ACCESS IoT サービスへの取り組み IoTの全レイヤーをサポートするACCESS サービスの掛け合わせで新たな価値の創造も

ACCESSは組み込み系システム開発の老舗。インターネットブラウザ「NetFront® Browser」などで名を知られているが、それ以外にも情報家電やカーナビなどにネットワーク接続モジュールやインターネットソフトウェアを提供している。
「すべての機器をネットにつなぐ」をビジョンに掲げてきた同社が、満を持してIoT向けソリューションの提供を開始した。
植松理昌氏

ACCESS
執行役員
Co-CTO 研究開発室
室長兼
ASPビジネスグループ長
植松理昌氏

 いまIoTを手掛ける企業は多いが、ACCESSはその中でもカバーエリアの広さに自信を見せる。IoTの力を活かすには、情報を集めるセンサーやビーコン、そこから集まった情報を分析するバックエンドシステム、そしてそれらを結ぶネットワークのすべてが揃わなければならない。「多くのIoT関連企業はバックエンドのビッグデータ分析やセンサー機器など、いずれかのレイヤーに特化していますが、ACCESS が組み込み開発で培ったノウハウは末端のデバイスをネットワークにつなぎ、それをクラウドと連携させるところまですべてのレイヤーをカバーしています」と、執行役員Co-CTO 研究開発室室長兼ASPビジネスグループ長の植松理昌氏はその特徴を語る。

ビーコンとアプリ、クラウドをABFとしてワンパッケージで提供


Bluetooth Low Energyの採用により、ACCESSのビーコンは乾電池やボタン電池で長時間動作する

Bluetooth Low Energyの採用により、ACCESSのビーコンは乾電池やボタン電池で長時間動作する

 IoTを使ったサービスにおいてまず注目したいのは、情報収集やサービス呼び出しのトリガーとなるセンサーやビーコンだ。

 IoT の重要な構成要素である組み込み機器やセンサーは、これまでネットワーク接続や電源供給をどのように提供するかという問題に悩まされてきた。この二つを一気に解決するためにACCESSが採用したのがBluetooth Low Energy(以下、BLE)だ。低消費電力が最大の特徴で、BLEを使えば乾電池やボタン電池で長時間動作するビーコンやセンサーをを作れる。「BLEを使うことでネットワーク配線の問題を、電池を使うことで電源の問題を解消しました。いわばIoTのラストワンマイルを克服できる大きなイノベーション。ビーコンはその最先鋒」と、植松氏はACCESSのビーコン製品を紹介する。

 低消費電力の恩恵を最大限に活かすため、BLEの通信スタックにも自社で独自のノウハウを盛り込んでいるという。通信頻度にもよるが、ボタン電池で1年程度、単3乾電池を使うタイプでは4年程度の電池寿命を持ち、電池が消耗した際の通知の仕組みも仕込まれている。

 こうしたビーコンの使い方は、大きく分けて2通りが考えられる。ひとつは、ビーコンに近づいたスマートデバイスに自動的にコンテンツを表示させるトリガーとして使う方法。小売店や映画館におけるO2Oの取り組みとして、先駆的な企業がすでに活用し始めている。そして、もうひとつの使い方は、温湿度や加速度センサーを搭載した拡張されたビーコンで行う情報収集だ。こちらは、農業や設備監視等にも応用されている。加速度を判断する領域では、ゴルフスイングをチェックする同社の製品「フルミエル」で培ったジャイロセンサー技術などが思わぬ形で活かされている。

 「ACCESSではビーコンを単なるO2Oのデバイスではなく、IoTの入り口として捉えています。ビーコンを入り口として、ネットワークやクラウドまでをワンパッケージで提供できるのが強みです」と植松氏。ビーコン本体とスマートデバイスアプリのSDK、管理クラウドをパッケージ化し、ABF(ACCESS Beacon Framework)として提供している。「ビッグデータという単語から感じるよりも、もう少し身近で小回りが利くキット」(植松氏)と言う通り、小規模なサービススタートアップにも使える手頃な価格設定になっている。

家電を入り口としたIoT分野でも通信モジュール、先進的なUIを開発


 組み込みシステムの開発でACCESSが多くのノウハウを持つ情報家電も、ネットワーク化が進んでいる。IoTの側面から見ればこれは、家電製品を入り口としたIoTサービスの充実を意味している。家電製品ということでビーコンのように電源配線で悩むことは少ないが、宅外へのネットワークへどう接続するのかという課題は変わらない。

