三井物産エレクトロニクス M2Mの肝は“コネクティビティ”にあり ニーズに応えるデバイスを迅速に提供

多彩な産業分野でM2Mが活用されるには、利用シーンやユーザーごとに異なる条件、ニーズを満たすデバイスを迅速かつ低コストに開発・提供する能力が求められる。三井物産エレクトロニクスはこの領域にフォーカスし、通信キャリアやSIer等との協業によってM2Mビジネスの裾野を広げようとしている。
上田稔氏

ソリューション
事業本部長
上田稔氏

早川恭二氏

CTO
早川恭二氏

 M2M(Machine to Machine)活用の裾野が大きく広がろうとしている。

 データを収集・管理するためのクラウドや通信・ネットワークの発達によって、M2Mシステムの構築・展開コストは大幅に低廉化している。また、M2Mに必要な各種の機能群──デバイス/データ管理やセキュリティ、上位アプリとの連携やデバイス接続など──を共通化し、低コストに利用できるようにしたM2Mプラットフォームも次々と登場。M2Mによって、これまでITの力が及ばなかった“ビジネスの現場”の情報を吸い上げて活用する取り組みがさまざまな産業分野で動き始めた。

 ただ、未解決の課題も少なくない。M2Mの裾野を広げようとする場合、特に難題となるのが、利用シーンごとに異なる多種多様な要求要件とニーズを満たすデバイスをいかに迅速に、そして低コストに開発・提供できるかだ。

 この領域にフォーカスし、「M2Mで最も難しくかつ重要な“デバイスコネクティビティ”の領域を下支えする」と話すのは、三井物産エレクトロニクス(MBEL)でCTOを務める早川恭二氏だ。同社は長年、顧客ニーズに応じた産業組込PCを提供し続けてきた。その実績をベースに、M2Mプラットフォームやネットワークサービスを提供する通信キャリア・SIerと協業、M2M市場の本格成長への最大の障壁を崩そうとしている。

図表 M2Mの構成要素

図表 M2Mの構成要素

最大のハードルはデバイス接続 どんな要件でも“世界中から探す”


 M2Mの仕組みは大きく分けて、アプリ、プラットフォーム、ネットワーク、デバイスの4つのレイヤで構成される。幅広い技術・ノウハウが求められ、したがって関連するプレイヤーも多彩だ。

 その中でも特に“異質な世界”と言えるのがデバイス領域である。他レイヤを担うIT・通信系の事業者にとって、最も苦手とするこの分野を手掛けるパートナーを得ることがM2Mビジネス成功の肝と言ってよい。

 MBELが狙うのが、まさにそのポジションだ。これまで組込PCにおいて、多様なプラットフォームに対応するデバイスの開発・カスタマイズを行ってきた。また、顧客の要求を満たす最適なデバイスを世界中から探し出し、「製品そのものの品質はもちろん、海外メーカーの工場を視察し、管理体制やトラブルへの対応力も含めて判断したうえで提供する」(早川氏)。さらに、MBEL自身が品質や長期供給を保証する体制も整備している。

 こうした強みはM2Mにおいても発揮できると同氏は話す。

 例えば、屋外で使用する場合は高温・低温や湿度への耐性が、車両用には耐振動性が求められる。条件を満たすものをカスタムで作ることは造作もないが、コストは高くつく。そこで、「スモールスタートが可能なように、要件を満たす汎用品を海外で見つけ出し、すぐに使えるものを小ロットで提供することも我々ならできます」という。

 M2M関連の取扱製品は米Digi International社や、スペインLibelium社のほか、VIA社やNexcom社といった台湾製産業用PCなど多岐にわたる(写真)。Digiは、世界各国の技術基準と多様な通信規格に対応する無線モジュールやゲートウェイ製品など幅広いラインナップを揃える。ユーザーの要求に応じて柔軟にカスタマイズできるよう、ライブラリ群やSDKも用意されている。

