トラムシステム ビジネスコミファ光とPBXをセット販売 ctcとタッグで地場の中小企業を開拓

名古屋の通信系ディーラーのトラムシステムが中部テレコミュニケーション(ctc)とタッグを組み、法人向け回線「ビジネスコミファ光」とビジネスホンのセット販売に力を入れている。現場調査から回線設定、切替工事までをトラムシステムが一元的に実施。納期短縮や開通率・継続率の向上などで成果を上げている。
山口顕太郎氏

トラムシステム
システムソリューション部
課長
山口顕太郎氏

 名古屋の通信機ディーラー、トラムシステム(代表取締役:梶田幸宏氏)はPBX/ビジネスホン販売を軸にLAN配線、CTIシステムの開発、ASPサービスなど幅広い事業を展開する。

 顧客が抱える課題を解消する付加価値提案に注力してきたのが同社の特徴だ。PBX/ビジネスホン販売は、国内メーカー製はもちろんシスコシステムズやアバイア製品も含めた「全メーカー対応」。1〜2機種の限られた製品を売り込むのではなく、「顧客企業の業務課題に応じて最適な機種を提案できる技術力・提案力が武器」と、システムソリューション部・課長の山口顕太郎氏は話す。また、自社開発の付加価値商材をセット販売したり、導入後の保守サポートも充実させることで顧客企業との深い結びつきを作ってきた。

 そのトラムシステムが“地場”名古屋でのビジネスを活性化させる新施策に打って出ている。法人向け光サービス「ビジネスコミファ光」を提供する中部テレコミュニケーション(ctc)とタッグを組み、中小企業の開拓に乗り出す。

ctcも認めた技術力と提案力 切替・開通までトラムが一元提供


 ビジネスコミファ光はビジネスホン利用のオフィス向けにインターネット接続やVPN、IP電話等を提供するサービスだ。「ネット接続+IP電話」が低コストに利用できることを売りに、ctcはビジネスホンとのセット販売にも注力。従来はNTT西日本のフレッツの独壇場だった中小市場で着実にユーザー数を伸ばしている。

 ctcは、ビジネスコミファ光の拡販に向けて販売網の増強を進めてきたが、数ある販売代理店の中でもトラムシステムは特殊な存在であるという。「申込から開通までの一連の作業、つまり現地調査からVoIPゲートウェイの設定、ビジネスホン電話の切替まで我々が提供できる」と山口氏は話す。他の代理店は営業が主体で、申込後はctcとお客様が開通までの作業を行うなか、トラムシステムは導入後の保守まで含めた全作業を一元的に行っている。

図表 ctc通常フローとトラムシステムフロー

図表 ctc通常フローとトラムシステムフロー

 その能力はctcも認めており、ソリューション営業部オフィス営業グループ・グループマネージャーの大石高博氏は、「我々が提供する光ファイバーから先のお客様設備はすべてトラムシステムがまとめてできる。そういうパートナーは他にない」と話す。現場調査と、それに基づくゲートウェイ(GW)設定依頼書をトラムシステムが作成。申込から切替・開通までの一切をトラムがイニシアティブを取って進めるため、トラブルも少なく工事作業におけるリスクが軽減、納期も短縮されているという。

 ctcにとっては自社SEの工数が削減されて手離れ良く販売でき、PBX/ビジネスホン工事に精通しているため工事もスムーズに進む。また、トラムシステムは医療・福祉事業者など、地場の中堅企業につながりを持っているため、それを活かした新規案件の開拓にも期待しているという。

 両社は今後、先述の申込から開通までの流れをスキーム化し、アライアンス・協業先をさらに開拓する考えだ。新パートナーや二次店も募集し、ビジネス規模の拡大に取り組む。

page top
お問い合わせ先
トラムシステム株式会社
システムソリューション事業部
TEL:052-701-2634
URL:http://www.tramsystem.jp/