 そして、こうしたデバイスをネットワークに接続するのはACCESSが得意としてきた分野だ。植松氏はその市場について「HEMS(Home Energy Management System)やMEMS(Mansion Energy Management System)などを使った電力消費の見える化と効率化が注目されており、ここではECHONET Liteと呼ばれる通信モジュールを提供しています」と説明する。

 エコーネットコンソーシアムへの参加など、標準化への対応も積極的に行なっている。「東日本大震災以来、省エネへの関心は高い。エネルギーを効率的に使うため、電力消費側だけではなく、発電側の監視システムの開発も行い、それら双方をインテリジェントにしていく動きをACCESSでも支援しています」という。

 また、ネットワーク化され高機能化される家電製品のコントロールパネルや、それらを統合したホームコントロールパネルの重要性が増している。米国ではすでに、ネットワーク経由で操作できる製品が100以上も発売されており、それらを統合管理するコントロールパネルが求められている。

 その要求に応えるのが、ACCESSが提供するNetFront Browser for Embedded UIだ。「HTML5コンテンツで情報家電のUIを開発することが現実味を帯びてきている。組み込みブラウザと通信モジュールはACCESSが元来得意とする世界。これに低価格化したタッチパネル液晶を組み合わせました」と、植松氏はその特徴を語る。

 ネットワーク経由でのデバイスコントロールにおいては、他社とはひと味違った取り組みも行なっている。なんと、社内のメッセージングサービスであるLinkitに組み込み機器がメンバーとしてログインし、アラートなどをチャットメッセージとして投稿するのだ。チャットルームにいるメンバーにプッシュで配信でき、その情報に対して同じ場で対応の相談や指示もできる。BOTと呼ばれる「モノの擬人化」はトレンドになりつつあり、新しい形のIoT UIと言えるだろう。

IoT BaaSで容易にサービス連携 掛け合わせで無限の可能性を生む


 このように見渡してわかる通り、幅広い技術に精通し、なおかつそれぞれの個別技術が高いことがACCESSの強みだ。

 さらにそれらを掛け合わせることで、新たなベネフィットを生み出す力も持っている。ポイントは、ACCESSのソリューションが共通のクラウド基盤上で開発されている点にある。ユーザー管理や課金、情報配信やデータストアなど、オンラインサービスが必ず必要とする機能をBaaSとして作り込み、その上でABFやLinkit、オンラインストレージのDocDriveなどが稼働している。同じBaaS基盤上で動いているので、サービス同士を簡単に組み合わせることができるのだ。

図表 IoTサービスを支えるクラウド基盤(BaaS)

図表 IoTサービスを支えるクラウド基盤(BaaS)
画像をクリックして拡大

 「ユーザー企業が開発したIoTサービス同士を連携させることも可能。例えば、先に紹介したような発電側と電力消費側のマネジメントを連携させれば、各家庭のソーラーパネルで発電した電力の売買市場を形成することもできるかもしれません。IoTの真の価値は、それぞれが組み合わされ、掛け合わせの価値を生むポテンシャルだと考えています」と、植松氏はBaaSが持つ可能性の大きさを示した。サービス同士が掛け合わさることで、もたらす影響は大きさを増していく。自社サービスでできる以上のベネフィットを生み出す可能性、これこそがIoTビジネスパートナーとしてのACCESSの最大の魅力かもしれない。

ホワイトペーパーダウンロード
ホワイトペーパーダウンロード iBeaconで新しい顧客体験を提供するための4つのレッスン

近距離無線規格「Bluetooth Low Energy」を活用した新技術「iBeacon」に注目が集まっています。O2Oマーケティングやプレミアムな顧客サービスの実現など、iBeaconを使って新しい顧客体験を提供するための4つのポイントを本ホワイトペーパーでは解説しています。

ホワイトペーパーダウンロードはこちら
page top
お問い合わせ先
株式会社ACCESS
TEL:03-5259-3771
E-mail:contact-gr@access-company.com
URL:http://www.access-company.com

「ACCESS Beacon Framework(ABF)」に関するお問い合わせ先
E-mail:beacon-info-gr@access-company.com
URL:https://a-beacon.com/

「JINSOKU.biz」に関するお問い合わせ先
E-mail:inquiry-form@jin-soku.biz
URL:https://jin-soku.biz/