NECネッツエスアイ クラウド型WiFiサービス 高品質WiFiを生産性・収益アップの武器に! 運用の手間なく快適な無線環境の構築を支援

あらゆる業種において無線LAN(WiFi)の活用が進んでいる。だが、安易な導入は禁物だ。入念な事前準備を行い、適切な製品を選定、運用負荷が増大しない仕組みも合わせて検討してこそ、WiFiは生産性を高め収益アップをもたらす武器になる。WiFi導入の支援サービスを提供するNECネッツエスアイに、有効活用するための秘訣を聞いた。
中島栄一氏

キャリアソリューション
事業本部
キャリア販売推進本部
ソリューションビジネス
企画グループ
システム課長
中島栄一氏

有留龍一氏

キャリアソリューション
事業本部
サービスプラットフォーム
事業部
モバイルワイヤレス基盤
技術部
技術課長
有留龍一氏

 無線LAN環境の整備が全国至るところで進んでいる。スマートフォンをはじめWiFi搭載デバイスが爆発的に増加。利用する場所も用途も急速に広がっており、従来のような有線ネットワークを補完する役割から、ITサービスを利用するために不可欠なインフラへとWiFiの位置付けが変わってきた。

 この流れはますます加速するだろう。スマートデバイスを業務に活用しようとする企業、ICT活用に取り組む教育機関、急増する訪日外国人向けに高品質なインターネット接続サービスを提供するホテルなどあらゆる業種で、WiFi環境の整備は生産性と収益向上に直結するからだ。例えばホテルなら、宿泊客向けのネット接続サービスは今や欠かせないものとなっており、それに加えて、周辺観光地の情報を配信したり、従業員の業務システム用としても使える。高品質なWiFi環境を構築し、有効活用することは、事業戦略において重要な要素となっているのだ。

サーベイと設計ですべてが決まる 安易な導入はトラブル続発の元


 では、WiFiを導入し、かつ有効に活用するための秘訣とは何だろうか。

 多数のWiFi構築案件を手掛けてきたSIerのNECネッツエスアイは、押さえるべきポイントを4つに整理し、そのノウハウで幅広い業種の企業のWiFi導入を支援している。モバイルワイヤレス基盤技術部で技術課長を務める有留龍一氏がまず指摘するのが「導入前準備(サイトサーベイと設計)の重要性」だ。「カバーエリアのサーベイを入念に行い、用途やユーザー数、セキュリティ要件に応じた適切な設計をすることで、導入後の障害が最小化できる」。

 導入前に検討すべき項目は多岐にわたる。適切なWiFi規格とセキュリティ規格を選び、ユーザー数と利用方法からスループット要件を決め、アクセスポイント(AP)の台数と設置場所を特定、さらにチャネル割当、干渉対策も検討する。認証サーバーやPoEスイッチ等の周辺設備の選定も必要だ。

 こうした「最初の準備が肝心」と有留氏は強調する。NECネッツエスアイが支持を集めるのも、「お客様の環境ごとに最適な準備ができる」ことが理由だ。同社は通信キャリアのWiFiインフラ構築も手掛けており、その設計・保守で得たノウハウを活かしている。

 2つ目のポイントは、「利用シーンと用途に応じた最適なAPを使う」ことだ。WiFi端末の種類や同時接続数、屋内と屋外の環境の違いを考慮してAPを選定する。導入後の増設や移設、SSID/アクセスコードの変更といった定期的なメンテナンスが容易に行えることも考慮に入れなければならない。そのため、NECネッツエスアイでは、無線LANコントローラで複数のAPを一括管理できる集中管理型を薦めている。

 続いて、「運用の手間とコストをかけない」ことが3つ目のポイントになる。障害やトラブルが発生した場合の問い合わせ対応や、増移設時の投資コストなどが負担になる。運用を代行するアウトソーシングサービスや、月額利用料でAPの増減にも柔軟に対応できるクラウドサービスを利用すれば、こうした問題にも対処できる。

 最後のポイントは「WiFiを多目的に活用する」こと。例えば店舗ならセール情報や電子クーポンを、観光地なら最新のイベント情報を適時に配信することで、顧客満足度の向上に役立てられる。一般的なオフィスでも、WiFi導入によって社員はどこでも情報にアクセスしやすくなるが、そうした働き方に適した新たな業務アプリを導入することで、投資対効果がさらに高まる。

