAMの種類と特徴の分類

図表1 MAMの種類と特徴の分類

 (1)MDM系MAMは、アプリであるため視認性や操作性に優れているが、端末にデータが残る。データは暗号化されてリモートワイプできるものの、リモートワイプの成功率は高くなく、他の3つに比べて情報漏えいのリスクが大きいといえる。

 (2)セキュアブラウザ系ソリューションは、使用後にキャッシュデータを削除する「セキュアブラウザ」を使用する。ブラウザ操作でページ単位の処理となるため、レスポンスや操作性に難がある。また、ログアウトしないとデータが残ることもある。

 (3)シンクライアント系MAMは、Windowsをシンクライアントで操作するもの。端末にデータを残さないが、タッチデバイスでのWindowsアプリの操作に難がある。そもそも画面サイズの小さいスマートフォンでWindowsアプリを操作するのはそう簡単なことではない。

 (4)セキュアMAMはアプリであるため、視認性や操作性に優れている。また、端末にデータを残さないので情報漏えいの心配もない。レコモットの「moconavi」は、このセキュアMAMに該当する。

 また、最近ではMDMとMAM、MCM(モバイルコンテンツ管理)の機能をまとめたEMM(エンタープライズモビリティ管理)があるが、なかにはMAMだけを使用したいというニーズに応えられないものも存在する。

 例えばBYODを採用する場合、MAMだけが必要だが、MDMを使用しないとMAMの機能が利用できないといったことである。当然、MDMを含んだ料金になり、割高になってしまう。

 「moconaviはMAMとして独立しているため、不要な機能の契約が必要なく、料金も抑えることができます」(東郷氏)。

端末にデータを残さず リモートワイプは不要


 moconaviは業務アプリを仮想サービスのように扱い、それがクラウドシステムで社内システムでも意識せずに使える。moconaviに業務アプリがすべて含まれるといった考え方で、MAMをワークスペースだと考えているという。

 アプリを起動し、ID/パスワード認証でログインするだけで、グループウェアやWebシステム、クラウドサービスなどと連携できる。

 アプリならではのリッチなUI(ユーザーインターフェース)や、組み込みブラウザに左右されない快適な操作感などの体感できるメリットが目立つが、特筆すべきは端末にデータを一切残さないセキュリティ強度の高さにある。データを端末に書き込まずに、アプリのメモリ領域のみで展開し、同期しない。メール添付されたファイルや顧客情報などのデータが端末に残らないため、リモートワイプの必要がないのだ。

図表2 モバイルUCとして活用できるmoconavi

図表2 モバイルUCとして活用できるmoconavi

MDMやクラウドサービスとの併用で ユーザーの利便性を向上


 このようにBYODに最適なmoconaviだが、端末を会社支給する場合には、MDMベンダーが提唱するEMMと合わせて利用することも可能で、シマンテックやオプティムのMDM、EMMとの連携を進めている。「BYODでも会社支給でも、迷うことなくmoconaviを使ってもらうことができます」と東郷氏は話す。また、レコモットは現在、moconaviをハブとして、社内SNSやグループウェア、音声、ビデオ会議、IMなど音声もデータも含んだあらゆる業務システムを連携させる“モバイルUC(ユニファイドコミュニケーション)”の構築に取り組んでいる。

 その一例が電話(音声サービス)である。moconaviから発信する場合、050番号での発信やコールバック発信、Cisco Jabberや050PlusなどのVoIPアプリとの連携により、さまざまな発着信方法に対応する。これによりBYODでの公私分計や会社支給時の電話使用料の削減が可能になる。また、「Cisco Unified Communications Manager」と連携し、スマートフォンのアドレス帳に顧客情報を登録せずに使用することもできる。プライベート領域や個人情報を保護しながら電話の発着信が可能だ。

 さらに、今秋までには無料通話・チャット機能も増やす方針だ。また、ビジネス向けDropboxと提携し、オンラインストレージをセキュアに利用できる環境も構築していく。ユーザーはDropboxのIDとパスワードを知らなくても、moconaviでのシングルサインオンによりDropboxを利用可能になる。安全性の高いmoconaviのドキュメントビューワとオンラインストレージを併用することで、セキュリティの強度を下げずにユーザーの利便性を確保できる。

 このように高いセキュリティを保ちながら、使いやすさも追求していくのがレコモットのポリシーだ。それを実現させるにはWebベースではなく、アプリベースであることが重要だ。そしてレコモットのポリシーを具現化したのがmoconaviである。企業の従業員の働き方を変革するのに、有効なツールだといえよう。

page top
お問い合わせ先
株式会社レコモット
TEL:03-6380-8567
URL:http://www.recomot.co.jp/