Digiの無線モジュール「XBee」

Digiゲートウェイ「ConnectPort X2e ZB」

Digiセルラールーター「TransPort WR21」

Digiの無線モジュール「XBee」。豊富なラインナップを揃え、モジュール交換で通信規格の変更、海外電波法認証対応が可能

Digiゲートウェイ
「ConnectPort X2e ZB」

Digiセルラールーター
「TransPort WR21」

 Libeliumは、農業・スマートシティ等を含む多様なセンサーアプリを持つ新興ベンダーだ。各種の機能がモジュール化されており、アプリ開発なしに、モジュールの組み合わせで顧客が求めるM2Mデバイスが出来上がる。今年夏に電波法への対応を完了して発売する予定だ。このほか、台湾IPCベンダーをはじめ、カスタマイズに柔軟に対応できるパートナーも豊富にいる。

 こうした製品群から、すぐに使えるデバイスを選んで提供できるのがMBELの強み。また、M2Mサービスのグローバル展開を目指す事業者に対しては、各国の基準や規格に合わせたデバイスを提案し、そのビジネスを支えている。

6LoWPAN/IPv6対応の開発プラットフォーム「Waspmote Mote Runner」

豊富なモジュール群を組み合わせられるセンサーデバイス「Waspmote Plug & Sense」

ゲートウェイ装置「Meshlium」

Libeliumはセンサーネットワーク向けのモジュール、デバイスを開発。6LoWPAN/IPv6対応の開発プラットフォーム「Waspmote Mote Runner」(左)、豊富なモジュール群を組み合わせられるセンサーデバイス「Waspmote Plug & Sense」(中)、ゲートウェイ装置「Meshlium」(右)などの電波法対応を進めており、今夏にも国内販売を開始する予定だ

マルチPF対応に向け体制も整備 協業モデルでM2Mの裾野を広げる


 M2Mへのニーズが本格化するのに合わせて、MBELはさらなる体制強化に乗り出した。ハードウェア関連のエンジニアだけでなく、OSやミドルウェア、アプリ領域の技術・知見を持つ人材も外部から採用。プラットフォーム/アプリ側を理解したうえでデバイス開発・提供に応じられる体制を整えた。

 現在は、国内外で多種多様なM2Mプラットフォームが提供され始めており、そうした環境下で安定的に“デバイスコネクティビティ”を提供し続けるには、各プラットフォームごとに異なるインタフェースや機能にデバイスを対応させる開発力、サポート力が不可欠だからだ。「上に何が来てもつなぎます」と語るのはソリューション事業本部長の上田稔氏。「通信キャリアやSIerの方々にとって面倒なデバイス領域はすべてお任せいただける。それが我々の強みになります」と力を込める。

 すでにビジネスも走り始めている。米国三井物産が出資するAxeda(アクシーダ)社のM2Mプラットフォーム製品を担ぐ日立ハイテクノロジーズとは、Axeda対応デバイスと合わせてM2Mを共同提案。そのほか三井情報等のSIerと共同で、アプリからデバイスまで含めたトータルなM2Mソリューションの提案を進める。

 現在は、M2Mに必要な機能を豊富に備えており海外での運用実績も豊富なAxedaに対応するデバイスの拡充に注力している。「海外において多様な産業分野で使われている特徴的なM2Mデバイスを国内に持ち込み、お客様が選びやすい環境を整えたい」と上田氏は話す。

 なお、そうしたデバイスは他の有力なプラットフォームに対応しているものも少なくない。この活動を通して、マルチプラットフォームに対応できるデバイス開発・提供能力を磨き、パートナーである通信キャリアやSIer、エンドユーザーのニーズに応えていく。

 このような取り組みによって協業を拡大する一方、MBELは今後、組込PC事業の顧客層へのM2Mソリューション提供にも力を入れる考えだ。パートナーを組む通信キャリアやSIerにとっては、MBELの広範な既存顧客に対してM2Mソリューションを提供する機会が生まれることにもなる。“デバイスコネクティビティ”の提供のみならず、顧客開拓の面でも強力な味方となりそうだ。

 幅広いレイヤをまたがるM2Mを活性化するには、それぞれの分野に技術・ノウハウを持つ複数のプレイヤーが強みを持ち合い、水平分業型でソリューションを展開していくことが不可欠。特定のデバイスやプラットフォームの販売ではなく、「協業パートナーが求める“コネクティビティ”の提供を目指す」(上田氏)というMBELの方向性は、M2M市場の成長にも大きく貢献しそうだ。

page top
お問い合わせ先
三井物産エレクトロニクス株式会社
E-mail:press@mbel.co.jp
URL:http://www.mbel.co.jp