WiFi環境を月額サービスで提供 運用代行でユーザーは本業に集中


 これらのポイントを踏まえ、NECネッツエスアイが提供しているのが「クラウド型WiFiサービス」だ。APやコントローラ、PoEスイッチ、VPNルータ等の機器も含めて、月額利用のクラウドサービス型で無線LAN環境を包括的に提供するものだ(図表)。AP当たり月額3000円程度で利用でき、資産化せずにWiFiを導入できる(下のホテル向けの利用例を参照)。

図表 クラウド型Wi-Fiサービスのイメージ

図表 クラウド型Wi-Fiサービスのイメージ
基本サービス価格(月額利用料の一例)

 なお、導入前のサーベイ・設計、工事費等は別途必要だが、これも分割払い(月額利用料に合算)が可能だ。

 多様な要件に柔軟に対応できる点も特徴だ。WiFiデバイスの機種/OSによらず利用でき、キャリアも問わない。全国のどのような施設でも導入でき、また、様々なアプリ/用途で利用できる。稼働開始後にAPを増減する場合、利用料の変更で柔軟にできるのも嬉しい点だ。ユーザーの要望によっては、オンプレミスモデルにも対応する。

 データ暗号化やRadius認証等のセキュリティ機能も必要に応じて利用可能だ(オプション)。業務インフラとゲスト用のWiFiサービスを兼用する場合も含め、安全な環境を整備できる。

 また、稼働開始後の運用コストの削減にも貢献する。APの制御やデータの管理等はデータセンターから集中型で行い、故障受付や機器の死活監視、センドバック対応等が標準で提供されるため、運用の手間が少ない。

 より広範囲なサポートも受けられる。エンドユーザーからの問い合わせに直接対応するコールセンターサービスも用意しており、WiFi導入企業の社員や来店客からの問い合わせへの対応を、NECネッツエスアイにアウトソーシングできる。6カ国語をサポートする多言語対応コールセンターを備えているため、「外国人客に応対するホテルや観光施設のお客様にとって、問い合わせ対応の負荷を軽減できるだけでなく、サービスレベルの向上にもつながると評価されている」と語るのは、ソリューションビジネス企画グループ・システム課長の中島栄一氏だ。オンサイト保守やトラフィック監視等のメニューも揃えて運用を代行、ユーザー企業が本業に専念できるよう支援する。

 また、先に2つ目のポイントで挙げたAPの選定についても、様々なベンダーの製品を用意して、要望に応えている。標準機として、電波干渉を防ぐ特許技術「Smart WiFiテクノロジー」を搭載し、1台で広いエリアをカバーできるラッカスワイヤレス製品を使用。そのほか“屋外に特化して利用する”“コストを抑えたい”などの要件に対応できるよう「6〜7ベンダーの製品から適切なAPを提案できる」という。

 さらに、NECネッツエスアイは、無線LANをさらに活用するためのアプリ/サービスも合わせて提供している。

 その1つが、APの電波エリア内に入ったスマートフォンに文字・画像・動画情報を配信する「PlusZone」だ。店舗/商業施設や観光地・テーマパークでクーポン配信、ガイドマップ・施設案内に用いたり、交通機関で路線図や運行情報の配信に使ったりと、様々な利用シーンで活用できる。

 コミュニケーションを円滑化し、業務効率を高めるためのプラットフォーム「LookieTalkie」を用意している。LookieTalkie上では、TV通話やチャット、ファイル転送等の機能を備えた多機能アプリ、WiFi/LTE経由でスマホをIPトランシーバとして扱えるアプリ、顧客からの問い合わせにチャットや動画像の送信も組み合わせて対応できるコンタクトセンターアプリと、多様な業種で使えるアプリが揃う。

 このほか、「お客様の既存業務システムと連携するソフトウェア開発も可能」と中島氏。多面的な取り組みで、WiFi導入と有効活用を後押しする。

page top
お問い合わせ先
NECネッツエスアイ株式会社
キャリア販売推進本部
TEL:03-6699-7584
URL:http://www.nesic.co.jp/solution/wifi/cloudwifi.html